rf_lumination_image

RF Lumination 2019

2019年10月24日(木)大阪、25日(金)東京

  • {dnn}
    {dl}
  • {hnn}
    {hl}
  • {mnn}
    {ml}
  • 24
    10月
今すぐ登録

RF Lumination 2019 in Japan

5Gをはじめとする無線通信の進化に伴い、自動車、エレクトロニクス、航空宇宙、防衛など、先端テクノロジーの分野でも、無線通信をベースとした通信が基本となってきています。通信における速度や容量が増幅するにつれ、ビジネスにおける用途は拡大し、あらゆるものが無線を通じて繋がるスマートシティなど、人々の暮らしは豊かになっていきます。

このような無線通信の明るい未来の一方で、現実的な課題も露見してきました。その一つが高周波での信号品質の劣化です。5Gをはじめとする最新の無線テクノロジーでは、高周波かつ広帯域な信号が利用されるようになっていますが、これらの信号はノイズや電磁干渉など従来の周波数ではなかった様々な問題を検討する必要があります。例えば5G NRでは、使用周波数が28 GHzや39 GHzといったマイクロ波に達し、数百MHzの広いRF帯域幅で高いデータレートを実現しており、アンテナ設計やRFフロントエンドのエンジニアは、より複雑な測定を行ったうえで、開発を進めていくことになります。

本セミナでは、無線通信における測定ソリューションのリーディングカンパニーであるローデ・シュワルツが、RFおよびマイクロ波測定技術の基礎と最新トレンドについてご説明し、各種デバイスの評価をより正確かつ効率的に実行するソリューションについてご紹介します。

受講された方全員に5G NR Book(日本語版)をプレゼント!

無線通信の分野で長年の実績を誇るローデ・シュワルツが、5G NRテクノロジーの内容を一冊の本にまとめました。

本イベントを受講された方全員に、5G NR Book(日本語)をプレゼントいたします。

※5G NR Bookは、イベント後の送付となります。

2019/10/24(木)
大阪
2019/10/25(金)
東京
時間 プログラム
09:00~10:00 受付
10:00~11:00 5G Commercialize case and next generation
5Gと次世代の通信について講演予定です。

SK Telecom Co., Ltd.
AN Development Term / 5GX Labs
Senior Manager
Hyun. S. Lee 氏
11:00~11:50 Efficiency enhancements for RF Power Amplifiers
エネルギー効率、線形性、出力パワー、帯域幅は、送信RFフロントエンドのキーパラメータです。後者3つのパラメータは規制されているため、エネルギー効率を高めることが大きな差別化ポイントとなります。このため高効率化ならびに高線形化は研究開発の大きな課題でした。本セミナでは、高線形化の手法や物理的な限界、分類を説明します。また、ドハティ増幅器の評価についても紹介します。ドハティ増幅器はコストを上げずに高効率化、高線形化を実現しており、デュアル入力デバイスとして評価することで最適な設計を選択でき、効率的な生産につながります。

Rohde & Schwarz International GmbH
Market Segment Manager – Focus RF and mmWave Components
Lörner Markus 氏
11:50~13:10 昼食、休憩(ランチボックスをご用意いたします)
13:10~14:00 Advanced techniques for phase noise, jitter measurements and residual (additive) phase noise
位相ノイズは、多くのシステムにおいてその性能の限界を決めるパラメータの1つです。レーダーの精度、データレート、変調の複雑さが増すにつれ、非常に低い位相ノイズを正確に生成および測定するためのオシレータおよび測定器の需要は増しています。本セミナでは、スペクトトラム・アナライザ法や位相検波器を用いた相互相関法など、さまざまな位相ノイズ測定手法を比較し、さらに非常に高い測定感度と速度を兼ね備えた新しい測定手法を紹介します。さらに、従来は複雑な設定が必要だった残留位相ノイズ測定についても、最新の手法をご紹介します。

