R&S®FSIQ - FAQ

結果 19
  • IEEEが使用されている場合、マーカが表示されません。

    IEEEが使用されている場合、マーカが表示されません。質問FSIQ7がIEEEバスに接続されていると、ソフトキーとマーカが表示されません。回答以下のコマンドを使用してください。SYSTEM:DISPLAY:UPDATE ON/OFF表示の更新に少し時間がかかることを考慮してください

  • RS-232C経由でのリモート制御

    RS-232C経由でのリモート制御質問LabWindowsを使用してRS-232C経由でアナライザをリモート制御したいと思います。何をやってもうまく行きません。どうすればよいですか?GPIBではリモート制御できるのですが、RS-232Cを使用したいと思います。回答RS-232C経由でのリモート制御では、いくつか問題が発生する可能性があります。1) アナライザの設定 - "SETUP" => "GENERA SETUP" => "COM INTERFACE"- "OWNER" は "INSTRUMENT" でなければなりません。"OS" の場合は、FSPをリモート制御できません。- ボーレート、パリティ・ビット、データ・ビット、ハンドシェークを、PC/LabWindowsCVIプログラムの設定と照合します。2) PCの設定- PCのバックグラウンドで実行しているプログラム(ファイアウォール

  • IEEEプログラミング - アベレージングの完了待ち

    IEEEプログラミング - アベレージングの完了待ち質問400回目の掃引の完了をリモート制御によって検出するにはどうすればよいですか?回答これは、400回目の掃引の完了を検出するコマンドを含むプログラムです。REM Initiate an average sweep over 400 sweepsFSx: INIT:CONT OFFFSx: DISP:TRAC:MODE AVERFSx: SWE:COUNT 400FSx: SWE:TIME 0.1FSx: *CLSREM With *OPC the operation complete bit will be initiatedFSx: INIT;*OPCREM The next line will be repeated until the operation complete bit is setWHILE FSx: *ESR?

  • 他のプログラムで読み取れるファイルへのトレース・データのエクスポート

    他のプログラムで読み取れるファイルへのトレース・データのエクスポート質問Excelなどの別のプログラムで読み取れるファイルとしてトレース・データを取り出すにはどうすればよいですか?回答"TRACE" メニューの2番目のサブメニューには、"ASCII FILE EXPORT" 機能があります。この機能は、設定とトレース・データを含むASCIIファイルを作成します。ファイル・フォーマットの説明については、操作マニュアルの第4章の「アナライザ・モード、"TRACE" キー」を参照してください

  • DCオフセットを持つ低周波信号の測定

    DCオフセットを持つ低周波信号の測定質問非常に低い周波数(20 Hz~100 kHz)の雑音を測定したいと思います。信号はDCオフセットを持っていますが、アナライザの入力では、DC結合により、0 V DCだけが許容されます。DCブロックは7 kHzから始まります。デバイスを損傷させることなく、これらの信号を測定するにはどうずればよいですか?回答これらの周波数では、外部ブロック・コンデンサを使用できます。ただし、カットオフ周波数を低くするには、かなり大きな容量が必要ですが、大きな充電電流が発生します。RF入力を保護するには、下の回路図に示すような2つの反並列ダイオード(例:BAR64)が必要です。これらのダイオードは、コンデンサの充電によって生じるDC電圧を約10 dBmのレベルに制限します。コンデンサとして、1つの電解コンデンサまたは2つの反直列結合コンデンサを使用することにより、容量が2

  • QPSK変調におけるSME/IQとFSE-B7/FSIQの同期

    QPSK変調におけるSME/IQとFSE-B7/FSIQの同期質問QPSK変調で、SME/IQとFSE-B7/FSIQの同期がうまく行かない場合があります。回答ベクトル復調モードで "SYNC NOT FOUND" というエラー・メッセージがFSE/FSIQの画面上に表示される理由としては、ジェネレータ(SMIQまたはSME)とアナライザ(FSE+FSE-B7またはFSIQ)のQPSKマッピングが異なることが考えられます。可能な解決策:SMIQの "QPSK ICO" マッピングは、FSEの "QPSK" マッピングに対応しています。SMIQの "QPSK" マッピングの場合、同期パターン1001100000(SMIQ)を1101110000に変更する必要があります。さらに、その他すべてのビットを以下のルールに従って再マッピングする必要があります。00-->0001-->0111-->

  • ファームウェア・アップデート後には、オプションはどうなりますか?

