5G のための高性能テスト・ソリューション

GSMA MWC 2016 で発表
Videoteaser

ローデ・シュワルツは、バルセロナで開催された GSMA Mobile World Congress 2016 で、3 つの異なる試験セットアップを使用して 5G 開発における指導的役割を明らかにしました。ローデ・シュワルツは、2 GHz までの広帯域信号の例として、R&S®SMW200A ベクトル信号発生器と R&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザによる WLAN IEEE 802.11ad 信号発生と解析のデモを行いました。同一機器で UFMC、FBMC、GFDM、f-OFDM などの 5G エア・インタフェース候補の発生と解析が可能であり、R&S®TS-5GCS テスト・ソフトウェアと組み合わせて 5G チャネル・サウンディングを提供することもできます。

International Website