Press releases

9月 19, 2018

R&S CMW100無線機テスタ 無線5G NRデバイスの量産をサポート

ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都 新宿区 代表取締役:Jacques Jourda)は2018年9月19日から、R&S CMW100無線機テスタの無線5G NRデバイスの量産をサポートすることを発表します。R&S CMW100無線機テスタは、これまで販売されてきた最も成功した無線機テスタで、柔軟性と測定スピードが高く、大量生産環境に最適なソリューションです。

無線5G NRデバイスの量産をサポートするR&S CMW100 無線機テスタ
無線5G NRデバイスの量産をサポートするR&S CMW100 無線機テスタ

5Gネットワークへの進展は、サブ6 GHzを含むより広範囲のスペクトル帯域を利用します。 R&S CMW100通信製造テスト・セットは、5G NRサブ- 6 GHzをサポートし、5Gエコシステムの加速にも役立ちます。

R&S CMW100は、携帯電話や各種無線デバイスをテストして検証するために設計されており、現在の5G NR 3GPP仕様を超える最大6 GHzのキャリア周波数と160 MHzまでのRF帯域幅をサポートしています。 R&S CMW100は、製造ラインにおける高スループットの要求に対応するため、最大8つのアンテナあるいはデバイスを並行してテストすることができ、完全自動化されたロボットによる生産ラインでの使用に最適です。

R&S CMW100は、テスト時間を短縮し、キャパシティの利用を最大限にする幅広い方法をサポートし、高い測定精度とパフォーマンスを提供します。 試験装置は、最新のコンピュータ技術を迅速に統合するオープンアーキテクチャを採用しており、垂直または水平設置が可能です。 高信頼性の防塵ハウジングを備えており、静かで清潔な操作のため空冷ファンを搭載していません。

柔軟なテストソリューションは、6GHz以下の5G NRデバイスに加えて、GSM、WCDMA、LTE、WLAN、Bluetoothなどのレガシー無線アクセス技術をサポートする他の無線規格にも適しています。 これにより、R&S CMW100は、非シグナリング・モード(アナライザ/ジェネレータ)でキャリブレーションおよび検証された携帯電話および非携帯無線接続デバイスの量産に最適です。 ハンドセットやデバイスの製造業者は、機器、トレーニング、および適応コストに一度の投資を行うだけで、さまざまな測定機能から利益を得ることができます。

ローデ・シュワルツの無線機テスタ部門の副社長であるAnton Messmerは、「R&S CMW100無線機テスタは、現在、世界で最も有名なデバイスメーカーの一部が使用しています。 最先端の無線機テスタのすべての要件を満たしており、すでに5G NRの道を切り拓いています。」と述べています。

ローデ・シュワルツは、2018年9月12日から14日、ロサンゼルスのMobile World Congress Americas 2018のホール 南スタンドS.2814でR&S CMW100をご紹介しました。

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.