Linea Roja

© Doppelmayr Seilbahnen GmbH

LANCOM

新たな移動手段:ラパスのケーブルカー

世界の大都市はいずれも慢性的な交通渋滞に悩まされており、ボリビアの政府所在地ラパスも例外ではありません。この発展を続ける、人口200万人の都市圏が位置するのは、アンデスの懐に抱かれた、海抜3,000~4,100メートルの山岳地帯です。赤レンガ造りの家々が谷間を埋め尽くし、急な斜面に並んで寄り添うように建っています。西側には、灰色のコンクリートの建物に混じって赤レンガの家も目に付きます。標高4,100メートルのアルチプラノ高原では、空気がさらに希薄になり、ラパスと姉妹都市エルアルトとの境界線がぼやけて見えます。

もとは低所得層の居住地域であった場所に約100万人が暮らしています。「高地」を意味するエルアルトは、ほぼベッドタウンと化しました。したがって、仕事に行く場合や役所を訪れる場合、通常、ラパスまでの移動が必要です。これまでは、混雑したミニバスにしろ乗用車にしろ、交通渋滞のため陸路の移動には最大2時間を要しました。その地形ゆえ、ラパスとエルアルト間には広い幹線道路がほとんどなく、また傾斜が極端なので、地下鉄を建設することは技術的に不可能です。

「彩りあふれるラパス」 – カラフルなキャビンでの通勤

ラパスでは、公共交通の代替手段として空中ケーブルカー網構想が持ち上がり、2014年以降、カラフルなキャビンが、街の延々と続く家並みの上を騒音ゼロ、排出ガスゼロの状態で浮かんでいます。キャビンの色は、赤、緑、水色、紺色、黄色、オレンジ、紫、コーヒーブラウン、白、銀とカラフルです。ミ・テレフェリコは、世界で最も標高の高い場所にある都市ケーブルカー網で、30 kmを超える長さも世界最長です。

ミ・テレフェリコには現在、10路線と26の駅があり、エルアルトとラパス、およびラパスの北部と南部が各路線でつながっています。これにより、2つの姉妹都市間を、バスや車の所要時間の何分の1かで移動できるようになりました。地上65メートル以上に身を置けば、リラックスした気分で山の全景を眺めることができます。晴れた日には、ラパス郊外にそびえる、雪に覆われた標高6,400メートルを超えるイリマニ山に、手を伸ばせば届きそうな感覚を味わえます。

ミ・テレフェリコのカラフルなキャビンは、ラパスの街並みと文化に溶け込んでいます。
ミ・テレフェリコのカラフルなキャビンは、ラパスの街並みと文化に溶け込んでいます。© Doppelmayr Seilbahnen GmbH

Wi-Fiソリューションによる安全性とセキュリティーの確保

この空中輸送システムは、モノケーブル・ゴンドラリフトと呼ばれるもので、オーストリアのケーブルカーの専門企業であるDoppelmayr(ドッペルマイヤー)によって構築されました。約1,400のキャビンのそれぞれが、最大10人を搬送できます。ケーブルカー網の1日の利用客は30万人を超え、その数は倍増の勢いで増えています。安全に、確実に、そして快適に目的地に到着できるよう、ケーブルカー網には最先端の通信システムが装備されています。このシステムの開発と実装を担当したのが、ローデ・シュワルツの子会社LANCOM Systemsのパートナー、LOOP21でした。LANCOMは、データトラフィックに不可欠なWi-Fiコンポーネントを提供しました。

Doppelmayr、LOOP21、LANCOM Systemsの3社は連携して、世界の高標高地で多くのケーブルカー・プロジェクトを遂行してきました。例えば、オーストリアのジラーバレーにあるPenkenbahn(ペンケンバーン)ケーブルカーとドイツのベルヒテスガーデンのアルプスにあるHochkönig(ホーホケーニヒ)リフトの両方のWi-Fiシステムに、LANCOM SystemsのWi-Fiソリューションが使用されています。「公共交通ネットワークの一部として、都市型ケーブルカーのWi-Fiの機能は、アルプスのケーブルカーのWi-Fiよりもはるかに優れている必要があります」と、LANCOM SystemsのWi-Fiおよびスイッチ担当副社長であるMichael Müller氏は説明します。「Wi-Fiインフラは、乗客向けのインターネットホットスポットの提供だけでなく、さまざまな安全関連機能にも使用されます」。そうした機能には、情報を提供し、緊急電話をかけるためのキャビン内のインターホンシステム、路線に沿ったビデオ監視、タワーとシーブトレインのモニタリングが含まれます。これらはすべて、Wi-Fiが継続的に利用可能な場合にのみ可能です。

LANCOMのアクセスポイントで動作するラパスのケーブルカー

ラパスのケーブルカー網をカバーするWi-Fiソリューションの心臓部にあたるのが、タワーとキャビンに設置されたWi-Fiアクセスポイントです。コントロールセンターとキャビン内の通信システム間のすべてのデータトラフィックは、これらのアクセスポイントを通過します。ケーブルカーのタワーの一番上には、屋外専用に開発されたWi-Fiアクセスポイントが設置されています。ラパスでは、Wi-Fiアクセスポイントは弾力性に優れている必要があります。アンデス高原は、ほこりっぽく、寒冷強風地帯です。LANCOM Systemsのハードウェアは、最も過酷な気象条件にも耐えることができるため、このプロジェクトにはうってつけでした。LANCOM Systemsの屋外アクセスポイントは、特別な保護ハウジングを備えているため、-33℃から+70℃の極端な温度でも確実に機能します。

