IEEE 802.11ac PHY 試験

IEEE 802.11ac 修正により IEEE 802.11 のデータ・スループットが大幅に向上し、無線ネットワークの性能が有線ネットワークの性能と同等になります。293 Mbit/s (必須機能使用)と、最大 6.9 Gbit/s (オプション機能全て使用)のデータ・レートが可能です。下の表は、11ac の必須 PHY 層とオプション PHY 層のプロパティの概要です。

プロパティ 必須 オプション
20 MHz、40 MHz、80 MHz のチャネル x  
1 空間ストリーム x  
BPSK、QPSK、16QAM、64QAM x  
256QAM   x
80+80 MHz の連続チャネルおよび非連続チャネル、
160 MHz のチャネル
 
x
2 ~ 8 空間ストリーム   x
マルチユーザ MIMO(MU-MIMO)   x
400 ns のショート・ガード・インターバル   x
時空間ブロック・コーディング(STBC)   x
低密度パリティ検査(LDPC)   x

困難な IEEE 802.11ac 機能を試験するには、これらの機能をサポートするだけでなく、試験機器の要件よりもさらに上回る高性能を提供する試験機器が必要です。ローデ・シュワルツは、IEEE 802.11ac WLAN 試験エンジニアのニーズを満たすさまざまな電子計測器を提供しています。

WLAN IEEE 802.11ac 受信機試験

受信機と部品の試験には、歪が非常に小さいリファレンス信号が必要です。ローデ・シュワルツは、IEEE 802.11ac に準拠し、80 + 80 MHz の帯域幅と 160 MHz の最大帯域幅をサポートする波形生成を可能にする 2 つのベクトル信号発生器を提供しています。新しい R&S®SMW200A は、160 MHz の帯域幅で EVM が –49 dB および 0.05 dB の周波数応答の信号品質の要求が最も高いハイエンド・ベクトル信号発生器です。R&S®SMBV100A は、コンパクトな形状で 160 MHz の帯域幅を提供する初めてのミッドクラスのベクトル信号発生器です。どちらの機器も、設定が容易ですべての主要な WLAN IEEE 802.11 規格の同時信号生成が可能なフレーム・ブロック・シーケンサを搭載しています。これは複数の IEEE 802.11 規格をサポートする DUT を試験する場合に特に便利です。

IEEE 802.11ac 送信機試験

送信機試験では、ACLR やスプリアス放射などのスペクトラム測定に加えて、変調精度(EVM など)および信号内容の解析が必要です。ローデ・シュワルツのシグナル・スペクトラム・アナライザ(R&S®FSV、R&S®FSW など)は、両方のタスクを容易かつ正確に実行するために 160 MHz の復調帯域幅を提供します。大型のタッチスクリーンを用いて信号の設定をすばやく簡単に行うことができ、わかりやすく配列された総合的な測定結果が表示されます。

R&S®FSW ハイエンド・スペクトラム・アナライザは抜群のパフォーマンスを備えており、DUT の特性評価で必要な正確な信号解析を行うことができます。160 MHz の帯域幅と 256QAM 変調で、残余 EVM はわずか –47 dB です。適合性試験と検証試験では、高速なスペクトラム・アナライザを用いた高速測定が可能になります。1 つのフレームの EVM 値は約 35 ms で取得できます。

R&S®FSVは、160 MHz の復調帯域幅を持つミッドクラス・スペクトラム・アナライザを、R&D および製造における送信機と部品の試験のコスト・パフォーマンスの高い機器として、ローデ・シュワルツより最初に提供されました。

IEEE 802.11ac のリソース

IEEE 802.11ac を特色とした製品

  • R&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザ
    • 160 MHz の復調帯域幅
    • –45 dB 未満の非常に小さい残余 EVM
    • 高速な切り替えと測定時間
    • R&D および検証のための並ぶもののないダイナミック・レンジを備えたハイエンド機器
  • R&S®FSV シグナル・スペクトラム・アナライザ
    • 160 MHz の復調帯域幅
    • 高速な切り替えと測定時間
    • 生産時の送信機試験とコンポーネント試験に最適なミッドクラス機器
  • R&S®SMW200A ベクトル信号発生器
    • 20 MHz、40 MHz、80 MHz、80+80 MHz、および 160 MHz のモード
    • 単一機器で連続および非連続の 80+80 MHz 信号生成
    • レガシー(11a/b/g)、11n、または 11ac のフレーム(異なる設定およびデータ転送速度)を切り替えるフレーム・ブロック・シーケンサ
    • 最大 8 つの伝送アンテナを備えた MIMO モード
  • R&S®SMBV100A ベクトル信号発生器
    • 20 MHz、40 MHz、80 MHz、80+80 MHz、および 160 MHz のモード
    • レガシー(11a/b/g)、11n、または 11ac のフレーム(異なる設定およびデータ転送速度)を切り替えるフレーム・ブロック・シーケンサ
    • 最大 8 つの伝送アンテナを備えた MIMO モード
  • R&S®CMW Platform
    • 信号生成および解析(SISO)
    • 2 つの無線機器を同時に試験するためのデュアルテスタ構成
    • セルラ規格および非セルラ規格をワンボックスでサポート。共存試験などに最適
  • R&S®TS8997
    • ヨーロッパ市場向けの R&TTE 指令で要求される ETSI EN 300 328 v1.8.1 および ETSI EN 301 893 v1.7.1 に準拠した測定
    • 2.4 GHz 帯域および 5 GHz 帯域のサポート
    • 最大 4 つのアンテナ・ポートを備えた MIMO のサポート

ローデ・シュワルツの計測器は、WLAN、その他の非セルラ規格、およびすべての主要なセルラ規格をワンボックスでサポートするマルチ・スタンダード・プラットフォームをベースに基づいています。

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

情報をリクエストする
トピック: WLAN / Wi-Fi

質問を入力してください。
問い合わせ先

当社からの連絡方法を指定してください。

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
詳細


マーケティング・パーミッション
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
*必須項目
International Website