Press Release

1 17, 2018 | 電子計測器

最もコンパクトで低コストの高品質オシロスコープ R&S RTC1000登場

ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社 (本社:東京都 新宿区 代表取締役: Jacques Jourda) は、新たにR&S RTC1000オシロスコープ・シリーズを発表します。R&S RTC1000は、コンパクトな筐体に複数の機能を搭載した、このクラスにおける新基準となる製品です。多彩な機能は、教育分野のユーザー、予算が限られているエンジニア、そして電子工作を趣味とする方々のニーズに対応するように本体価格10万円(税抜)からの低価格で提供されます。

ローデ・シュワルツは、2018年1月17日に、新しいR&S RTC1000オシロスコープ・シリーズの発売を開始します。コンパクトなオシロスコープは、I2C、SPI、UART / RS-232、CAN、LINに対応した8チャネル・ロジック・アナライザ、4チャネル・パターン・ジェネレータ、およびプロトコル・アナライザ機能を搭載できます。デジタル電圧計、コンポーネントテスタ、スペクトラムアナライザ、カウンタ機能も提供します。この8種類の計測器を1台に搭載した8-in-1コンセプトにより、ユーザーはベンチスペースに占める設置面積を最小限に抑えながら、さまざまなアプリケーションに対応することができます。

ローデ・シュワルツのT&M担当バイスプレジデントJoerg Friesは次のように述べています。「当社のエンジニアは、高品質かつ多彩な機能を搭載したコスト重視のオシロスコープを設計しました。 コンパクトな筐体に、コンポーネントテスタも含めた8種類もの製品を搭載した本製品は、ベータサイトを実施したお客様より非常に高い評価を得ました。」

R&S RTC1000オシロスコープは、50 MHz〜300 MHz帯域幅のモデルが用意されています。ローデ・シュワルツにおいては、1000クラスの最初の製品で、ソフトウェアライセンスによる300 MHzまでの帯域幅のアップグレードを提供します。これらのアップグレードは、テストニーズの将来的な変更に合わせて購入できます。 2チャンネル・オシロスコープは最大サンプル・レートが2Gサンプル / 秒、メモリーが2Mサンプルです。すべてのR&S RTC1000モデルは、LANおよびUSBインタフェースを標準装備しています。

R&S RTC1000オシロスコープに関する詳細情報はこちらからご覧ください:
www.rohde-schwarz.com/jp/RTC1000

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

お問い合わせフォーム

質問を入力してください。

当社からの連絡方法を指定してください。
問い合わせ先

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
マーケティング・パーミッション
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
*必須項目
お問い合わせ
International Website