LTE の位置測定手法およびターミナル・レシーバのテスト方法

2011 年 12 月 8 日からのローデ・シュワルツ LTE ウェビナー

LTE リリース 9 では、次世代 MBMS (eMBMS)、2 重層ビーム形成 (伝送モード 8)、位置測定のサポートなど、いくつかの新機能が LTE に追加されました。ネットワークベースの位置推定をサポートするため、位置測定基準信号 (PRS) と呼ばれる新しい基準信号が導入されました。このウェビナーでは、アシスト型 GPS (A-GPS) に加えて LTE でサポートされるさまざまな位置測定手法の技術背景について説明します。これには、PRS などの 観測到達時間差 (OTDOA) ベースの手法や拡張セル ID ベースの位置測定などがあります。また、LTE 対応ターミナルの新しいテスト要件に関する洞察を示し、ローデ・シュワルツが開発した関連テスト・ソリューションを発表します。

ビデオを再生
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

情報をリクエストする
トピック: LTE / LTE-Advanced

質問を入力してください。
問い合わせ先

当社からの連絡方法を指定してください。

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
詳細


マーケティング・パーミッション
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
*必須項目
International Website