Press Release

R&S SMW200AとR&S FSWによる5G NR アップリンク解析機能
R&S SMW200AとR&S FSWによる5G NR アップリンク解析機能
9 14, 2018 | 電子計測器

5GNRアップリンク解析機能 R&S FSWシグナル・スペクトラム・アナライザに登場

ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都 新宿区 代表取締役:Jacques Jourda)は2018年9月14日から、最新の3GPP仕様に準拠した5G NRアップリンク信号を解析するための新しいソリューションを発表します。R&S FSWシグナル・スペクトラム・アナライザのR&S FSW-K145 5G NR アップリンク信号解析オプションは、5Gユーザー機器およびパワー・アンプなどのコンポーネントの開発に使用できます。 R&S SMW200Aベクトル信号発生器のR&S SMW-K144 5G NR信号生成オプションは、アップリンクとダウンリンクのレシーバー・テストに必要な信号を生成できます。 3つの5G NR信号生成および解析オプションはすべて、3GPP標準の最新版である15.2.0をサポートしています。

新しいR&S FSW-K145 5G-NR アップリンク信号解析オプションを使用して、R&S FSWシグナル・スペクトラム・アナライザは、ユーザー・デバイスからの5G NRアップリンク信号を捕捉して解析します。 このアプリケーションは、複数のコンポーネントキャリアとマルチフレーム信号をサポートします。 既存の5G NR信号生成および解析オプションとともに使用して、開発者は最新の3GPP標準に準拠しているかどうかをテストし、5Gモデム、携帯電話、IoTデバイス、基地局などのユーザーデバイスを、市販の汎用ソリューションでは実現できない方法で検証することができます。 これらのオプションを使用して、3GPP 5G NR仕様TS 38.211 / TS 38.212 / TS 38.213 / TS 38.214のテストが、2018年6月時点の最新版15.2.0を含んでサポートできるようになります。

アップリンクの特性評価には、R&S SMW200Aベクトル信号発生器とR&S FSWシグナル・スペクトラム・アナライザの優れたテストおよび測定機能が役立ちます。 R&S SMW200Aは、1つのボックスに最大40 GHzまでのフル校正された2 GHz広帯域信号を提供する最初の製品です。 直感的な操作とスマートなヘルプ機能は、5G NRのような複雑な信号シナリオの設定を測定器から直接行うことができます。

R&S FSWは、新しいR&S FSW-K145 5G NR アップリンク信号解析オプション(および/またはR&S FSW-K144 5G NR ダウンリンク信号解析オプション)を搭載しており、サブキャリア間隔とキャリア帯域幅が異なるサブ6 GHzおよびミリ波信号をサポートします。 R&S FSW-B2001は内部解析帯域幅を最大2 GHzまで拡張し、外部デジタイザを必要とせずに広範囲の信号を詳細に解析することができます。

R&S SMW-K144 5G NR信号生成オプション(ダウンリンクおよびアップリンク信号をカバー)、R&S FSW-K144 5G NRダウンリンク、および新しいR&S FSW-K145 5G NRアップリンク信号解析オプションが、ローデ・シュワルツから入手可能になりました。

製品販売価格は ¥1,271,000円(税抜き)~で、初年度の販売目標は40ライセンスを見込んでいます。

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

お問い合わせフォーム

質問を入力してください。

当社からの連絡方法を指定してください。
問い合わせ先

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
マーケティング・パーミッション
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
*必須項目
お問い合わせ
International Website