    ファームウェア・アップデート後には、オプションはどうなりますか?質問ローデ・シュワルツのスペクトラム・アナライザのオプションはすべて、ファームウェア・アップデート後も使用可能ですか?回答新しいファームウェアでは、すべてのハードウェア/ソフトウェア・オプションが考慮されています。一部のオプションは、新しいファームウェアによってアップデートすることもできます

  • GPIBのFSE/FSIQトレースデータの構造は?

    GPIBのFSE/FSIQトレースデータの構造は?質問'TRAC? TRACE1' コマンドを使用してGPIBからのバイナリ・トレース結果を変換するにはどうすればよいですか?回答*RST後のデフォルトのフォーマットは、ASCIIフォーマットです。つまり、カンマで区切られた500個のASCII値が、改行(16進数の0A)で終わる1つの文字列として返されます(約6 Kバイト)。浮動小数点フォーマットを使用するには、"FORMAT REAL,32" コマンドを事前に送信する必要があります。FSEは、"TRAC? TRACE1" 問合せに対して、500個の浮動小数点値からなるバイナリ・ストリングで答えを返します。各値は、IEEE 754単精度4バイト(32ビット)フォーマットです。このフォーマットは、ほとんどすべてのコンパイラで(Visual Basicでも)使用されます。このため、変換を実行する

  • SSB測定結果がスパンの変更後に変わりました。

    SSB測定結果がスパンの変更後に変わりました。質問R&S FSEAで位相雑音を測定します。スパンによって結果が異なります。スパンが100 kHzの場合は、結果は予想どおり、-119dBc/Hzになります。116 kHzのスパンでは、結果は予想とは異なり、-110 dBc/Hzになります。これはなぜですか?回答スパンを変更した場合は、"Main PLL Bandwidth" も変更するので、測定結果が異なります。スパンを100 kHzから116 kHzに変更したら、"Main PLL Bandwidth" を "High" から "Medium" に変更します。"Main PLL" は、"COUPLING" メニューの右側サブメニューで手動で設定できます。これにより、さまざまなアプリケーションに合わせて位相雑音を最適化できます。詳細(特に、スパンとRBWに応じた最適な設定)については、操作マ

  • WMFファイルのFSIQフォント

    WMFファイルのFSIQフォント質問FSE/FSIQで作成されたWMFファイルを別のPCで開くと、テキストやラインが正確に再現されません。回答NTエクスプローラを使用して、FSIQフォントをWindows NTのフォント・ディレクトリ(たとえば、c:\WINNT\FONTS)にコピーします。コピーには必ずエクスプローラを使用してください。そうすることによってのみ、それ以降、フォントに関するレジストリに変更を加えることができます。Files: 名前 最終更新日 サイズSymbol.ttf 2012/12/03 60 kBLinedraw.ttf 2012/12/03 80 kB

  • UNCALと表示されます。

    UNCALと表示されます。質問画面上の赤いUNCALインジケータを除去するにはどうすればよいですか?回答1) 掃引速度が選択した分解能帯域フィルタに対して速すぎます。このため、レベルと周波数が正しく測定されず、UNCALインジケータが画面上に表示されます。対策:UNCALの表示が消えるまで掃引時間を長くします。掃引時間を "Auto" 調整に設定することをお勧めします。2) 内部値がリミット外として検出されました。対策:校正プロセス(CAL TOTAL)を開始します。校正後は、UNCALの表示が消えます。表示される場合は、ハードウェアに不具合がある可能性があります。この場合は、R&Sサービスによる測定器の点検が必要です

  • トレースのASCIIフォーマットでのエクスポート

    トレースのASCIIフォーマットでのエクスポート質問トレース・データは、FSE/FSIQのハード・ディスクまたはフロッピー・ディスクにバイナリ・フォーマットで保存されています。バイナリ・トレース・データをASCIIフォーマットに変換するにはどうすればよいですか?回答バイナリ・トレース・データは、TRC2ASCプログラムを使用することによって、ASCIIフォーマットに変換できます。最新のファームウェア(FSEの場合バージョン1.91以上、FSIQの場合バージョン2.05以上)を使用すれば、トレース・データをASCIIフォーマットで直接保存できます。トレース・データのフォーマットは、"TRACE:" > (右側サブメニュー): "ASCII EXPORT" メニューで変更できます。Files: 名前 最終更新日 サイズTrc2asc.exe 2012/12/03 37 kB

