R&S®CMW500 - ビデオ

Videoteaser

LTE D2D ProSe - 直接検出:概要および RF 測定

このビデオでは、直接検出の基本原理として、定義されたリソース・プールを使用してアップリンク周波数で機器が検出メッセージを送信 (告知) および受信 (監視) する方法について説明します。R&S®CMW500 ワイドバンド無線機テスタをベースにした効果的な RF 測定のデモも行います。R&S®CMW500 は LTE ネットワークと受信デバイスを同時にエミュレートするため、検出メッセージの適切な送信を追加で検証できます。

直接検出は 3GPP リリース 12 で標準化された LTE デバイス間隣接サービス (LTE D2D ProSe) の一部です。この機能によって、デバイスが近傍にあるものを電力効率のよい方法で検出できるようになります。

International Website