Press Release

LTE-A / Proと5G用の幅広いチップセットおよびデバイス・テスト・ニーズ対応のR&S CMWflexx登場
LTE-A / Proと5G用の幅広いチップセットおよびデバイス・テスト・ニーズ対応のR&S CMWflexx登場
9 20, 2018 | 電子計測器

LTE-A / Proと5G用の幅広いチップセットおよびデバイス・テスト・ニーズ対応のR&S CMWflexx登場

ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都 新宿区 代表取締役:Jacques Jourda)は2018年9月20日から、LTE-A / Proと5G用の幅広いチップセットおよびデバイス・テスト・ニーズ対応のR&S CMWflexxの発売開始を発表します。R&S CMWflexxは、これまで販売されている無線機テスタの中で最も成功したR&S CMW500をベースにしており、プロトコル、RF、データ・パフォーマンスのための8x4 MIMOと組み合わせた最大8キャリアのキャリアアグリゲーションを提供する最初のテスト・プラットフォームです。

R&S CMWflexxは、3GPPリリース8〜15をサポートするモバイルデバイスをテストするためのプラットフォームの選択肢として、テクノロジとテストアプリケーションに関して最も柔軟性の高いモバイルデバイス・テストソリューションを提供するだけでなく、所有コストを最小限に抑える製品です。R&S CMW500を使用して、R&S CMWflexxは、今日のモバイル機器に求められる多様なニーズに応える設計と検証を行うエンジニアをサポートします。 R&S CMWflexxは、今日の急速な進化に柔軟に対応するために、キャリアアグリゲーション(8CC)、高次のMIMO(4x4、8x4)、複雑な変調(256QAM)、無許可スペクトル(LAA) モバイルアプリケーション、ワイヤレス標準などを提供しています。

R&S CMWflexxソリューションは、2つ、3つまたは4つのR&S CMW500およびR&S CMWコントローラ・ユニット(R&S CMWC)を使用して、既存製品をはるかに上回る、最大32個の個別ストリームによるMIMO /キャリアアグリゲーション構成を可能にします。R&S CMW500を活用することで、R&S CMWflexxへのアップグレードは非常に簡単かつ低価格でのご提供となります。

ローデ・シュワルツの無線機テスタ部門の副社長であるAnton Messmerは、「非常に柔軟で設定可能なR&S CMWflexxソリューションは、事実上あらゆる市販の無線技術と、ほぼすべてのテストアプリケーションをサポートできます。 R&S CMWflexxは、使用中のハードウェアを利用できるだけでなく、3GPPリリース15のLTE機能をサポートする明確な戦略と、5G NR NSAへのアップグレード・パスを提供して将来への投資をサポートします。」と述べています。

ローデ・シュワルツは、2018年9月12日から14日、ロサンゼルスのMobile World Congress Americas 2018のホール 南スタンドS.2814でR&S CMWflexxをご紹介しました。

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

お問い合わせフォーム

質問を入力してください。

当社からの連絡方法を指定してください。
問い合わせ先

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
マーケティング・パーミッション
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
*必須項目
お問い合わせ
International Website