  • ユーザ定義のプリセットを作成する方法

    ユーザ定義のプリセットを作成する方法質問ユーザ定義のプリセットを作成する方法回答ユーザ独自のプリセットを作成するには、以下の手順を実行します。- "PRESET" ボタンを押します。- ユーザ独自のプリセットの設定を行います。- 設定を特定の名前("MYPRESET" など)で保存します。FSIQx、FSEx、ZVx、ESIBxでは:- "RECALL" メニュー(右側のメニューの "ZVx")で、"AUTO RECALL" の"MYPRESET" 設定を選択します。FSQx、FSUx、FSPx、ESPIxでは:- "FILE" メニューで、"STARTUP RECALL". の "MYPRESET" 設定を選択します。これで、"PRESET" ボタンを押すと、設定がロードされるようになります

  • UNCALとUNDERL

    UNCALとUNDERL質問ディスプレイ上に小さな赤い文字で、UNCALおよびUNDERLと表示されます。どういう意味でしょうか?回答UNCAL:"CAL" ボタンを押して全体校正を開始します。ディスプレイを確認します。メッセージが表示されている場合は、書き留めてください。メッセージは、校正プロセスが完了すると消えるはずです。UNDERL:ベクトル・アナライザ・モード(FSIQまたはFSEx+FSE-B7)では、このメッセージは、ADCの信号レベルが最適な範囲を下回っていることを示しています。対策:メッセージが表示されなくなるまで、測定器の基準レベルを下げます

  • リモート・モードではディスプレイ情報が表示されません。

    リモート・モードではディスプレイ情報が表示されません。質問アナライザをリモート・モードにすると、画面上のラベルが表示されません。回答リモート・モードでは、IECバスの転送速度を上げるため、ラベル表示はデフォルトではオフになります。ラベルを表示するには、SYSTEM:DISPAY:UPDATE ON' GPIBコマンドでオンにします

  • 1 ms未満の確度での600 ms RFパルス/バースト測定は?

    1 ms未満の確度での600 ms RFパルス/バースト測定は?質問FSIQで、1 ms未満の確度で600 msのパルス長を測定するにはどうすればよいですか?パルス長測定の最大確度は、データ・シートに示されている確度より高くなければなりません。タイム・ドメインの問題は、500個の表示ポイントにあるように思われます。600 msのパルス長の1 % Fs(フル・スケール)は±6 msです。これでは大き過ぎます。確度を高めるには、どのような設定が必要ですか?回答これを1回の掃引で行うことはできませんが、2回の掃引に分割してトリガ・オフセットを使用する必要があります。そうすることにより、立ち下がりエッジを測定できます。トリガ・イベントと掃引はオフセットを持つため、立ち上がり時間も測定する必要があるということを覚えておいてください。最初に、立ち上がりエッジのオフセットを測定する必要があります。ビデオ

  • 手動で作成したリミット・ラインをリモート制御で読み取るにはどうすればよいですか?

    手動で作成したリミット・ラインをリモート制御で読み取るにはどうすればよいですか?質問手動で作成したリミット・ラインをリモート制御で読み取るにはどうすればよいですか?回答まず最初に、手動で作成したリミット・ラインに番号を割り当てる必要があります。CALC:LIM1:NAME 'name_of_the_line'その後、リミット・ライン・データを読み取ることができます。CALC:LIM1:CONT?を使用して、X値を読み取り、CALC:LIM1:UPP?またはCALC:LIM1:LOW?を使用して、Y値を読み取ります

  • 64ビットのWindows 7でのRSIB

    64ビットのWindows 7でのRSIB質問XPから64ビットのWindows 7にアップグレードすると、RSIB接続は動作しなくなりますか?回答DLLのディレクトリが変更されています。RSIB32.DLLをC:\Windows\SysWOW64\にコピーしてください。Files: 名前 最終更新日 サイズRsib32.dll 2013/08/21 102 kB

  • GPIBのFSE/FSIQトレースデータの構造は?

    GPIBのFSE/FSIQトレースデータの構造は?質問'TRAC? TRACE1' コマンドを使用してGPIBからのバイナリ・トレース結果を変換するにはどうすればよいですか?回答*RST後のデフォルトのフォーマットは、ASCIIフォーマットです。つまり、カンマで区切られた500個のASCII値が、改行(16進数の0A)で終わる1つの文字列として返されます(約6 Kバイト)。浮動小数点フォーマットを使用するには、"FORMAT REAL,32" コマンドを事前に送信する必要があります。FSEは、"TRAC? TRACE1" 問合せに対して、500個の浮動小数点値からなるバイナリ・ストリングで答えを返します。各値は、IEEE 754単精度4バイト(32ビット)フォーマットです。このフォーマットは、ほとんどすべてのコンパイラで(Visual Basicでも)使用されます。このため、変換を実行する

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

Download

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

質問を入力してください。

会社名を入力してください。

国名を入力してください。

マーケティング・パーミッション
画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha

入力内容が正しくありません。
International Website