LTE における WLAN トラフィック・オフロード

最新のセルラ方式携帯電話では、WLAN は不可欠です。しかし、今日の実装ではセルラ規格と WLAN が完全に独立しています。インターネットへは、LTE と接続された次世代パケット・コア (EPC) を経由してアクセスするか、WLAN を利用して直接アクセスします。アクセス・テクノロジの切り替えは手動で行われ、個別の認証が必要になります。新しい接続が確立されると IP プロトコル・スタックがクリアされるため、サービスの継続性がサポートされません。

ユーザ機器 (UE) が WLAN インタフェース経由で直接 EPC にアクセスできる方法で両方のテクノロジを統合する仕様は現在作成中です。これにより、3GPP と WLAN の間でサービスがシームレスに移行でき、ユーザがシステム間の切り換えを感じることなく、進行中のセッションを継続利用できるようになります。この統合が実現すると UE が自動的に最適なアクセス・テクノロジを選択できるため、カバレッジが拡大します。WLAN ネットワークで幅広く使用されている手動認証は、USIM カード認証情報による 3GPP AAA サーバ経由のシームレスな自動認証に置き換えられます。また、トラフィックが多いときのエア・インタフェースに対するセルラ・ネットワーク負荷を軽減できます。

このようなオフロードを実装するため、信頼できるアクセスの場合にはWLAN システムによる直接接続で、また信頼できないアクセスの場合には追加ノードの ePDG を経由して PDN-GW に接続します。ePDG は完全な EPC ネットワーク事業者制御下にあるため、必要なセキュリティ機能をすべて用意することができます。信頼できるアクセスと、信頼できないアクセスの違いは、主にビジネス上の判断によるもので、テクノロジによるものではありません。その使用は、モバイル・ネットワーク事業者と WLAN ネットワーク事業者のビジネス関係に依存します。

現在の仕様では、オフロード決定は UE によって行われ、オプションでアクセス・ネットワーク探索および選択機能 (ANDSF) が使用されます。ANDSF はシステム間モビリティとのルーティング、およびアクセス・ネットワーク探索に関するポリシーを UE に提供します。3GPP RAN の調査では、オフロード制御のネットワークへの移行の可能性が検討されており、これにより事業者は最適な接続品質を提供できるようになります。ローデ・シュワルツはこの開発を緊密にフォローしており、各ステップで高機能な電子計測ソリューションを提供します。

LTE における WLAN トラフィック・オフロードのリソース

LTE における WLAN トラフィック・オフロードの製品

  • R&S®CMW Platform
    • GSM、UMTS/HSPA+、CDMA2000®、LTE、および関連する RAT 間メッセージをサポートする、無線デバイスのエア・インタフェース・テスト用汎用テスタ
    • WLAN 信号と LTE 信号を 1 台で同時提供
    • LTE および WLAN へのアクセスによる IP プロトコル・スタック・エミュレーション
    • 内部 IMS サーバおよび外部 IMS サーバ接続用インタフェース
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

情報をリクエストする
トピック: LTE / LTE-Advanced

質問を入力してください。
問い合わせ先

当社からの連絡方法を指定してください。

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
詳細


マーケティング・パーミッション
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
*必須項目
International Website