ローデ・シュワルツのウェビナー

ローデ・シュワルツのウェビナー

Date
受講形式

オンデマンド

今すぐ登録
国

グローバル/オンライン

Info
Info

言語:英語

トレーニング担当者:Reiner Stuhlfauth(ローデ・シュワルツ)

所要時間:45分

Webinar: 5G Non-terrestrial networks - technology update

5Gウェビナー

ウェビナー:5G非地上波ネットワーク - テクノロジーのアップデート

このウェビナーでは、衛星の進化について詳しく学ぶことができます。

当初から、ユビキタス通信に関する3GPPの展望には、衛星または空中ベースのネットワークコンポーネントが含まれていました。早期の試用および実装は、商業的な理由により成功することはありませんでした。

短い歴史の中で、衛星や航空宇宙のコミュニティーだけでなく世界中で、無線通信の要件にかなりの進展がありました。3GPPの進化に見られる新しい作業項目により、衛星や空中を含むユビキタス通信ネットワークの展望が現実になります。LEOからGEOまでの衛星や空中基地局(HAPS)が実現可能な方法で展開され、陸上基地局に接続されます。ビームフォーミングや5Gニューメロロジーのような無線テクノロジーは、移動機から高度の高いステーションまでの信頼性の高い接続をサポートします。

このウェビナーでは、3GPP標準化の特にリリース17における非地上波ネットワークの取り扱われ方、技術的な課題、スペクトラム割り当ての様相、NTN対応デバイスおよびネットワークの配備を活用する方法について、現在の状況を詳細に説明します。

講師

Reiner Stuhlfauth:無線テクノロジーマネージャー

Reiner Stuhlfauthは、ミュンヘンのローデ・シュワルツのテクノロジー・マネージメント・チームに従事している無線テクノロジーマネージャーです。モバイル通信テクノロジーの特にセルラー規格(GSM、(E)GPRS、UMTS、HSPA、LTE、LTE-A、5G-NR、無線LANやBluetoothなどの非セルラーテクノロジー)の教育と促進を担当しています。次世代のモバイル通信テクノロジーである5Gに関連する、数々のプロジェクトにも参加しています。

彼は開発組織と販売組織との連携を図り、お客様と新しい要件について相互に議論を重ね、ローデ・シュワルツ製品への技術的な機能実装を実現させています。Reinerは、5G NRに関する技術書『5G New Radio - Fundamentals, procedures, testing aspects』を執筆したローデ・シュワルツ社内の著者グループの1人です。