アクセスポイントに取り付けられた指向性アンテナによって、Wi-Fi信号の方向を、キャビンがカバーする特定の経路区域に集中させます。アクセスポイントは、キャビンの屋根にも設置されています。そこで信号を受信し、LOOP21によって開発された通信システムであるキャビン内のモビリティー通信システム(MCS)に送信します。アナウンスおよびインターホンシステム、セキュリティーカメラ、照明制御、緊急通報ボタンはすべて、MCSを介してつながっています。MCSは、LANCOM SystemsのWi-Fiコンポーネントをベースとして、乗客がインターネットにアクセスするためのホットスポットも提供します。アクセスポイントは、駅のWi-Fiコントローラーによって集中管理され、光ファイバー経由でインターネットに接続されます。各キャビンのMCSの電源は、充電式太陽電池から供給されます。

アンデスからオーストリアのGiggijochゴンドラまで、LANCOMのアクセスポイントは、世界中のケーブルカーで使用されています。
アンデスからオーストリアのGiggijochゴンドラまで、LANCOMのアクセスポイントは、世界中のケーブルカーで使用されています。© LOOP21 Mobile Net GmbH

極端な設置条件

ラパスの複雑な「ミ・テレフェリコ」ケーブルカー・プロジェクトの進め方は、いくつかの点で他とは異なりました。マイナーな課題の1つが、都市生活を通常の交通量のまま維持するというものでした。「港から標高4,600メートルの峠を越えてラパスまでコンテナを輸送するだけでも大変でした」と、Doppelmayr Seilbahnen GmbHのプロジェクトマネージャーであるTorsten Bäuerlein氏は回想します。「建設現場組織には桁違いの制約があり、市内は狭苦しい状態なので、家並みのすぐ後でクレーンによる持ち上げを視認なしで行うなど、我々に大きな負担がかかりました。地元住民の安全を確保するため、空中での初のケーブルカーの事前運行には、ヘリコプターでなく特別に開発されたドローンを使用しました」。

屋外アクセスポイントの設置と調整も、バランスを取ることが必要とされる作業でした。モビリティー通信システムはオーストリアのLOOP21で設置済みでしたが、ネットワークの186のタワー上の屋外アクセスポイントは、現場で設置する必要がありました。微調整も必要でした。都市部では、通常、他の無線ネットワークからの干渉があるので、アンテナを調整する際にこれを考慮に入れる必要がありました。

屋外アクセスポイントの設置と調整には、精度の高い作業と微調整が要求されました。
屋外アクセスポイントの設置と調整には、精度の高い作業と微調整が要求されました。

都市生活に溶け込むケーブルカー

プロジェクトの参加者は、ラパスの都市型ケーブルカー網によって人々の生活がいかに良い方向に変わったかを目の当たりにし、特別な感慨に浸りました。空でつながることで移動時間が短縮されたことにより、ラパスとエルアルトの距離はさらに縮まりました。ボリビアではこのプロジェクトが実施されるまで、輸送手段としてのケーブルカーの利用は基本的に知られていませんでしたが、その認知度が急速に高まりました。「このプロジェクトの革新性は、共同一貫輸送の形態をとっている点にあります」と、Doppelmayr Seilbahnen GmbHのプロジェクトマネージャーであるTorsten Bäuerlein氏は強調します。「ケーブルカー網は、既存のインフラと調和し、都市生活の一部になっています。ケーブルカーの利用のしやすさは、キャビンへの搭乗と駅周辺全域のどちらにおいても、あらゆる点で保証されており、老若男女を問わず、車椅子や自転車の利用者、家族、ビジネス関係者、荷物を持つ旅行者など、誰もがケーブルカーを公共交通手段として快適に利用できます」。もう1つのプラスの効果は、ケーブルカー網が街の発展をさらに加速させ、駅の周りに新たなサービスが生まれている点です。特筆すべきは、モビリティーの向上は、より良い仕事やトレーニングなど、ラパスの人々に新たな機会をもたらしているということです。

その他のリンク: LANCOMの屋外アクセスポイント

ラパスでは、ケーブルカーが非常に短い時間で人気のある交通手段になりました。
ラパスでは、ケーブルカーが非常に短い時間で人気のある交通手段になりました。© Doppelmayr Seilbahnen GmbH

その他のR&Sストーリー

公的機関での完全にカプセル化されたブラウジング

公的機関や自治体は、プロのサイバー犯罪者に対する防御策としてR&S® ブラウザー・イン・ザ・ボックスをどのように使用しているでしょうか。

詳しくは

”鷲の目”を持つ車

ローデ・シュワルツの測定ソリューションが自動運転バージョンで果たす役割

詳しくは

モバイルネットワークのテスト方法

モバイルネットワーク・テスト・ソリューションへの投資を最大限に活用するため、現在のモバイルネットワーク構造に対する理解を深めるのに役立ちます。ネットワーク自体のパフォーマンス、またはネットワークで実行されているオーバー・ザ・トップ(OTT)アプリケーションのパフォーマンスを把握する場合、さまざまなテストや手順を適用できます。

詳しくは

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.