Applications & White Papers for GSM / GPRS / EDGE Evolution / VAMOS

  • R&S®SMW200Aベクトル信号発生器とR&S®FSWシグナル・スペクトラム・アナライザを組み合わせることにより、エンベロープトラッキングとデジタルプリディストーションを含む、高速でシンプルなパワーアンプのテストが可能になり、複雑なテストセットアップが不要になります。

  • このアプリケーション・ノートでは、R&S®UPVまたはR&S®UPV66 オーディオ・アナライザでのPESQ、POLQA、遅延測定でのレベル調整、試験の自動化、レポート作成に対応したアプリケーション・プログラムについて説明します。

  • IPトラフィック解析とプロトコル統計機能を持つ統合されたエンドツーエンドのデータソリューションにより、IoTおよびモバイルデバイスから発生するデータトラフィックの詳細な解析が可能です。

  • このアプリケーション・ノートでは、R&S®FSWのマルチスタンダード無線アナライザ機能を紹介し、マルチスタンダード無線トランスミッタでの測定の実行方法について説明します。異なる複数のセルラ規格の信号が共存することによって生じる相互の影響を明らかにし、根本原因を特定します。3種類の無線アクセス技術(GSM/W-CDMA/LTE FDD)で構成される基地局信号の例を用いて、相互の影響を容易に識別する方法を示します。R&S®FSWは、広い帯域幅と柔軟性の高いマルチスタンダード無線アナライザが1台の測定器で利用できるトラブルシューティング作業に最適なツールです。

  • 3GPPリリース9技術仕様(TS)37.141では、マルチスタンダード無線基地局のコンフォーマンステストをカバーしています。マルチスタンダード無線には、GSM、W-CDMA、TD-SCDMA、LTEの4つのモバイル通信用規格が含まれます。このアプリケーション・ノートでは、マルチスタンダード無線基地局の概要と、ローデ・シュワルツの信号発生器およびローデ・シュワルツのシグナル・スペクトラム・アナライザに基づいたトランスミッタおよびレシーバ・テスト用ソリューションについて説明します。

  • R&S®CMW500R&S®SMBV100Aは、eCallおよびERA-Glonass移動体モデムとそのGNSS受信機の自動車型式認可試験を(EU)2017/79規制に準拠して行うのに最適な組み合わせです。

  • 既存のGSMモバイル通信システムでは、3GPP(3rd Generation Partnership Project)のGERAN(GSM/EDGE Radio Access Network)リリース9仕様で規定されたVAMOS(Voice services over Adaptive Multi-user channels on One Slot)機能を追加することで、音声容量を倍増させることができます。このアプリケーション・ノートでは、エア・インタフェースの観点からVAMOS機能について詳しく説明します。また、ローデ・シュワルツのテスト機器で提供されるVAMOSテスト・ソリューションについても具体的に説明します。

  • 現代のモバイル通信規格では、静的なテストだけでなく、フェージング条件下や、場合によっては相加性白色ガウシアン・ノイズ(AWGN)がある条件下でも測定を行うことが求められます。ローデ・シュワルツは、R&S®CMU200 無線通信テスタとR&S®SMU200AまたはR&S®AMU200A ベクトル/ベースバンド信号発生器およびフェージング・シミュレータを組み合わせることで、これらのテストをサポートしています。フェージングやノイズを加えると、信号のクレスト・ファクタが顕著に上昇します。そのため、ローデ・シュワルツのベースバンド・フェーダ内の自動経路減衰器により、I/Qフルスケールで信号のピークがクリッピングされないようになっています。ただし、ベースバンドに減衰器を追加すると、RF出力が意図したレベルを下回ってしまいます。このアプリケーション・ノートでは、テスト・セットアップを変更したり、追加機器を使用したりすることなく、I/Q減衰量を補うことで、高確度のRF出力レベルを達成する方法を示します。

  • R&S®NRPViewは、R&S®NRPツールキットと共に提供されるPower Viewer Plusソフトウェアに置き換えられました。
    R&S®NRPツールキットをダウンロードするには、以下のリンクを使用してください。

    NRP-ツールキット

  • ポーラ変調は、I/Q変調器を使用するのではなく、位相変調と振幅変調を組み合わせてデジタル変調を実現する方式です。この手法は、モバイル通信で重要性が高まっています。このアプリケーション・ノートでは、R&S®SMU200A ベクトル信号発生器を使用してポーラ変調を生成する方法について説明します。

  • ローデ・シュワルツのドライブ・テスト・ソリューションは、便利なデータエクスポート機能を備え、無線ネットワークの性能をGoogle Earth上で可視化できます。

More About GSM / GPRS / EDGE Evolution / VAMOS

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

お問い合わせフォーム

質問を入力してください。

当社からの連絡方法を指定してください。
問い合わせ先

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
マーケティング・パーミッション
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
*必須項目
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

情報をリクエストする
トピック: GSM / EGPRS / EDGE Evolution / VAMOS

質問を入力してください。
問い合わせ先

当社からの連絡方法を指定してください。

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
詳細


マーケティング・パーミッション
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
*必須項目
International Website