広帯域信号発生および解析

GSMA MWC 2016 で発表
Videoteaser

ローデ・シュワルツは、バルセロナで開催された GSMA Mobile World Congress 2016 で、シンプルなハードウェア構成による、ミリ波周波数での広帯域信号テストに向けた独自ソリューションのデモを行いました。このテスト・ソリューションは R&S®SMW200A ベクトル信号発生器と R&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザに基づいており、802.11ad Wi-Fi および 5G 無線接続で使用される 60 GHz の周波数レンジにおいて、最大帯域幅 2 GHz の信号の発生と解析が可能です。

International Website