車載イーサネット、および各種バスシステム

車載イーサネット、および各種バスシステム

車載通信ネットワーク:車載イーサネット、および各種バスシステム

一般的な自動車の内部では、100個以上の電子制御ユニット(ECU)が、ブレーキ、トランスミッション、エンジン、A/C、ステアリング、カメラ、レーダー、音響センサ、携帯電話およびそれ以外の無線通信などを制御しています。

ECUは、Controller Area Network(CAN)、Media Oriented Systems Transport(MOST)、Local Interconnect Network(LIN)、FlexRayなどのバスを通じて互いに通信します。

自動車メーカーやティア1部品メーカーは、複雑さを減らし、コスト効率を高めるため、このような多種類のバスタイプの混在を避けて、データスループットの高速化、レイテンシの短縮、軽量化を実現する、より統一的な方式に移行しようとしています。

ローデ・シュワルツでは、次のような最先端のテストソリューションを提供しています。

  • CAN、CAN-FD、LIN、FlexRay、CXPI、SENTのトリガ/デコード機能
  • 車載イーサネット(100BASE-T1、1000BASE-T1、2.5GBASE-T1)用コンプライアンステスト
  • EMIデバッグ機能

詳細については、カタログ『Driving tomorrow's mobility』を参照してください。

車載イーサネット、および各種バスシステムソリューション

弊社の専門技術者

Flemming-Ernst-Rohde-Schwarz_6522_03.jpg
Ernst Flemming博士

車載イーサネットはすでに自動車に広く採用されています。業界では、OPEN Allianceで固有のコンプライアンステストが定義されています。当社では、メーカー、ティア1企業、テストハウスで広く採用されている100BASE-T1および1000BASE-T1用のコンプライアンス・テスト・ソリューション一式を提供しています。100BASE-T1用の新しいトリガ/デコードソリューションにより、車載イーサネットのデバッグを、従来のCANバスと同じ方法で行えるようになりました。

ローデ・シュワルツ、オシロスコープ・プロダクト・マネージャー、Ernst Flemming博士

補足情報

  • Triggering-and-decoding-100Base-1000Base-T1-automotive-ethernet
    情報を常に入手する

    車載イーサネットのテストに関するすべてを5分間で解説します。R&S®RTO2064を使用して、トリガ/デコードを含む100BASE-T1および1000BASE-T1のコンプライアンステストを行う方法を説明します。

  • オートモーティブ関連ウェビナー/ビデオセンター

    オートモーティブ・メディアセンターで、これまでのイーサネット/バスシステム関連ウェビナーをご覧になれます。

    詳しくは

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

ありがとうございます。

ローデ・シュワルツ・チーム

Leider ist bei der Übermittlung der Daten ein Fehler aufgetreten. Bitte versuchen Sie es zu einem späteren Zeitpunkt erneut.

Ihr Rohde & Schwarz-Team