R&S®ZNB - FAQ

結果 29
  • Export complex data of a trace with mathematics and time gating

  • Is the auto cal unit ZV-Z53 with 75 Ohms accepted from ZNB/ZND/ZVA?

  • リモート・デスクトップ接続

    以下のユーザ名とパスワードを使用して、VNAへのリモート・デスクトップ接続をセットアップしようとしています。instrument894129ログオンしようとすると、以下のメッセージが表示されます。どうすればよいですか?VNAでWindowsのスタートメニューを開き、以下のメニュー項目を開きます。"コントロール パネル" > "システムとセキュリティ" > "リモート アクセスの許可"管理者としてログインするように求められます。パスワード894129を使用して、管理者としてログインします。"ユーザーの選択" > "追加" > "詳細設定" > "検索"ユーザ "instrument" を選択し、すべてのウィンドウを "OK" で閉じます。これで、リモート・デスクトップ接続をセットアップできるようになります。

  • キーパッドのマイナス・キーが動作しない

    キーパッドのマイナス・キーが動作しません。これを解決するにはどうすればよいですか?原因として最も可能性が高いのは、キーボードの言語が正しくないことです。原因として最も可能性が高いのは、キーボードの言語が正しくないことです。言語は "English US" である必要があります。設定の確認と変更は、コントロールパネルで行うことができます。Windowsメニューを開きます("PRESET" キーの上のWindowsの旗のキー)。"Region and Language" で、ここに示すように言語を "English US" に戻します。これで問題は解決するはずです。

  • 1つのファイルに複数のダイアグラムを保存し、かつ、ダイアグラムごとにページを分ける方法

    複数のダイアグラムがあり、すべてのダイアグラムを1つのファイルに保存したいのですが、ダイアグラムごとにページを分ける必要があります。さらに、セットアップ情報も同じファイルに保存する必要があります。以下の手順でこれを実行できます。- "File" メニューを開く。- "Print" を選択する。- 次を選択する。- 'Printer' の下で、ファイルフォーマットを選択する。

  • VNAMUCのライセンスキーコードが受理されない

    VNAMUCソフトウェアのライセンスキーコードを受け取りました。しかし、そのコードが受理されません。"No valid license key has been input"というエラーメッセージが表示されます。ライセンスキーを入力するには、コンピューターの管理者権限が必要です。権限があれば、ライセンスキーが受理されます。

  • TRL校正 - ライン中央かライン末端か

    他社のVNAでは、基準面として「ライン中央」と「ライン末端」を選択できます。ローデ・シュワルツのVNAの基準面はどこにありますか?下図に示すように、基準面は「ライン中央」にあります。

  • ZNA/ZNB: Export all mixed mode S-Parameters

    I have a device with 1 balanced input and 2 single ended outputs.How can I export all S-prameters incl. mixed mode S-Prameters to a readable file?After setup the mixed mode measurement make all S-parameters visible in one channel: Trace Config - Show all TracesNow you can export the S-parameters.Go toFile - Trace Data - ASCII...With the following settings you will export all S-parameters incl. mixed

  • 校正ユニットによる自動校正のリモート制御

    リモート制御による平衡測定を、校正ユニットによる校正を含めて行いたいと思っています。校正にはどのコマンドを使用すればよいですか?1)測定セットアップ校正を開始する前に、平衡測定をセットアップする必要があります。R&S®ZNB/R&S®ZNBTは、被測定デバイスを測定する状態にある必要があります。校正ユニットは、USBとRFケーブルでR&S®ZNB/R&S®ZNBTに接続されている必要があります。USBケーブルで接続されている校正ユニットが1つしかない場合は、以下のステップは省略できます。2)校正ユニットの選択校正ユニットを選択するには、以下のコマンドを使用して、接続されている校正ユニットを問い合わせる必要があります。SYSTem:COMMunicate:RDEVice:AKAL:ADDRess:ALL?その後、以下のコマンドで校正ユニットを選択します。SYSTem:COMMunicate:RDEVice

  • バイアス・ティーのリミットと校正に関する注意事項

    バイアス・ティーを使用しようとしています。校正を実行する際に、電圧源を接続する必要があるでしょうか?電流リミットはどれだけでしょうか?校正を実行する際には、電圧源を接続しないことを推奨します。これは、ショートまたはロードを接続したときに、供給される高電圧から生じる電流がリミットを超えるのを防ぐためです。電圧源なしで校正を行っても、300 mAまでは測定結果に影響はありません。リミット:

