Press releases

Tokyo 11月 05, 2021

ローデ・シュワルがハンドヘルド・スペクトラム・アナライザの周波数レンジを44 GHzまで拡張

最新のR&S Spectrum Rider FPH アナライザは、最高 44 GHz の スペクトラム解析 機能を 搭載し ています。ベンチトップの機能 、 ハンドヘルド携帯性 と 直感的な機能 を 組み合わせ ることで 、 フィールドにおける 高性能測定を迅速かつ簡単 に行えます 。

FPH_Spectrum_Rider_FPH_Handheld_spectrum_analyzer_img4.jpg

ローデ・シュワルは、人気のR&S Spectrum Rider FPHファミリを拡張し、最高44 GHzの測定周波数レンジを提供する新しいモデルを市場投入しました。新しい44 GHzモデルが、5 kHzから6 GHz、13.6 GHz、および26.5 GHzの測定周波数レンジを持つ既存のR&S FPHモデルに追加されました。さらに、それぞれの最高周波数レンジをカバーするトラッキングジェネレータを備えた3種類の新しいモデルが登場しました。

R&S Spectrum Rider FPHは、フィールドおよびラボでの測定において、確かなRF性能を提供する業界初のハンドヘルド・スペクトラム・アナライザです。大きなボタンとマルチタッチジェスチャー画面により、操作が非常に簡単です。新たに登場した高周波モデルにより、R&S Spectrum Riderはより広範囲の測定業務を実行できます。 R&S Spectrum Riderは、–160 dBmの高感度と、10 MHz〜3 GHzで通常0.5 dBの測定確度を備え、クラス最高のRF性能を実現しています。新しいモデルは、5G、放送、レーダー、防衛、衛星通信リンクの検証などの各種フィールドアプリケーションをサポートします。

R&S Spectrum Riderの重量はわずか3.2kgで、フィールド作業に最適化されています。搭載されているバッテリーは最大4.5時間の連続動作が可能で、フィールド作業用において、最も長時間使用可能な44 GHzハンドヘルド・スペクトラム・アナライザになります。バックライト付きキーパッドにより、ユーザーは暗闇での作業が可能になり、無反射ディスプレイは昼光モードをサポートして、直射日光下での読みやすさを向上させます。

ハンドヘルド・スペクトラム・アナライザ・ファミリは、周波数、スパン、リファレンスレベルなどの設定を直感的に調整し、マーカーを設定するのを容易にする大型静電容量式タッチスクリーンを搭載しています。さらに、大きなボタンと実用的な多機能ホイールにより、屋外環境での手袋の操作が容易になります。アナライザはUSBまたはLANを介してリモート制御できます。さらに、iOSまたはAndroid用のR&S MobileViewアプリはデバイスのシームレスなリモート制御を提供します。

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.