ローデ・シュワルツの測定ソリューションは、安全な自動運転の実現を支援します。

オートモーティブ

“鷲の目”を持つ車

ローデ・シュワルツの測定ソリューションが自動運転バージョンで果たす役割

ドイツ車は、自律型を目指しています。この取り組みは、ハイテクファンと自動車マニアを沸き立たせています。ローデ・シュワルツの専用ソリューションは、安全な自動運転の実現を支援します。

コネクテッドカーと自動運転の進化により、高い道路安全性と利便性の大幅な向上が約束されます。
コネクテッドカーと自動運転の進化により、高い道路安全性と利便性の大幅な向上が約束されます。

明日のモビリティーの活性化

エレクトロモビリティー、コネクティビティー、自動運転が、この分野のメガトレンドです。自動車業界は、抜本的な改革を推し進めています。これまでも、一部の企業は従来の自動車工学に疑問を呈してきました。例えば、Tesla社の競合であるZoox社は、自動化技術を最初に開発して、それを中心に自動車を開発しています。未来の自動車の新しいメタファー(概念)は、既に生み出されています。例えば、車輪付きスマホ(スマホ化した自動車)、くつろげるテックドリーム(完全自動運転によるリラックス空間)、ローリングマネージャー(ローリング挙動制御型)、モバイル・チルアウトラウンジ(車輪付き安らぎラウンジ)などがあります。

運転者のいない自動車は、私たちの日常生活を変える未来の技術とデジタル化が進む世界を象徴しています。コネクテッドカーと自動運転の進化により、高い道路安全性と利便性の大幅な向上が約束されます。しかし、自動運転車を信頼することは、多くの人々にとって大きな一歩です。

ロボットカーまでの道のり

自動運転には、運転支援、部分自動運転、条件付自動運転、高度自動運転、完全自動運転の5つのレベルが定義されています。部分的な運転自動化システム(レベル2)は、すでに存在しています。条件付きの運転自動化システム(レベル3)は、連続生産に備えて開発が進められています。

まさに、カウントダウンは始まっています。世界中の企業が開発に巨額を投じ、リアルでもバーチャルでも数百万kmのテスト運転を実施しています。市場投入が、2021年なのか2025年なのか2030年なのかはわかりませんが、最初のロボットカーの市場投入を目指し、企業は熾烈な競合市場でしのぎを削っています。

ローデ・シュワルツの自動車産業市場担当のVPであるJürgen Meyerは、次のように述べています。「自動運転の時代が到来しますが、一部の人々が思っているほどすぐではありません。信頼できる法的枠組みがまだ整っていません。例えば、一部の機能は米国では許可されていますが欧州ではまだです。解決しなければならない技術課題がまだ多くあります。

自動車業界のあらゆるトレンドに対応するソリューション
自動車に組み込まれるRF規格、レーダー、高速データバスの数が増えるとともに、不要な電子的エミッションが仕様限界内にあり、車が外部の干渉源からの影響を受けないことの確認が、自動車メーカーにとってますます重要な課題になっています。

自動車業界のあらゆるトレンドに対応するソリューション

異なる無線技術(レーダー、Wi-Fi、Bluetooth®、V2X通信、緊急通報など)の複雑な相互作用には、拡張的なテストが必要になります。ローデ・シュワルツは、これらのテストソリューションを提供することで、事故を起こさない自動運転の実現を支援します。「弊社のポートフォリオは、完全に自動車業界のニーズに合わせて構築されています。レーダーセンサ、車載イーサネット規格の準拠、EMIプリコンプライアンス、EMCコンフォーマンス用のソリューションに関して、弊社は市場のリーダーとして位置づけられています」とMeyerは述べています。「弊社は、無線波を放射して通信するあらゆるものをサポートします。こうした支援は、自動車分野で明らかに成長している領域です」。

ライダー、カメラ、超音波のような別のセンサと一緒に、レーダーは、現在の先進運転支援システム(ADAS)で重要な役割を担っています。車載用レーダーは、自動車の目として機能します。それらはすでに数百万も製造されていて、最上位モデルの自動車では標準搭載機器になっています。レーダーは、霧や雪によって妨害されません。姿勢、分離、距離、速度の測定により、クリティカルな状況の予測と、事故の回避が可能になります。

Andreas von Loesecke

「自動運転車に相当の技術を盛り込むほど、環境を正しく認識することがより重要になります。」

Andreas von Lösecke、ローデ・シュワルツのイメージング製品のプロダクトマネージャー

センサを通して観測する環境

車両1台当たりのレーダーセンサの数は、自動化のレベルに伴って増加します。条件付自動運転には、その要件として厳しい技術的水準が求められます。最新システムはマイクロ波領域で動作して、検出物の距離、速度、相対角度を特定して、1分の移動でも検知します。帯域幅を超える性能は、さらに広い帯域幅しかありません。次世代の車載用レーダーセンサは、4 GHzの信号帯域幅で動作します。Meyerは次のように強調しています。「この領域にはまだ多くの開発する余地があります。高い周波数と広い帯域幅。それがまさしく私たちの強みです」。

例えば、R&S®QAR レドームテスタは、カバー裏に隠れたレーダーセンサの信号品質を解析する独自テストソリューションです。美学的な観点から、レーダーは通常、レドームやバンパーの裏に取り付けられます。R&S®QARは、隠れたレーダーセンサが適正に動作するかどうかをテストします。わずか数秒の測定で、直観的に解釈できるミリ波イメージが提供されます。非常にシンプルなイメージが命を救うことになります。なぜなら、レーダーパワーの減衰が大きいと、レーダーがターゲットを検出できる最大距離が短縮し、これによりエラーと悪影響が生じる可能性があるからです。

QAR innovation award screen
QARの原理を1分で説明

自動運転?間違いなく!

自動運転技術は、身体障がい者や遅い反応時間もサポートします。Jürgen Meyerが述べています。「私の父が良い例です。ある年齢を超えると、いつも後ろを見ないでバック方向に運転していました。超音波センサとリアビューカメラによって、安全を維持できたのです」。

エンジニア、事故研究者、保険数理士が、自動運転により道路安全性が大幅に向上することを保証しています。事故被害者の人数を減らすために、セーフティーシステムの義務化が2022年に開始されます。新しい規制は、無人運転の未来への道を開くことを目的にしています。

それまでの間、一部の革新的な企業がすでに先を見越して、人を運搬する電気ドローン型の自動飛行機を考案しています。最終的に、自動飛行機が自動運転車に置き換わるのでしょうか?

関連トピック

車載用レーダー

詳しくは

レドームテスト

詳しくは

高周波レーダー信号の信号解析

詳しくは

コネクテッドカー

詳しくは

オートモーティブEMC

詳しくは

その他の特集ストーリー
直ちに現場に急行

EUでは、車載用緊急通報サービスeCallが、2018年4月以降、すべての新車モデルで義務付けられています。ただし、すでに後継システムが出現しています。

詳しくは

ローデ・シュワルツが開くスマートシティへの道

スマートシティは、未来を予測することで、私たちの生活の質を改善し、安全を向上させます。ローデ・シュワルツは、このビジョンを近い将来に現実化するためのテクノロジーを提供しています。

詳しくは

モバイルTVリローデッド

5Gのロールアウトを受けて、モバイルデバイスでテレビ視聴を実現しようとするかつての構想に新たな命が吹き込まれようとしています。現在、実証実験のパイロットプロジェクトが進行中です。

詳しくは

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
エラーが発生しました。後ほど、改めてお試しください。