ワイヤレス・ギガビット – IEEE 802.11ad

60 GHz 伝送テクノロジは、60 GHz のアンライセンス周波数帯で利用できる 7 GHz の帯域幅を活用することを目的とした非常に新しい無線通信コンセプトです。このテクノロジ独特の特性は、業界で特に関心を集めています。この高周波数範囲の主な利点は、データ転送や非圧縮音声 (A/V) 送信などの高速データおよび短距離通信アプリケーションが可能であることです。最大 10 m の距離で 1 Gbit/s を超えるデータ・レートを実現可能です。

これらの高速データは、周波数が連続しており電力制限が少ない 60 GHz バンドの帯域幅を利用できることによって実現できます。さらに、高い経路損失によって屋内環境での周波数再利用の向上が可能です。また、ミリ波という短い波長により、複数のアンテナ・ソリューションを搭載した、非常に小型の無線機を使用したビームフォーミングおよびビーム・ステアリングが可能になるため、チャネル容量が向上し、NLOS 通信もサポートできるようになりました。

Wireless Gigabit Alliance (WiGig) は、2009 年末に新しい仕様の最初のバージョンを作成しました。WiGig はその後 IEEE 802.11ad グループと協力して、60 GHz バンドでの WLAN 運用を可能にするために、広く知られる IEEE 802.11 WLAN 仕様の修正を作成しました。この修正は 2012 年に確定されました。

フォーラム 状況 最大データ・レート 注記
IEEE 802.11ad PAR 承認済み、リリース:2012 年 12 月 > 6.8 Gbit/s
  • 60 GHz バンドの WLAN
  • 60 GHz および 2.4 GHz/5 GHz の間の高速セッション転送
Wireless Gigabit Alliance (WiGig) IEEE 802.11ad
による
共通標準化
 
  • 相互運用可能な高性能デバイス (CE、PC、IC、ハンドヘルド機器) のグローバル無線エコシステム
  • 60 GHz バンドのマルチギガビット速度無線通信

ワイヤレス・ギガビット – IEEE 802.11ad のリソース

ワイヤレス・ギガビット – IEEE 802.11ad の主要製品

ローデ・シュワルツは、同軸入力で 85 GHz までの幅広い周波数範囲をカバーする独自の包括的なテスト・ソリューションを提供しています。このため、これらのテスト・ソリューションは 60 GHz バンド・テクノロジに非常に適しています。

  • R&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザ
    • 2 Hz85 GHz の周波数範囲を基本波ミキシングでカバーする、世界初のスペクトラム・アナライザ
    • 外部ハーモニック・ミキサによる複雑な設定なしで 85 GHz までの測定が可能
    • 60 GHz でのノイズ・フロア:
      プリアンプなし:通常 – 129 dBm
      プリアンプ・オン時:通常 - 152 dBm
    • シンプルなテスト設定、レベル測定の不確実が改善され、そして外部ハーモニック・ミキサからのイメージ・レスポンスの影響を受けないクリアな画面表示。
    • 最大 320 MHz / 500 MHz / 2 GHz の解析帯域幅
    • 160 MHz 帯域幅のリアルタイム・オプション
  • R&S®ZVA ベクトル・ネットワーク・アナライザ
    • 67 GHz までの同軸測定と 70 GHz までのオーバレンジ – 特に RF デバイス・メーカに最適
    • 業界で唯一の 4 ポート・ベクトル・ネットワーク・アナライザで、67 GHz をカバーする 4 つの内蔵信号源により、 4 ポートまたはバランス・デバイスの測定に最適
    • 4 つの信号源を独立して使用できるので、相互変調テストやシステム・アプリケーションにおいて高い柔軟性を発揮
    • R&S®ZVA80/110 は周波数範囲をさらに拡張し、それぞれオンウエハ・デバイスの特性評価に不可欠な 10 MHz ~ 80 GHz および 110 GHz の連続スイープを提供
  • R&S®ZVA-Z ミリ波コンバータ
    • ネットワーク・アナライザの周波数範囲を 500 GHz まで拡張
  • R&S®NRP-Z58
    • DC から 110 GHz までの周波数範囲における正確で連続的な平均パワー測定
    • 高速、正確、USB 対応
  • R&S®SMZ 周波数逓倍器
    • ローデ・シュワルツの信号発生器によって作成された信号を、50 GHz から 170 GHz までの周波数範囲に変換
    • 取り扱いが簡単で、正確かつ調整可能な出力レベル
    • 同じ筐体内に取り付けるオプションのアッテネータ
  • R&S®SMF100A マイクロ波信号発生器
    • R&S®SMZ を USB 経由で自動検出し、完全制御できるので、あたかも1台の測定器のように使用可能
    • R&S®SMZ 出力の周波数とターゲット・レベルを R&S®SMF100A で直接入力できので、設定と操作が非常に簡単
    • 追加校正が不要で、これは特に異なる周波数での測定において重要
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

情報をリクエストする
トピック: WLAN / Wi-Fi

質問を入力してください。
問い合わせ先

当社からの連絡方法を指定してください。

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
詳細


マーケティング・パーミッション
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
*必須項目
International Website