R&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザ - メディア・センター

video description ローデ・シュワルツのR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザ

高性能のR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザは、お客様の厳しい要求を満たすために開発されました。本器は超低位相ノイズ、広い解析帯域幅、直感的でわかりやすい操作方法を提供し、測定をすばやく簡単に行うことができます。

video description

EuMW 2017でのミリ波帯での広帯域信号解析の発表

ローデ・シュワルツは、ニュルンベルクで開催されたEuropean Microwave Week 2017で、5 GHzの信号解析帯域幅のデモ実演を行いました。オプションの周波数レンジ拡張(最大90 GHz)とR&S®HA-Z24E 外部プリアンプ(1 GHz85 GHzで動作)を備えたR&S®FSW85 シグナル・スペクトラム・アナライザは、車載用レーダーFMCWチャープ信号、IEEE 802.11ay信号、5Gの候補波形などの広帯域信号の解析に最適です。

video description

GSMA MWC 2017での5G信号発生および解析に関する発表

ローデ・シュワルツは、バルセロナで開催されたGSMA Mobile World Congress 2017で、28 GHzでの5Gコンポーネントの特性評価のデモ実演しました。R&S®SMW200A ベクトル信号発生器は、28 GHzのプレ5G仕様(www.5gtf.orgで入手可能)に準拠した信号発生をサポートします。

video description

R&S®FSW-K18は、CWおよび変調スティミュラスによるアンプ特性評価をサポートします

R&S®FSW-K18 アンプ測定オプションを搭載したR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザにR&S®SMW200A ベクトル信号発生器を組み合わせると、アンプおよびその他の2ポートデバイスを任意のスティミュラスで特性評価できます。スティミュラスは、レベルスイープCW信号でも変調信号でも可能です。AM/AM変換、ゲイン圧縮、指定したスティミュラスによる単一測定からのEVMなどの結果は、すべてアンプの個性によって生じます。

video description

GSMA MWC 2016で発表された5Gのための高性能テストソリューション

ローデ・シュワルツは、バルセロナで開催されたGSMA Mobile World Congress 2016で、3つの異なる試験セットアップを使用して5Gのプレ開発における指導的役割を証明しました。ローデ・シュワルツは、2 GHzまでの広帯域信号の例として、R&S®SMW200A ベクトル信号発生器とR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザによるWLAN IEEE 802.11ad信号発生と解析のデモ実演を行いました。同一機器でUFMC、FBMC、GFDM、f-OFDMなどの5Gエアインタフェース候補の発生と解析が可能であり、R&S®TS-5GCS テストソフトウェアと組み合わせて5Gチャネルサウンディングを提供することもできます。

video description

GSMA MWC 2016での広帯域信号発生および解析の発表

ローデ・シュワルツは、バルセロナで開催されたGSMA Mobile World Congress 2016で、シンプルなハードウェア構成による、ミリ波周波数での広帯域信号テストに向けた独自ソリューションのデモ実演を行いました。R&S®SMW200A ベクトル信号発生器およびR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザをベースにしています。

video description

R&S®FSW-B160R リアルタイム・スペクトラム・アナライザによるWLANのトラブルシューティング

ローデ・シュワルツのR&S®FSW-B160R リアルタイム・スペクトラム・アナライザを使用してローカルWLAN信号のトラブルシューティングを行い、干渉源を特定する方法。

video description

5Gチャネルサウンディング – 柔軟性が高くすぐ使用可能なセンチ波/ミリ波テストソリューション

ローデ・シュワルツは、Fraunhofer HHIと連携して新しいチャネル調査ソリューションを実現しました。このソリューションはフレキシブルですぐ使用可能なテスト機器に基づいたもので、3GPP標準化や世界中のさまざまな研究プロジェクトで継続中の5Gチャネルモデリングのサポートが用意されています。このビデオのデモで示されるテスト設定は82.5 GHzで運用され、R&S®AFQ100A ベースバンド発生器、R&S®SMW200A ベクトル信号発生器、R&S®FSW シグナル・アナライザおよびスペクトラム・アナライザに基づいています。テスト機器が、絶対周波数と広帯域幅のサポートをフレキシブルに行えるため、このソリューションは、5Gの将来の開発作業にも適用可能です。

video description

R&S®SMW200AおよびR&S®FSWによるLTE-U対応eNodeBのテスト

アンライセンス周波数でのLTE(LTE-U)は、増え続ける一方のモバイル・データ・トラフィックへの対応にアンライセンス周波数帯を利用するネットワーク事業者にとって魅力的な代替手段です。3GPPは、LAA(Licensed-Assisted Access)としてこの機能の標準化を進めていて、3GPPリリース13に盛り込まれる予定です。このビデオでは、LTE-Uテクノロジーについて説明し、ローデ・シュワルツのR&S®SMW200A ベクトル信号発生器とR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザを使用して、eNodeBsの免許不要の5 GHz帯でLTE信号を効率的に測定する方法を紹介します。

video description

R&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザを使用したレーダー信号のマルチスタンダードリアルタイム解析

