IMS に基づく VoLTE:フィールドで音声品質を確保する方法

2015 年 4 月 15 日からのローデ・シュワルツ・ウェビナー

LTE ネットワークは、音声サービスをサポートするために従来から使用されている回線交換ドメインを除き、すべて IP ベースです。多くのネットワークは今でも CSFB 機能、つまり呼を確立するために LTE から 2G または 3G へフォールバックして、LTE の音声をサポートしています。概念実証が合格となり、現在は IP マルチメディア・サブシステム (IMS) に基づく voice over LTE (VoLTE) の商用前段階に移行しています。音声サービスはいまだに収益の大きな割合を占めるため、これは重要な段階です。音声サービス品質レベルの維持と向上は、このように競争の激しい市場において重要な差別化要因です。。このウェビナーでは VoLTE (IMS に基づく) の技術背景を示し、実際のネットワークで音声品質を測定する方法について説明します。また、無線状態や IP 障害 (ジッタや音声遅延など) の音声品質への影響についても説明します。VoLTE に関するフィールド・テストに焦点を置きます。ラボにおける VoLTE テストの機能についても少し説明します。

学習内容:


  • IMS に基づく VoLTE の背景テクノロジ
  • フィールドでのエンドユーザの体感性を定量化する場合における主な課題
  • 無線状況および IP 障害によって生じる音声品質 (MOS) への影響

ビデオを再生
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

情報をリクエストする
トピック: LTE / LTE-Advanced

質問を入力してください。
問い合わせ先

当社からの連絡方法を指定してください。

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
詳細


マーケティング・パーミッション
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
*必須項目
International Website