無線接続
無線接続

無線接続

ストリーミングビデオ/オーディオ品質テスト

インフォテイメントシステムでは、モバイルデバイス、インターネット、高度なテレマティクスシステムのみならず、Bluetooth®やWi-Fiなどのノンセルラーテクノロジーへの接続の重要性が増しています。エンドユーザーは、無線でフィールドからのフィードバックや重要なファームウェアアップデートを入手できる高速で信頼性の高いデバイス接続、ハンズフリー通話装置、テレマティクスシステムを期待しています。

無線通信

車内ではさまざまな種類の規格が共存しています。テレマティクスユニットには、LTE-A、3G、無線LAN、Bluetooth®などの複数のRFシステムを内蔵することができます。このような閉鎖的な環境で複数の通信規格を同時に使用した場合、品質の問題、データレートの低下、さらには完全な故障などが生じます。安定した性能を検証するには、再現性の高い実環境のテストシナリオが必要とされます。

バッテリー寿命テスト

今までになく接続されているECUの数が増加している状況では、どれだけ電力が消費さるのかを把握する必要があります。重要な領域として、例えば、インフォテインメント/テレマティクスユニットのモニタリングによるアイドルタイム中のデータアクティビティの把握、インフォテインメントシステム上で動作しているアプリケーションのモニタリング、衝突後にeCall/ERA-Glonassモジュールで動作するバッテリー寿命の把握などがあります。ローデ・シュワルツの電子計測ソリューションでは、このようなシナリオのエミュレート、テスト、解析が可能です。

規格に完全準拠

EN 300 328およびEN 301 893には、2.4 GHz/5 GHzの周波数バンドで動作する無線デバイスの無線機器指令(RED)を元とする関連テストケースが多く記述されています。このようなデバイスは通常、Wi-FiまたはBluetooth®のトランシーバーで、最新の車載用インフォテインメントシステムに広く見られるものです。

EN 301 908-13およびEN 301 511では、LTE UE E-UTRA周波数バンドやGSM周波数バンドで動作するデバイス向けの多様なテスト要件が指定されています。

Tier 2チップセットメーカー、Tier 1モジュールメーカー、OEMは、ローデ・シュワルツの電子計測ソリューションを使用して、自社の製品やコンポーネントがこれらの規格に適合しているかどうかをテストできます。

弊社のソリューションの利点

  • 時間の節約:セルラー/非セルラー規格の同時測定
  • 効率的:実環境テストシナリオのシミュレーション
  • フルサポート:オーディオ/ビデオ伝送に関連するコーデックおよびプロファイルをサポート
  • 品質: 高精度のジェネレーターからの非常に正確なデータ

詳細については、カタログ『Driving tomorrow's mobility』を参照してください。

関連製品

補足情報

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

ありがとうございます。

ローデ・シュワルツ・チーム

Leider ist bei der Übermittlung der Daten ein Fehler aufgetreten. Bitte versuchen Sie es zu einem späteren Zeitpunkt erneut.

Ihr Rohde & Schwarz-Team