テクノロジの検索

ローデ・シュワルツ製品は、さまざまな技術規格に対応して設計されています。一般的な情報および規格対応製品の検索

結果 1 - 10 の 62 *

Did you find what you're looking for? If not, repeat the search on our International Website

  • ISDB-Sテクノロジー

    ISDB-Sテクノロジーは、HDTV機能、双方向通信、優れたスペクトラム効率を実現します。

  • SIRIUSテクノロジー

    SIRIUSは、地上波の中継局を併用する衛星デジタル・オーディオ・ラジオ・サービス(SDARS)であり、米国全域で自動車でのCD品質のモバイル受信が可能です。

  • XM衛星テクノロジー

    XM衛星は、地上波の中継局を併用する衛星デジタル・オーディオ・ラジオ・サービス(SDARS)であり、米国全域で自動車でのモバイル受信が可能です。

  • ATSC3.0テクノロジー

    ATSC 3.0(Advanced Television Systems Committee)は、デジタル地上波放送規格の1つで、先行のATSC A/53規格に比べて大幅に機能強化されています。

  • ATV L/L´テクノロジー

    ローデ・シュワルツは、ATV L/Lテクノロジーをサポートする放送およびマルチメディア電子計測を提供しています。

  • DAB+テクノロジー

    DAB+は、DAB規格の継続的開発の過程で作成されました。DAB+では、オーディオ信号源のコード化がMUSICAMから最先端のHE-AACに変更されています。

  • DVB-Cテクノロジー

    DVB-C規格EN 300 429は、ケーブルによるデジタル・マルチプログラム・テレビ配信のためのフレーム構造、チャネルコード化、変調を記述しています。ここで記述されているシステムは、MPEG-2システムレイヤーISO/IEC 13818-1に基づいています。これは、衛星用の伝送規格と整合化され、適切なフォワードエラー訂正(FEC)技術が追加されています。

  • CDMA2000® 1xEV-DOテクノロジー

    CDMA2000は、無線通信用の3G移動体通信規格であり、全世界で広く配備されています。

  • DRM+テクノロジー

    DRM+は、既存のDRM規格を有効周波数レンジに関して拡張したものです。ローデ・シュワルツはDRM+テクノロジーをサポートします。

  • WiGig/WiHDテクノロジー

    ローデ・シュワルツの製品は、WiGig/WiHDテクノロジーに対応しています。

結果 1 - 10 の 62
前へ  1  2  3  4  5  6  7  次へ
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

Download

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

質問を入力してください。

会社名を入力してください。

国名を入力してください。

マーケティング・パーミッション
画像に表示されている文字を入力してください。
show captcha

入力内容が正しくありません。
International Website