Application Notes

MHL2.0コンプライアンステスト

MHL規格では、双方向制御情報の交換とシンクからソースへのパワー供給だけでなく、5本の個別ライン上での高精細音声/ビデオデータの伝送も規定しています。携帯電話、タブレットPC、カメラなど、2億台以上のポータブルCEデバイスが、すでにこのインタフェースを使用して、より大きな画面にコンテンツを表示しています。機能と相互運用性を確保するために、新しいMHL対応デバイスはすべて、市場投入前にMHLコンソーシアムが発行したコンプライアンステスト仕様(CTS)に従って、認定テストセンター(ATC)で徹底的なテストを受ける必要があります。このアプリケーションノートでは、MHLテクノロジの概要のほか、現在のMHL2.0標準バージョンのシステム部分に対応するローデ・シュワルツのコンプライアンステスト・ソリューションについても説明します。

Name Type Version/Firmware Date Download