優れたフェイルセーフ

R&S® NAVICSは、システムに障害が発生している間も、確実にクライアントがシステムを操作できる優れたフェイルセーフを実現します。音声端末装置のデュアルホーミングにより、イーサネットスイッチの障害を補い、連続した音声通信を可能にします。サーバーシステムは、最先端のハイパーバイザに基づく仮想化によって非常に高い柔軟性も実現しています。サーバーシステム全体に障害が発生した場合でも、R&S®NAVICSでは内部および外部の音声端末装置に対して緊急操作を実行できます。

  • 音声端末装置のデュアルホーミングにより、イーサネットスイッチに障害が発生した後でも制限のない通信が可能
  • サーバーは最先端のハイパーバイザに基づく仮想化により、非常に高い柔軟性を実現
  • 中央インフラ装置に障害が発生した後、サーバーが通信を許可しない場合でも緊急操作が可能
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

フィードバック
ご意見をお寄せください
対象のトピックを指定してください。

質問を入力してください。
問い合わせ先

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

質問を入力してください。
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
*必須項目
International Website