Press releases
5月 17, 2019

ETS-Lindgrenが5G無線機テスト要件に対応した R&S CMX500を採用

Rohde&SchwarzのR&S CMX500無線通信テスタは、スタンドアロン(SA)、ノンスタンドアロン(NSA)、TDD、FDD、FR1、FR2をカバーする広範なデバイステスト機能を提供しています。

R&S CMX500
ETS-Lindgrenは、ターンキー5Gテストソリューションを顧客に提供するためにR&S CMX500無線通信テスタを採用しました。

ETS-Lindgrenは、ターンキー5Gテストソリューションを顧客に提供するためにR&S CMX500無線通信テスタを採用しました。 R&S CMX500をETS-LindgrenのCTIA準拠のEMQuest™アンテナ測定ソフトウェアおよび規制準拠のTILE!™エミッションおよびイミュニティソフトウェアと組み合わせることで、包括的な5G OTAおよびEMC / EMIテスト機能が提供されます。

R&S CMX500は、FDDとTDD双方において、FR1(sub 6 GHz)およびFR 2(mmW)、ノンスタンドアロン(NSA)、スタンドアロン(SA)を含むすべての5G NRモードをサポートします。 R&S CMX500は、セルラー(LTE、Cellular-IoT、3G、2G)および接続性(WLAN、Bluetooth®)テストの業界標準である R&S CMW500ワイドバンド無線機テスタとシームレスに連携します。 R&S CMX500とR&S CMW500の組み合わせは、主要な商用無線技術を網羅しています。

ETS-LindgrenのワイヤレスソリューションディレクターであるJari Vikstedt氏は、「5G NRは、次世代のワイヤレスデバイスでテストする必要がある数多くの無線アクセステクノロジーの1つです。R&S CMX500を追加するだけで、既存のETS-Lindgren Wireless OTAおよびEMC / EMIテストシステムをアップグレードして5G NRをサポートすることができるため、これが、5Gのテスト実施に最も簡単で費用効果の高い方法です。」と述べています。

Rohde & SchwarzのプロダクトマネージャーであるMichael Thorpe氏は、「市場に出ている他のソリューションとは異なり、R&S CMX500は1つのソリューションで5Gの多様なテストニーズをすべて満たすようにゼロから設計されました。5G NR OTAとEMCのテスト機能を提供するために、ETS-Lindgrenと提携していることに非常に歓喜しています。」と述べています。 R&S CMX500無線通信テスタの詳細については、こちらをご覧ください。

www.rohde-schwarz.com/ad/press/cmx500

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

ありがとうございます。

ローデ・シュワルツ・チーム

エラーが発生しました。後ほど、改めてお試しください。