Press releases

Tokyo 9月 27, 2021

ローデ・シュワルツから、EDAシミュレーションとハードウェアテストを統合したR&S VSESIM-VSSが登場

試験・計測技術を専門とするローデ・シュワルツとCadence社は、RF設計から実装にいたる技術プロセスの 容易化と、シミュレーションおよびテストの両方にリアルな信号を使うことによる精度向上を狙ったソリュー ションについて協力して取り組んできました。そうして実現した新たな信号発生/解析ツールR&S VSESIMVSSは、RF部品の開発プロセスをさらに高速化できるものとなっています。ワイヤレス製品や自動車、航空 機、防衛産業のお客様に加え、能動部品やシステムのメーカーにも特に有用です。

From-electronic-design-automation-EDA-to-hardware-implementation_ac_en_3609-9157-92_01.jpg
新しいR&S VSESIM-VSSソフトウェアツールにより、RF設計から実装までの開発プロセスがいっ そう速やかに行えます。

新しいワイヤレス技術や衛星通信技術では利用する周波数域が一段と拡大しており、それに伴う仕様もます ます厳しくなっています。そのためRFシステム設計の初期段階におけるリアルな信号シミュレーションは以 前にも増して重要と言えます。後工程のハードウェアテストと同じ信号生成手法と解析アルゴリズムを用い ることで、初期設計の段階から動作検証まで直接的な結果の相関が得られ、エラーベクトル振幅(EVM)な どの広く利用される重要な性能指標の包括的で一貫した解析も可能になります。

こうした目標の実現に向け、ローデ・シュワルツはCadence Design Systems, Inc.社と協力して、5G やWiFiの最新の展開など多くの主要規格のすべてをサポートするR&S VSESIM-VSS信号発生/解析ツールを開 発してきました。この共同開発ソリューションは、両社の実績と定評のあるソリューションの強みをもとに 構築されており、信号生成と設計シミュレーション、信号解析の機能を兼ね備えています。そのため、開発 者や設計エンジニアは、開発プロセスのもっと早い段階から設計上の難しい課題に取り組むことができる最 適なツールとして有効に活用できます。

R&S VSESIM-VSS信号発生/解析ツールは、Cadence® Visual System Simulator™(VSS)ソフトウェアの拡張 として機能します。Visual System Simulator™ソフトウェアは、特にワイヤレス通信やレーダー設計に利用 されるRF部品やRFユニットのシステム・シミュレーションやモデリング用ソリューションとして定評があり ます。このVSSソフトウェアに対し、ローデ・シュワルツのR&S VSESIM-VSSは、そのワークフローへ現実に 即した信号を提供してシミュレーション精度を向上するとともに設計プロセスを容易することで、同ソフト ウェアの能力を拡張するように設計されています。R&S VSESIM-VSSには、動作回路やモジュール、デバイス のテストに向けたローデ・シュワルツの実績豊かな2つのソフトウェアツールの強みが活かされています。 シミュレーション用ソフトウェアR&S WinIQSIM2の信号発生機能と、ベクトル信号エクスプローラ・ソフト ウェアR&S VSEの信号解析機能の2つです。これらの機能をR&S VSESIM-VSSとしてまとめたうえ、Cadence社 の電子設計自動化(electronic design automation:EDA)ツール用のプラグインを追加しました。

このローデ・シュワルツのデータシンク・プラグインにより、設計プロセスのどの時点でも信号にアクセス できるようになります。さらに、その信号をベクトル信号発生器に転送し、利用したいハードウェアに適用 できるため、ハードウェアと擬似的な実装を複合してシステムレベルでの解析が行えます。また、R&S VSESIM-VSSの重要な機能の一つには、パワーアンプ開発のシミュレーション段階からいち早くリニアライゼー ションの効果を検証できる直接的なデジタル・プリディストーション(DPD)方法のサポートもあります。 1/2 そのほか、こうしたソリューションの統合によるメリットとして、ローデ・シュワルツ製品とCadence社製 ツールの互換性向上が挙げられます。ローデ・シュワルツのソリューションによる信号発生/解析機能が、 回路設計ソフトウェアのCadence Microwave Office®や無線周波数集積回路(RFIC)を含むRFユニットに対 応したCadence Virtuoso® RF Solutionなど、接続したほかのCadence社製品でも利用できます。

ローデ・シュワルツのEMC/アンテナ・テスト向けスペクトラム/ネットワーク・アナライザ担当副社 長Christina Gessnerは次のように説明しています。「EDA設計シミュレーションと試験・計測の分野をつな ぐことで、手戻りのない上手な設計と市場投入までの時間短縮をお客様が実現できるよう支援します。リア ルな信号を利用して、EVMなど一般的な指標の活用メリットを引き出すとともに、テープアウト前であって もリニアライゼーション性能を把握できるのは、お客様の競争上の強みとなるに違いありません。なにより も当社は、Cadence社との協力による成果を市場に出せることに期待を寄せています」。

Cadence社でカスタムIC/PCB部門のR&Dを担当する副社長Vinod Kariat氏も次のように話しています。「RFフ ロントエンドの通信用ICやシステムを開発しているお客様からすると、最新規格の利用は欠かせません。今 回のローデ・シュワルツとの共同開発ソリューションがあれば、私ども共通のお客様にとり、最終的なテス ト検証をも含めた設計の全段階を通じて規格準拠の信号を正確に解析できるようになります」。

R & S V S E S I M - V S S は ロ ー デ ・ シ ュ ワ ル ツ か ら ご 提 供 し て い ま す 。 詳 し く は、こちらをご覧ください。

ローデ・シュワルツについて

ローデ・シュワルツはテクノロジーグループとして、電子計測、テクノロジーシステム、ネットワーク/サイバーセキュリティの分野の最先端ソリューションを提供することで、安全でつながり合った世界の実現を先導する役割を果たしています。創業から85年を超えるこのグループは、全世界の産業界と政府機関のお客様にとっての信頼できるパートナーです。2021年6月30日現在、ローデ・シュワルツは世界中に約13,000人の従業員を擁しています。独立グループは、2020/2021会計年度(2020年7月~2021年6月)に22億8,000万ユーロの純収益を達成しました。本社はドイツのミュンヘンにあります。

R&S®はRohde & Schwarz GmbH & Co. KGの登録商標です。

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.