R&S®GNSS-RxT Receiver Testers RED EN 303413

GNSS test system

  • 概要

Key Facts

  • Conducted GNSS receiver resilience testing of satellite GNSS (GPS, GLONASS, BeiDou, Galileo, EGNOS, L1, L2, L5) location technologies
  • One stop shopping with turnkey solution out of one hand
  • Full coverage of EN303413 (Adjacent Frequency selectivity and Spurious Emission)

Brief Description

The R&S®GNSS-RxT test system is a scalable and re-usable solution ready to address the diversified market of GNSS receiver testing. No matter what the device under test is, it´s all about preferable conducted GNSS receiver spurious and adjacent frequency band selectivity testing.

Features & Benefits

  • User-friendly R&S®GNSS-RxT GUI
  • Testing GNSS receiver spurious emission
  • Testing GNSS receiver adjacent frequency band selectivity
  • Required Equipment

Supported Technologies

  • GPS
  • GLONASS
  • BeiBou
  • Galileo

Key Facts

  • Conducted GNSS receiver resilience testing of satellite GNSS (GPS, GLONASS, BeiDou, Galileo, EGNOS, L1, L2, L5) location technologies
  • One stop shopping with turnkey solution out of one hand
  • Saving CAPEX through re-usability of the same HW with other application such as R&S®TS8997, R&S®TS-LBS
  • Full coverage of EN303413 (Adjacent Frequency selectivity and Spurious Emission)
  • Automation of NMEA capable devices
  • Automation of Android devices
  • Size scalable and portable design
  • Easy to use GUI
  • Automated with path loss compensation routine
  • Re-usable for other RED tests such as EN300328/EN301893
  • Extendable to radiated testing
  • Generation of automated test reports
  • Using highly accurate R&S®Signal Generator and R&S®Spectrum Analyzer

Brief Description

What is different when testing GNSS receivers? Currently, the bands adjacent to GNSS frequencies are not used by high-power signals, and there exists no legislation on the receiver performance. Therefore, many low-cost GNSS receivers are highly susceptible to interference. This prevents the regulatory authorities from assigning these bands to new services, like mobile broadband services, which contradicts the goal of efficient spectrum usage.

To achieve the goal of increased spectral efficiency, the European Commission agreed on a directive (RED 2014/53/EU Article 3.2.), which requires all GNSS receivers to guarantee a certain resilience against (legal) interference from neighbor bands. When active, this directive requires all classes of GNSS receivers (navigation devices, mobiles, GPS based watches, high-end measurement instruments, any other devices using GNSS, etc.) to be certified and fulfill this requirement in accordance to ETSI EN303413.

To obtain the CE mark all receivers sold in European Union that were newly designed or modified after June 13th 2017 have to ensure that they fulfill this directive.

GNSS receiver manufacturers can self-certify compliance of their GNSS receivers or test it at a notified body (validated test houses).

The R&S®GNSS-RxT test system is a scalable and re-usable solution ready to address the diversified market of GNSS receiver testing. No matter what the device under test is, it´s all about preferable conducted GNSS receiver spurious and adjacent frequency band selectivity testing.

Features & Benefits

  • User-friendly R&S®GNSS-RxT GUI

    The test cases can be easily executed and parametrized via the well-known R&S®CMWrun GUI. Integrated automation in the R&S®CMWrun GUI speeds up the test time and provides comfortable handling. This R&S®CMWrun GUI is as well used for other applications such as eCall and ERA GLONASS.

  • Testing GNSS receiver spurious emission

    Like any other electronic device, flaws in the design might lead to spurious emissions from local oscillators or clocks. To rule out potential harm for other devices, EN303413 mandates to analyze the spectrum from 30 MHz to 8.3 GHz, similar to the requirements for 2.4 GHz ISM Band, which are covered in EN300328.

  • Testing GNSS receiver adjacent frequency band selectivity

    Following fully automated and reliable measurements are performed with R&S®GNSS-RxT:

    • C/N0 without interferer in adjacent band vs. C/N0 with interferer in adjacent band
    • Interferer signal is a 1 MHz windowed White Gaussian Noise signal
    • Closest frequencies are: 1554 MHz and 1615 MHz, both at -105 dBm
    • Highest interferer power is -65 dBm at 1524 MHz
    • Covers L2 and L5 as well, GPS, GLO, BDS, GAL, SBAS, if supported by receiver
  • Required Equipment
    • R&S®FSV Spectrum Analyzer (already used in R&S®TS8997 WLAN test system)
    • R&S®SMW (Dual-channel Vector Signal Generator) (compatible with R&S®TS8997 WLAN test system)
    • PC running test cases
    • Cabling Set

Supported Technologies

  • GPS
  • GLONASS
  • BeiBou
  • Galileo
  • EGNOS
  • L1, L2, L5
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

デモを取得する

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。

国名を入力してください。
マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。


詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

見積りを取得する

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。
電話番号を入力してください。

国名を入力してください。
マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。


詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

お問い合わせ

質問を入力してください。
お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。
質問を入力してください。
有効な電子メール・アドレスを入力してください。
会社名を入力してください。
市区町村名を入力してください。
郵便番号を入力してください。

国名を入力してください。
マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。


詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha
入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
International Website