  • 複数のセットアップに対する校正手順の改善

    いくつかの異なる設定(パワー、帯域幅など)で測定を行う必要があります。オンチップ校正サブストレートを備えたマイクロ波プローバでTOSM校正を実行しようとすると、4種類の標準すべてをセットアップごとに接続し直す必要があるため、非常に時間がかかります。改善する方法はありますか?セグメント掃引を使用する方法があります。各セットアップに対して、1つずつ掃引セグメントを定義します。掃引セグメントの周波数レンジは、最大100 %重なり合うことができます。セグメント掃引全体を校正すると、すべてのセットアップが1回の掃引で校正されます。4種類の校正標準の接続は、1回だけで済みます。掃引セグメント(セットアップ)を個別に測定する必要がある場合は、必要なだけチャネルをコピーして、測定対象の掃引セグメント以外のすべてのセグメントをそのチャネルでオフにします。

  • 上り掃引/逆方向掃引

    測定で、周波数掃引を高い周波数から低い周波数に向かって行う必要があります。どうすればよいですか?このためには、K4オプションが必要です。K4オプションを使用すると、任意周波数変換を作成できます。例:S11を8 GHzから300 kHzまで測定する場合、以下の設定を作成します。 プリセットを実行します。 S11に変更します。 スタート周波数 = 300 kHz、ストップ周波数 = 8 GHz に設定します。 ポート設定で、信号源周波数を'-1 * fb +8.0003 GHz' に変更します。8.0003 GHz は、スタート周波数とストップ周波数の和です。 この設定を確認します。これで、VNAは、8 GHzから300 kHzまで掃引するようになります。この方法で作成した上り掃引は回避策であり、仕様と最終製造テストには含まれていません。標準の周波数掃引とはセトリング時間が異なるため、スプリアス

  • ZNB - 外部トリガ使用時の複数のチャネルの処理

    複数のチャネルを使用して測定を行っています。外部トリガ信号を使用する場合、ZNBはどのように動作するでしょうか?チャネルの測定は、1つのトリガ信号だけでシーケンシャルに処理されるのでしょうか?トリガの設定によります。チャネルごとにトリガを別々に設定できます。例を2つ示します。CH1:トリガを "External"、遅延を500 msに設定CH2:トリガを "Free RUN" に設定この組み合わせの場合、ZNBは、外部トリガ信号検出の500 ms後にCH1で測定を開始します。CH2の測定は、CH1の終了直後に開始します。その後、ZNBは次のトリガ信号を待ちます。CH1:トリガを "External"、遅延を500 msに設定CH2:トリガを "External"、遅延を200 msに設定この場合、ZNBは、外部トリガ信号検出の500 ms後にCH1で測定を開始します。その後、ZNBは次のトリガ

  • Can the option ZNB-B10 be installed in the field?

  • Manage the preset conditions for ZNB network analyzer remotely

    名前 最終更新日 サイズZNB_Save_Setup-Set_as_User_Preset-Request_Preset_settings.vi Dec 14, 2020 23 kB

  • How do I calculate the logarithmic frequency steps for the horizontal axis?

  • ファイルの保存/リコール:"Look In" での独自のフォルダの使用

    ファイルを保存またはリコールする際に、ポップアップ・ウィンドウに "Look in" フィールドが表示されます。独自のフォルダにパスを変更するにはどうすればよいですか?Windowsエクスプローラーを開き、Windowsエクスプローラーから "Look In" フィールドにフォルダを直接ドラッグ・アンド・ドロップします。

  • Automatically restart with return of the AC power

  • USB-GPIBアダプタのインストール

    外部デバイスをGPIBで接続しようとしています。National InstrumentsのUSB-GPIBアダプタが手元にあります。このアダプタをインストールするにはどうすればよいですか?National Instrumentsのすべてのインストール・ソフトウェア(VISAを含む)をUSBメモリにコピーします。USBメモリをZNB/ZNCに接続し、インストール・プログラムを起動します。インストールが開始されると、ZNB/ZNCの管理者パスワードを要求されます。以下のパスワードを入力します。894129パスワードを入力したら、インストール・プログラムの指示に従って、IEEE488.2ドライバとVISAをインストールします。インストール中に、ローデ・シュワルツ製の別のVISAがインストールされていて、このDLLの名前が変更されるという通知が表示されます。これは正常です。インストールが完了したら、

  • USB経由で接続した外部信号発生器が正しく認識されない

    R&S信号発生器をUSB経由でZNBに接続しました。ZNBの "External Generators" メニューで "Scan Instruments" を実行すると、信号発生器は検出されます。デバイスを "Configured Devices" に追加すると、デバイスの "State" 列に疑問符が表示されます。デバイスは正しく認識されておらず、ポート設定に使用できません。どうすればよいですか?接続された信号発生器をZNBが正しく判定できなかったことが原因です。通常、ZNBは*IDN?問い合わせコマンドを信号発生器に送信して、その応答に基づいて正しいドライバを選択します。まず、信号発生器のリモート設定を表示して、デフォルトの識別文字列が設定されていることを確認します。それで解決しない場合は、ZNBの "External Generator" 設定メニューに移動し、"Driver" 列のスクロールバー

