ローデ・シュワルツの車載用レーダーに関する技術

車載用レーダー - 電波による表示

複雑な世界でのテストソリューション:開発中の第5世代レーダーシステム

自動運転や無事故運転といった新しいビジョンを実現するためには、レーダーセンサと、LIDAR、カメラ、超音波といった他の種類のセンサの組み合わせが、現在と将来の先進運転支援システム(ADAS)の鍵となるテクノロジーです。レーダーセンサは、重大な状況を回避し、事故の総数を減らすために、今日の自動車にすでに組み込まれ始めています。

レーダーセンサは、環境の影響から独立した周囲の詳細な画像を取得できるため、交通安全の基本的な柱の1つと見なされています。24/77/79 GHzの周波数レンジと、広い帯域幅(最大4 GHz)により、レンジ分解能を数cmまで向上させています。現在では、物体の認識を改善するため、低速周波数変調連続波(FMCW)信号よりも干渉の影響を受けやすい高速チャープが用いられています。

課題

ただし、運転支援機能を実現するには、さまざまな課題に対処する必要があります。UN ECE R79 CAT C(レーン変更支援)や無線機器指令(RED)などの新しい規制に対応するには、品質保証の改善が必要です。製造ラインや修理工場での車載用レーダーシステムの取り付け精度も最適化する必要があります。さらに今後は、移動ターゲットシミュレーションを使用したレーダーシステムのハードウェア・イン・ザ・ループ・テストが重要性を増していきます。

弊社のソリューションの利点

  • ローデ・シュワルツのテクノロジーや製品を研究開発から製造までのあらゆる領域で利用することによる開発労力の削減
  • 空港用のハイテク・ボディスキャナーや航空宇宙/防衛市場向けのレーダーテスト・テクノロジーなど、業界で実証済みの製品による開発品質の向上
  • 最高のエンジニア教育を実現する高周波分野のマーケットリーダーによるトレーニング
  • 車載用レーダーテクノロジーに戦略的に注力しているメーカーの製品に対する将来性のある安全な投資

詳細については、カタログ『Excellence in precision solutions of automotive radar』を参照してください。

車載用レーダーソリューション

弊社の専門技術者

Sherif Ahmed博士

Sherif Ahmed博士

「レドームやバンパーのコーティングは、レーダー信号の品質に影響を与えます。R&S®QARは、ミリ波アレイに基づく最新の開発成果であり、空間分解解析を使用してこのような影響を調査するために使用できます。わずか数秒で、材料の反射、均一性、減衰を解析できます。これにより、長距離でも高い角度測定確度を持つ安定したレーダー性能を実現できます。」

ローデ・シュワルツマイクロ波イメージング/システム担当主任、Sherif Ahmed博士

Andreas Reil

Andreas Reil

「セキュリティ関連アプリケーションでのレーダーの使用が増えるとともに、レーダーコンポーネントの品質要件も高度化しています。R&S®SMW200Aなどの当社の信号発生器は、さまざまな種類のレーダー信号をシミュレートでき、新しい世界の発見に役立ちます。これにより、レーダーの干渉イミュニティをラボで検証して、必要な場合、アルゴリズムを調整したり、対策を取ったりすることができます。」

ローデ・シュワルツ、自動車産業担当、Andreas Reil

次は何ですか。

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

ありがとうございます。

ローデ・シュワルツ・チーム

Leider ist bei der Übermittlung der Daten ein Fehler aufgetreten. Bitte versuchen Sie es zu einem späteren Zeitpunkt erneut.

Ihr Rohde & Schwarz-Team