R&S®BTC 放送信号発生器およびオーディオ/ビデオ・アナライザ

各種業界における、さまざまなオーディオ・ビデオ・アプリケーションのためのワンボックス・ソリューション
Videoteaser

R&S®BTC 放送信号発生器および A/V アナライザが提供する無限のアプリケーション

干渉テストや伝送シミュレーションのほかにも、R&S®BTC は無限のアプリケーションを提供します。

R&S®BTC ブロードキャスト・テスト・センタは、音声、ビデオ、マルチメディア・アプリケーションの解析機能と自動テストを備えたリファレンス信号発生器です。優れた技術機能とモジュール式の柔軟な設計を兼ね備え、最も高い要求に対応する独自のソリューションです。

モジュール式で高い拡張性

さまざまなハードウェア・モジュールと豊富なソフトウェア・オプションがある R&S®BTC は、現在および将来の環境とテスト・タスクに完全に適合し、長期間にわたって利用でき、使いやすくて低コストなテスト・プラットフォームを提供します。

2 つの RF パスでのリアルタイムの信号生成

R&S®BTC には 2 つの独立した RF パスが搭載されており、リアルタイムの信号生成機能を備え、信号チェーン全体でのリアルタイム機能を提供します。

エンドツーエンド・テスト

R&S®BTC で送受信 OSI アプリケーション層間の完全なエンドツーエンド・テストを実行し、これを使用して送信経路に影響するさまざまな要素間の直接的な相関性を検出できます。

音声/ビデオ・ストリームの生成と RF チャネルのシミュレーションから、統合された音声/ビデオ解析と被測定物の埋め込みおよびリモート制御までの、R&S®BTC の完全な送信チェーンがこれを可能にしています。

  • 音声およびビデオ信号の生成
  • エラー挿入など、トランスポート・ストリームのシームレスな変更
  • 放送規格によるコーディング
  • 伝送シミュレーション
  • 2 つの独立した RF パス
  • 音声/ビデオ解析

ゲートウェイ

オプションで利用できるゲートウェイが、対応する送信規格を使用したデジタルの基本的な音声/ビデオ・ストリームおよびデータ・ストリームを生成します。T2-MI ゲートウェイは必要な T2-MI ストリームを DVB-T2 伝送パラメータに基づいてリアルタイムに生成します。

複雑なインタフェース・テスト

R&S®BTC のもう 1 つのアプリケーション領域は干渉信号シナリオです。デジタル配当と、セットトップ・ボックスやモバイル・デバイスなどの受信デバイスにおけるさまざまな伝送テクノロジの収束のために、これらのシナリオがますます重要になっています。

MISO および MIMO

R&S®BTC は DVB-T2 ですでに使用されているような MISO シナリオをサポートします。また、R&S®BTC は将来のアプリケーションのために現在評価されている 2x2 MIMO シナリオもサポートします。モジュール式のアーキテクチャであるため、R&S®BTC は長期的な要件への準備に最適で、4x4 シナリオにも対応できます。

統合された自動コンプライアンス・テスト

被測定物を R&S®BTC ブロードキャスト・テスト・センタの環境に完全に組み込むことができます。テスト・ケース開発と自動化の時間が短縮されます。設計の信頼性が向上し、市場投入までの時間が最適化され、コンプライアンス・テストのためにいつでも再現可能なテスト・ケースを実現できます。このようなテストの自動化によって、時間とコストを節約できます。

オーディオ/ビデオ・マルチメディア発生器/リマルチプレクサ

マルチメディア発生器を使用して、基本的な音声/ビデオおよびデータ・ストリームからの独自のトランスポート・ストリームの多重化を行うことができます。ビットストリーム・プレイヤは、MPEG-2 トランスポート・ストリームのほか、多くのファイル形式の再生をサポートしています。

統合されたリマルチプレクサでトランスポート・ストリームの構造を変更することもできます。また、内部で生成および再生した MPEG-2 トランスポート・ストリームを、IP または ASI で入力された外部トランスポート・ストリームにより多重化できます。

エラー挿入

エラー挿入により、MPEG-2TS をリアルタイムでシームレスに変更することが可能になります。ビット、バイト・パケット、テーブルのユーザ定義コンテンツへの置換、変更、トランスポート・ストリームからの削除が可能です。

テスト・スイート

利用可能なテスト・スイートは、標準テスト仕様に基づきます。設定可能な環境およびテスト・ケースによって、さらに幅広いテストに対応できると同時に、開発時間が短縮し、再現性が保たれ、個別のアプリケーションの情報管理が向上します。

音声/ビデオ解析

音声/ビデオ解析はアプリケーション層の伝送エラーの影響を視覚化します。これにより、OSI 層間の直接的な相関性を初めて把握できるようになり、画像エラー箇所の客観的評価を行うことができます。

伝送シミュレーション

R&S®BTC は RF 伝送チャネルに関する幅広い現実的な伝送シミュレーションを提供します。

  • 各種ノイズ・ソース:ブロードバンドおよび周波数帯が制限された AWGN、位相ノイズ、インパルス性ノイズ
  • 40 パスのフェージング・シミュレータ
  • 送信側および受信側のプリディストーション

さまざまな業界用にカスタマイズされた R&S®BTC 放送信号発生器および A/V アナライザ

CE レシーバ・チップセット・メーカ

民生機器メーカ市場向けソリューションを提供するために使用されるチューナ、レシーバ、A/V デコーダ、集積半導体 (SoC)、SoC コンポーネントの開発者およびメーカ。

CE メーカ

セットトップ・ボックス、TV、ラジオ、コンピュータ・レシーバ・コンポーネント、携帯端末、その他の受信デバイスなど、放送規格および音声/ビデオ伝送を使用するあらゆる種類の民生機器の開発者およびメーカ。

自動車メーカ

自動車市場で使用されるマルチメディア受信デバイスおよびカー・ラジオの開発者、メーカ、サプライヤ、インテグレータ。

専門機器メーカ

無線放送規格に基づくすべてのプロフェッショナル伝送アプリケーション用受信機器のメーカ。通常、COFDM テクノロジは DVB-T/DVB-T2 または DVB-S2 規格に基づく衛星伝送テクノロジで使用されます。もちろん、その他すべてのプロフェッショナル・アプリケーション用放送規格も使用できます。

QA およびテスト・ハウス

あらゆる種類の音声/ビデオ伝送用のチューナ、チップセット、コンポーネント、既製レシーバをテストし、伝送規格の通常の限度を超える場合も含めて、品質パラメータ、性能および規格適合性を確認するユーザ。

ネットワーク事業者

特定の地域や国に応じてさまざまな伝送規格を媒体として採用し、特定の環境の要件に従ってテストを行う必要がある、地上波、衛星、ケーブル TV ネットワークの事業者。

政府および当局

放送に関する責務を担う国の組織および機関、またはビデオおよび音声伝送ならびにそのようなあらゆる種類のレシーバを公的な目的で使用またはテストする国の組織および機関。

航空宇宙および防衛

航空、宇宙、軍用アプリケーションの無線放送規格を使用する企業および組織。

製品の詳細

International Website