RohdeSchwarz_BjoernSchmidt_Flexibility4.jpg

当社の成功を支える柔軟な体制

家族の世話や子育てをする場合、または趣味に費やす時間を増やそうとする場合、通常、仕事と生活の調和を適切に維持するのは、それほど簡単ではありません。ローデ・シュワルツでは、従業員に柔軟な勤務時間モデルを提供しています。これには、育児休業/休暇(育休)や有給休暇の活用、自宅勤務の選択肢から、合意による契約に基づいたフレックスタイム制までが含まれます。この制度は、従業員と役員の両方に適用されます。メディアテクノロジーの7MME R&DメディアモニタリングのディレクターであるBjörn Schmidtは、幼い息子のため2か月間の育児休暇(パパ育休)を選択しました。彼はそれを後悔しているどころか、全く逆の感想を抱いています。

ローデ・シュワルツのBjoern Schmidt

実のところ、Björn Schmidtの育児休暇の計画は、息子が保育園の新しい環境に慣れるのを手助けするというものでした。しかし、計画はすべて変更となりました。保育園への入園日が延びたのです。そのため、一家は迷うことなく、イタリアへの旅行を決断しました。「すばらしい体験でした。おかげで妻や息子と楽しい時間を過ごせました」。同時に、この休暇取得の権利を持つ電気エンジニアには、当初、どのくらいの育児休暇を取るべきかがよくわかりませんでした。「同僚たちは、絶対に一気に2か月とるようにアドバイスしてくれ、不在のあいだの全面的なサポートを約束してくれました」。

個人的な連絡先パートナー

人事部門は、Björn Schmidtに支援とアドバイスも提供しました。「育児休暇、育児手当、または仕事から離れていた後の復帰について何か知りたい場合、人事部門の私の個人的な連絡先パートナーが、私の質問にすべて答えてくれました。例えば、育児休暇申請用紙に記入する際のヒントも教えてくれました」とこのハイデルベルク出身者は報告しています。

ローデ・シュワルツのBjoern Schmidt

フレックスタイムをはじめとしたさまざまな制度

ミュンヘンの若い家族は、2020年の秋に本社に開園するローデ・シュワルツの保育園からも支援を受けられます。Björn Schmidtも、例えば、朝の仕事開始を遅らせたり、夕方に自宅からメールに返信するため、必要に応じてフレックスタイムを利用できる体制を評価しています。「仕事は僕の趣味です」と彼は笑顔で言います。「そして、仕事でプレッシャーがかかっている場合、家族がその支えとなってくれます。有難いことに、ローデ・シュワルツでは、両方をうまく調和させられます」。

その他の支援体制

生涯学習

詳しくは

アイデアの振興

詳しくは

健康管理

詳しくは

ローデ・シュワルツの採用情報

健康的な仕事と生活の調和 – ローデ・シュワルツでなら問題を抱えることなく働けます!

応募をお待ちしております。