DevOps

DevOps

コラボレーション型開発へのセキュリティーの統合

DevOpsとは文字どおり、ソフトウェア開発(Dev)とソフトウェア運用(Ops)をシームレスに統合することを意図したものです。DevOpsムーブメントの大きな特徴は、リリース、デプロイメント、運用、モニタリングなど、ソフトウェア開発のすべての段階で自動化とモニタリングが強く提唱されていることです。DevOpsでは、定義されたビジネス目標に合わせた形で、開発期間を短縮し、デプロイメントの頻度を向上させ、リリースの信頼性を高めることを目標にしています。DevOpsの導入が広がるにつれて、セキュリティー上の懸念も広がります。これは、ワークフローのアジャイル化が進むことで、一般にセキュリティープロセスに沿って行われる広範なプランニングや監査に費やす時間的余裕がなくなるためです。セキュリティーを犠牲にすることなく、ビジネスに役立つDevOpsの利点を活かすには、従来のセキュリティー対策を根本的に見直す必要があります。

課題

DevOpsを実践している企業からは、市場投入までの期間短縮、顧客満足度の改善、製品品質の向上、生産性向上、および効率化といった大きな利点が報告されています。DevOpsムーブメントは、最終顧客への迅速な価値提供を可能にするものですが、セキュリティー体制のさらなる強化が求められます。DevOpsに取り組むことは、開発プロセスやデリバリプロセスでのチーム間の連携に変革をもたらし、企業の文化を変えることになります。セキュリティープロフェッショナルは、DevOpsのアプローチにより、概念定義、本番移行、運用などのアプリケーションライフサイクル全体を通じて、セキュリティーの定義、実装、および保証に関して、開発チームおよび運用チームの双方とこれまで以上に密接に連携する機会を得ることができます。これらのグループが連携して業務を行うことは、企業でのDevOps導入における大きな課題ですが、DevOps導入の成否を分ける極めて重要なものでもあります。DevOpsのデプロイメントプロセスにセキュリティーを統合することで、ソフトウェアをよりセキュアなものにし、サイバー攻撃から防御することが可能になります。新たな脆弱性、新たな悪用、および新たな構成上の課題など、セキュリティー上の問題は次から次へと現れます。アプリケーションには、セキュリティーをコードレベルで組み込む必要があります。同時に、欠陥を継続的に見つけ出し、悪用される前に自動的に欠陥を除去することで、攻撃を阻止することも必要です。セキュリティーチームは、DevOpsプロセスのアジリティを損なうことなく、コーディング、配備、または運用の段階で、DevOpsプロセスにいつでもセキュリティーを導入できる必要があります。

弊社のソリューションの利点

弊社のクラウドサービスおよびオンプレミスアプライアンスは、安全なデジタル環境の実現を目指しており、ソフトウェア開発ライフサイクル全体を通じて、セキュリティーチームとDevOpsチームの業務を簡素化します。弊社のソリューションは、脆弱性を見つけ出し、優先順位を付けて、パッチを適用するのに役立ちます。ユーザーがどこからアクセスするか、アプリケーションがどこに置かれているかに関係なく、アプリケーションへのユーザーアクセスも簡素化されセキュリティーも強化されます。また、コンテキストでのユーザーの振る舞いを評価して適切に対応することで、ウェブアプリケーション、API、およびウェブサービスを利用したモバイルアプリを標的にした攻撃を阻止できます。DevOpsのアプローチでは、本番環境を定義するのにオーケストレーションや自動化に大きく依存することになりますが、これにより、運用環境のテンポを維持したままセキュリティーに注意を払うことが可能になります。オーケストレーションや自動化への依存がなければ、非常に複雑で達成が困難になる可能性があります。

  • Web Application Firewallは、アプリケーションで使用されているAPIで生じる脆弱性や欠陥から侵入しようとする攻撃を検出します。
  • Vulnerability Managerは、アプリケーションのスキャンを行い、効率的な対処を実現します。

関連製品

Further information

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.