background

Multicarrier DUT Characterization with R&S Server-Based Testing

Infrastructure testing

Multicarrier DUT Characterization with R&S Server-Based Testing

R&S Server-Based Testing (SBT) helps to reduce test times for workloads that can be parallelized. 5G NR multi-carrier signals are an ideal workload because each component carrier can be analyzed independently and in parallel. In an exemplary EVM measurement scenario test times are reduced significantly even when receiving IQ data from just a single instrument.

Related solutions

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

私は、Rohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよび本ウェブサイトのインプリントに記載されているローデ・シュワルツの事業体または子会社から、電子メールまたは郵便でマーケティングまたは広告情報(特別キャンペーンや値引きに関する情報など)を受け取ることを希望します。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、プライバシーステートメントおよびマーケティングパーミッション(事前許諾)に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.