SON - 自己組織化ネットワーク

自己組織化ネットワーク (SON) は、モバイル通信ネットワークの計画、構成、管理、最適化、回復を簡素化および高速化します。LTE および LTE-Advanced ベースのネットワークはこの機能強化を利用する最初のセルラ技術です。SON は分散型、集中型、ハイブリッド型などのさまざまなアーキテクチャに組み込まれ、自己構成、自己最適化、自己回復の 3 つの機能カテゴリに細分されます。

既存のネットワーク展開に追加される基地局やセルは、「プラグ・アンド・プレイ」の原理 (自己構成) に従って自己構成される必要があります。通常はネットワーク事業者が手動で構成するパラメータが、測定対象の無線条件に基づいて自動的に設定される必要があります。さらに、すでに展開されている基地局が、ネットワーク負荷とパフォーマンスに加えて、測定およびレポートされた無線条件に基づくパラメータを適用して、自己最適化される必要があります (自己最適化)。自己回復機能は機器の機能停止などシステム容量の一時的なボトルネックの克服を目的としています。

「自己構成」カテゴリ関連で最初に標準化された SON 機能の 1 つが ANR (automatic neighbor relation) です。ANR は隣接セル関係の管理を自動化し、時間のかかる手動設定を置き換えることで、設定に必要な時間を大幅に短縮します。ANR では検出され、 LTE ネットワークで送信される隣接リストに含まれないセルをレポートするモバイル端末の機能を利用します。現在のサービス・プロバイダは、異なる周波数帯、一般的には高周波数帯と低周波数帯を併用して LTE ネットワークを運用しており、これらが重複してさまざまな隣接セル・シナリオを形成するため、このデバイス機能には集中的なテストが必要です。さらに、異種混合ネットワーク (HetNet) 展開戦略への移行の一環として、フェムトセルやピコセルなどの小規模セルの大規模展開が見込まれることも ANR 機能を後押しします。なぜなら、隣接関係の手動管理が不可能ではないにしてもさらに困難になるからです。

SON – 自己組織化ネットワークのリソース

SON – 自己組織化ネットワークの製品

  • R&S®CMW Platform
    • CMWcards はグラフィカルなテスト・スクリプト・ツールで、テスト・スクリプトの作成を非常に簡単に行うことができる
    • いろいろな場所にリンクするウィザードとクリアな「カードゲームのルール」
    • テスト・スクリプト作成、パラメータ化、実行、解析を 1 つのツールで実行
    • LTE、WCDMA、GSM、CDMA®2000® の RAT 間手順
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

情報をリクエストする
トピック: LTE / LTE-Advanced

質問を入力してください。
問い合わせ先

当社からの連絡方法を指定してください。

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
詳細


マーケティング・パーミッション
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
*必須項目
International Website