ローデ・シュワルツのR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザを使用したレーダートランスミッター信号の異常信号を検出するためのマルチスタンダードリアルタイム解析の利点を説明します。

video description

GSMA MWC 2015でのエンベロープトラッキングを含む簡易PA特性評価の発表

ローデ・シュワルツは、バルセロナで開催されたGSMA Mobile World Congress 2015で、エンベロープトラッキングとデジタルプリディストーションを含む簡易パワーアンプ (PA) 特性評価のデモ実演を行いました。このテストソリューションは、R&S®SMW200A ベクトル信号発生器およびR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザに基づいています。R&S®SMW200Aは、リアルタイムのRFおよびエンベロープ信号発生器とデジタルプリディストーションを1つの機器で行うことができ、R&S®FSWはEVM、ゲイン、ディストーションの測定など、PAの完全な特性評価を行うことができます。

video description

GSMA MWC 2015で発表された5Gミリ波周波数の開放

ローデ・シュワルツは、バルセロナで開催されたGSMA Mobile World Congress 2015で、ミリ波帯5Gアプリケーションのためのテストセットアップのデモ実演を行いました。R&S®SMW200A ベクトル信号発生器とR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザに基づいたこの設定は、現在のLTEネットワークより100倍大きい、2 GHzまでの帯域幅をテストできます。

video description

ローデ・シュワルツのR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザを使用した位相ノイズ測定

R&S®FSW-K40 位相ノイズ測定オプションの一部であるI/Qモードに加えて、基本的な位相ノイズ測定およびユーザーインタフェース機能のデモ。このビデオでは、新しいI/Qモードがもたらす優れた速度による利点を示します。ローデ・シュワルツのR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザは、RFパフォーマンスと使いやすさの基準を定めます。

video description

R&S®FSW-K60 トランジェント解析オプションを使用したFMCWレーダー信号解析

ローデ・シュワルツのR&S®FSW-K60 トランジェント解析オプションを使用した全自動FMCW信号解析について説明します。R&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザは、自動車レーダー、高度計、地上監視レーダーなどに使用されるFMCWレーダー信号解析に最適です。

video description

R&S®FSW I/Q アナライザを使用したコヒーレントパルス復調

このビデオでは、ローデ・シュワルツのR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザ内のI/Q アナライザを使用した位相コヒーレントなパルス復調のデモを紹介します。I/Qアナライザは、タイムドメインまたはI/Qベクトルダイアグラムに信号の振幅および位相を表示できます。

video description

マルチスタンダード無線(MSR)基地局試験

このウェビナーでは、モバイル無線基地局の設計における新たな進展についての概要を説明します。3GPP TS 37.141に沿った新しいトランスミッターテスト要件を説明し、ローデ・シュワルツの最新型シグナル・スペクトラム・アナライザを使用してこれらの要件を満足するだけでなく、マルチスタンダード基地局のトラブルシューティングを効率的に行う方法のデモ実演を行います。LTEなどの最新モバイル無線規格をWCDMAやGSMなどの既存のネットワークへ導入することは、スペース、周波数、電力、運用、保守のコストの面で課題になっています。マルチスタンダード無線基地局は、これらの課題に対応するために導入されます。学習内容:3GPP TS 37.141、およびそれ以降のマルチスタンダード無線基地局のテスト要件マルチスタンダード無線信号と異なる信号間干渉の効率的な解析

video description

R&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザを使用したミリ波信号解析

ローデ・シュワルツのR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザは最大50 GHzの周波数レンジと320 MHzの復調帯域幅を提供し、ミリ波信号解析に最適です。このビデオでは、80 GHzでの非常に高速で広い帯域幅のパルスに対する信号解析のデモを紹介します。パルスは、R&S®SMF100A マイクロ波信号発生器とR&S®SMZ 周波数逓倍器を組み合わせて生成されます。

video description

R&S®FSW-B71 オプションを使用した差動アンプの測定

ローデ・シュワルツのR&S®FSW-B71 アナログ・ベースバンド入力オプションと、R&S®RT-ZD 差動プローブを搭載したR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザを使用して差動アンプの測定を簡素化します。このセットアップでは、差動アンプの特性を2つのシングルエンドアンプの出力で直接測定できます。バランや複雑なテストセットアップは不要です。

video description

GSMA MWC 2014での汎用的で容易なエンベロープトラッキング試験の設定の発表

ローデ・シュワルツは、バルセロナで開催されたGSMA Mobile World Congress 2014で、汎用的で容易なエンベロープ・トラッキング・テスト・ソリューションのデモ実演を行いました。リアルタイムのRFおよびエンベロープ信号は、1台のR&S®SMW200A ベクトル信号発生器から提供されます。R&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザは、ひずみや電力付加効率(PAE)などを測定します。

video description

MWC 2014でのローデ・シュワルツの発表:5Gミリ波周波数の開放

ローデ・シュワルツは、バルセロナで開催されたGSMA Mobile World Congress 2014で、超高周波数および超高帯域幅を処理するための信号発生および解析ソリューションのデモ実演を行いました。ミリ波周波数の使用は、さらに高いデータレートとシステム容量を実現するために重要な5Gテクノロジーの要素であると認識されています。解析帯域幅が67 GHzおよび500 MHzのR&S®FSW67 ハイエンド・シグナル・アナライザは、最高レベルの周波数範囲の信号を使用する将来の5Gアプリケーションの開発者のために道を開きます。

International Website