  • 表示されたトレース値のASCIIエクスポート

    トレース値を、実数/虚数成分ではなく、表示されたフォーマットで直接エクスポートする必要があります。エクスポートダイアログで、"Formatted Values" をオンにします。これにより、画面に表示されたフォーマットでトレースデータがエクスポートされます。

  • 各ポートのコネクタが異なるベクトル・ネットワーク・アナライザ(VNA)の校正

    各ポートのコネクタが異なるベクトル・ネットワーク・アナライザ(VNA)を校正する方法はありますか?現在使用しているものはSMAコネクタとAPC-7コネクタを備えています。各ポートのコネクタ・タイプが異なる場合に、フル2ポート校正を実行するには、UOSM校正ルーチンを使用します。UはUnknown Through(未知スルー)の略です。必要なものは、SMA用の校正キット、APC-7用の校正キット、SMAからAPC-7へのアダプタです。各ポートに対して、対応する校正キットを使用してOSM校正を実行します。未知スルー校正の際には、アダプタを使用します。これにより、VNAのフル2ポート校正が完了します。

  • ZNB:掃引終了時に電源をオフにすることはできますか?

    ZNBを使用して増幅器のS21を測定します。しかし、増幅器はパルスド動作専用です。CW信号でドライブすると損傷を受けます。測定ではシングル掃引モードを使用しますが、掃引終了後もZNBはCW信号を印加します。ZNBの出力は掃引終了後に停止する必要があります。どうすれば実現できますか?残念ながら、この設定はZNBのメニューの非常に分かりづらい所にあります。ディスプレイの下部にある "System" を選択します。"System Config" を選択します。"Power" フォルダを開きます。"Power Mode at Sweep End" で、"Reduce" を選択します。これで、ZNBの出力は掃引終了後に停止します。

  • リモートコマンドによる2つのチャネルの同時校正

  • ディスプレイ上のSCPIリモート・エラー・メッセージ

    SCPIリモート・エラー・メッセージをディスプレイから消去するにはどうすればよいですか?PRESETキーでは問題は解決されません。エラー・メッセージをディスプレイから消去するには、以下の手順を実行します。"SETUP" -> "Remote Settings" -> "Show Errors"(チェックマークをオフ)"SETUP" は、"PRESET" ボタンと "HELP" ボタンの上にある白いボタンです。

  • ZNBの2トーン信号発生器としての使用

    ZNBを信号発生器として使用したいと思います。ポート1とポート3で異なる周波数のCW信号が必要です。どうすればよいですか?このアプリケーションには、オプションZNB-K4「周波数変換」が必要です最初にZNBの掃引モードをCWに設定します。"Sweep"を押し、フォルダー"Sweep Type"を選択します"CW Mode"に関するヒント添付のスクリーンショットに、必要なポート構成の設定があります。"CHANNEL CONFIG"を押し、フォルダー"Port Config"を選択しますポート2とポート4を"RF OFF"に設定しますポート1とポート3を"Gen"に設定します列"Frequency Conversion"に、ポート3でのポート1を基準とした周波数の差を入力しますポート1を"fb"("frequency base"を意味します)に設定します。ポート3の周波数は、fbを基準とします。

  • ZNB - print to file command does not work anymore

  • Remote Desktop screen size of ZNB/ZND

  • 自動ログオン設定の復元

    LAN操作のために、ログオン名を変更しました。現在、それを "instrument" に戻しましたが、起動するたびにログオンウィンドウが表示されパスワードの入力を要求されます。どうすれば、通常の自動ログオン設定を復元できますか?WINDOWSで、"スタート" と "実行"("regedit" を開く)をクリックしてから "OK" をクリックします。左側のツリーで以下を選択します。HKEY_LOCAL_MACHINE次に、ソフトウェア次に、Microsoft次に、WINDOWS NT次に、現在のバージョン次に、Winlogon(右側にウィンドウが開きます)をクリックします。AutoAminLogonを0から1に変更してください。DefaultUserNameが右と同じであることを確認してください:'instrument'上記と異なる場合は新しい文字 'DefaultPassword' を作成して

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

Download

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

質問を入力してください。

会社名を入力してください。

国名を入力してください。

マーケティング・パーミッション
画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha

入力内容が正しくありません。
International Website