Press releases

11月 27, 2018

5Gのその先へ 世界初の超広帯域チャネルサウンダを開発し 新たな周波数帯を開拓

Rohde & Schwarz GmbH&Co. KG(以下、ローデ・シュワルツ)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、世界初の100 GHz超の移動体通信向け超広帯域チャネルサウンダ ※ 1 (以下、本装置)を開発し、5Gの次の世代に向けて更なる高速大容量通信の実現が期待される150 GHz帯までの周波数で電波伝搬実験を行い、電波伝搬特性 ※ 2 や遮蔽物による影響の測定・解析ができることを確認しました。 これら実験を通じて新たな周波数帯の開拓を進め、テラビット級 ※ 3 移動通信システムの実現などに貢献していきます。

100 GHzから300 GHz帯の周波数帯は5Gで用いる周波数帯域よりも広い帯域幅を確保できるため更なる高速大容量通信の実現が期待されますが、この周波数帯は人体や車両、樹木など構造物の影響によって電波伝搬に大きな影響があるため、電波伝搬特性を明らかにする必要があります。
しかし、これら周波数帯における簡易な測定手法や、小型で超広帯域の測定が可能な装置がありませんでした。

ドコモは、世界初開発となる本装置を用い、100 GHz超のミリ波帯移動通信システムの評価に必要な電波伝搬特性を測定することができるようになりました。

これらの伝搬実験を通じて、移動通信システムにおける新たな周波数帯の開拓を進めることで、テラビット級移動通信システムの実現など、世界的な次世代の移動通信システムの構築に貢献してまいります。

※1 電波伝搬特性を測定、評価できる装置
※2 電波が伝わる際の、伝搬損失(電波の弱まり具合)、電力遅延プロファイル(電波の到達時間)、角度プロファイル(電波到来の広がりを表す指標)などをさします
※3 テラビット級とは、1T(テラ)bps(=1000 Gbps)級の通信速度のことです

別紙:「超広帯域ミリ波帯チャネルサウンダ」を用いたミリ波帯伝搬実験の概要

ローデ・シュワルツについて

ローデ・シュワルツは、試験・計測、放送・メディア、航空・宇宙、防衛、セキュリティ、ネットワークおよびサイバーセキュリティの各分野で高度なソリューションを提供するリーディング企業です。技術指向のグループとして、通信・情報・セキュリティ関連製品をもとに、産業界や行政機関のお客様がさらに安全に"つながる"社会を実現できるようご支援しています。2020年6月30日現在、ローデ・シュワルツでは全世界で約12,300名の従業員が活躍しています。2019/2020会計年度(昨年7月から本年6月まで)には独立した企業グループとして25.8億ユーロの売上を達成しました。ドイツ・ミュンヘンの本社を中心に、70カ国以上に子会社を配し、アジアと米国には地域拠点を置いています。

R&S®はRohde & Schwarz GmbH & Co. KGの登録商標です。

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.