Rohde & Schwarz International GmbH
Market Segment Manager – Focus RF and mmWave Components
Lörner Markus 氏
14:00~14:50 Controlling Phased array antennas
フェーズドアレイアンテナを使用したビームフォーミングは、レーダーや衛星通信などの航空宇宙および防衛産業、また5G NRを含む最新の無線技術における一般的なテクノロジーです。 このセッションでは、業界をリードするルネサス・エレクトロニクスのコンポーネントを使用してビームフォーミングフロントエンドを効率的に構築する、使いやすい高度に統合されたビームフォーミングソリューションについて説明します。

Rohde & Schwarz International GmbH
Market Segment Manager – Focus RF and mmWave Components
Lörner Markus 氏

ルネサスエレクトロニクス株式会社
IoT・インフラ事業本部 グローバル営業統括部 セグメント営業第一部
主任技師
奥村 敏志 氏
14:50~15:10 休憩
15:10~16:00 Near-field Measurements on Antennas with internal LO
アンテナを評価する際に欠かせないFarFieldを実現するための測定距離は周波数とDUTのサイズによって決定されます。ミリ波のように非常に高い周波数あるいは大型のアンテナを測定する場合、大型の測定システムが必要となります。システムの大きさを抑えるためにはNearField - FarField変換が有効ですが、ソフトウェアによる変換を行うためにはアンテナの振幅だけでなく位相も測定する必要があります。本講演では、アクティブアンテナなど位相測定が困難であるDUTを測定する際のVNAの使用方法についてお話しします。

ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社
Test & Measurement
アプリケーション・エンジニア
山口 雅史 氏

※ プログラムは各会場共通です。

※ プログラムは変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

スピーカー

Hyun. S. Lee

Hyun. S. Lee

Hyun Lee氏はシニアマネージャーとして、SK Telecom ICT R&Dセンターの5Gアクセスネットワークの開発を担当しています。

Lee氏は2004年にSK Telecomに入社し、UMTSおよびLTE / LTE-Aを含むRANアーキテクチャの開発に携わりました。 現在、彼は5G NRアーキテクチャを研究しており、5Gの開発と商業化もリードしています。

2004年から2009年にかけて、Lee氏はUMTSとCDMAのインターワーキングを含むUMTSを開発し、世界初のハンドセットベースのHSPAを商品化しました。また 2010年からSK TelecomのLTEプロジェクトに携わり、エリクソンとのLTE商業化を主導しました。 2017年からは5G Tec. Labに加わり、5Gアクセスネットワーク開発に携わりました。

Lee氏は2004年に韓国のPOSTECH(科学技術大学)で電気電子工学の修士号を取得し、2015年に韓国のSNU(ソウル国立大学)でMBAを取得しました。

Markus Lörner_image

Markus Lörner

Markus Lörner氏は、ローデ・シュワルツのRFおよびマイクロ波コンポーネントテストのマーケットセグメントマネージャー/ビジネス開発マネージャーです。 Lörner氏は2000年にローデ・シュワルツに入社し、信号発生器とパワー測定のプロダクトマネージャーとしてキャリアをスタートさせました。現在までにモバイル通信からレーダーやEWアプリケーションまで、さまざまな分野に精通し、電子計測全体における豊富な経験を持っています。 Lörner氏は2000年にドイツのエアランゲンニュルンベルク大学で電気工学の学位を取得しました。

Toshiyuki-Okumura_image

奥村 敏志

奥村 敏志 氏は、ネットワーク半導体業界で25年以上の経験を持つシニアフィールドアプリケーションエンジニアです。現在までに、LANからWAN、有線/無線、電気/光といった様々な通信技術アプリケーションに携わってきました。IDT/ ルネサスエレクトロニクスに入社後はRFおよび光学干渉インターフェイスデバイスのアプリケーションに注力しています。奥村氏は東北大学で原子核工学の学位を取得しました。

日程

2019年10月24日:大阪 - ブリーゼプラザ 小ホール

2019年10月25日:東京 - フクラシア八重洲 会議室A

※各会場の情報は下記リンクよりご確認ください。

受付中

※ 定員に達した場合は受付を終了いたします

※ 本セミナーは無料セミナーです

※ 同業他社の方はご遠慮ください