ノンセルラーデバイスの製造

無線LAN 802.11a/b/g/n/p/ac/ax、Bluetooth®クラシック(BT/EDR)およびLow Energy(LE)、ZigBee、LR-WPANなどのテクノロジーをサポートする非セルラーデバイスを量産する場合、製造の不具合を検出し、無線機器の期待される品質を実現するため、製造ラインには最適化されたテストセットアップが必要です。これを実現するには、デバイスをノンシグナリングモードでテストします。このモードでは、シーケンサソフトウェアが、非セルラーデバイスによって提供されるさまざまな物理インタフェースを通してチップセットと直接通信を行います。

さまざまな物理インタフェースのデバイスをテストするためのテストセットアップ

R&S®CMWrunは、USB、PCIe、Serial、ADB、SDIO、Telnetなどの物理インタフェースを持つデバイスのテストをサポートします。R&S®CMWrunとR&S®CMW100 マルチポート通信製造テストセットを組み合わせると、製造ラインでTX特性とRX特性をすばやく確認するための、コンパクトでコストパフォーマンスの高いターンキー・テスト・ソリューションが得られます。

非セルラーデバイスのテスト用の製品

  • R&S®CMW100 通信製造テストセット
    • 汎用:IEEE 802.11a/b/g/n/p/ac、BTクラシック(BT/EDR)およびLow Energy(LE)、ZigBee、LR-WPAN、GPSなど、すべての非セルラーテクノロジーを6 GHz未満のバンドでサポート
    • 高いスループット/効率:8つの双方向ポートを使用したマルチDUTテストにより、全体のスループットの向上を実現
    • 高精度:完全自動レベル補正により、非常に正確な測定が可能
    • 環境に配慮:占有面積の小さい省スペース設計、低消費電力
  • R&S®CMWrun シーケンサ・ソフトウェア・ツール
    • チップセット制御機能を内蔵した、同時マルチDUTテスト用のリリース可能なシーケンサツール
    • 異なるタイプの物理インタフェースを持つ被試験デバイスへの通信をサポート
    • 合否判定ステータスが表示された測定レポート
    • カスタムデータベースに保存可能なテスト結果

電源

  • アプリケーションに適した電源を選択可能
  • 低リップルで安定した電圧

高性能かつ正確な高次MIMOテスト

アクセスポイント、ルーター、CPE、IEEE 802.11n/acをサポートするTVセット・トップ・ボックスなどの非セルラーデバイスは、通常、2x2 MIMO、3x3 MIMO、さらに高次のMIMOなど、マルチアンテナ方式を適用します。そのため、製造ラインに新たな課題が加わります。製造ラインでは、すべてのマルチ・アンテナ・ストリームで信号特性の測定に使用するテストリソースと測定リソースを、できるだけ減らすことを目標としているからです。

R&S®CMW100によるIEEE 802.11ac 4x4 MIMOアクセスポイントのswitched MIMOテストセットアップ

R&S®CMW100 マルチポートテスタは、MIMOテストに最適です。各DUTアンテナポートは、テスタ上の個々のRFポートに接続されます。「switched MIMO」モードでは、各アンテナポートが個別に測定され、例えば、各ストリームの変調品質が示されます。このテストセットアップは、複数のDUTをテストするため簡単にスケールアップすることもできます。

R&S®CMW100とR&S®CMWrunを使用したMIMOおよびTXビームフォーミングのマルチDUTテスト

switched MIMOに加えて、R&S®CMW100は、composite MIMO、TXビームフォーミングの校正と検証(暗黙のビームフォーミングをサポートするデバイスの場合に必要)など、その他のMIMOバリアントをサポートします。このソリューションにより、高次MIMO測定に対して最高の確度が得られます。

高次MIMOテスト用の製品

  • R&S®CMW100 通信製造テストセット
    • 将来に対応:6 GHzまでの周波数レンジを備えたマルチテクノロジーソリューション
    • 高いスループット/効率:8つの双方向ポートを使用したマルチDUTテストにより、全体のスループットの向上を実現
    • 高精度:完全自動レベル補正により、非常に正確な測定が可能
    • 環境に配慮:占有面積の小さい省スペース設計、低消費電力
  • R&S®CMWrun シーケンサ・ソフトウェア・ツール
    • 複雑な測定にすぐに使用できるテストプランが保存された、チップセット固有の付属ライブラリ
    • 業界で使用可能なほとんどのチップセットをサポート
    • 合否判定ステータスが表示された測定レポート
    • カスタムデータベースに保存可能なテスト結果

コストパフォーマンスの高い、最終テスト用の合否判定テストソリューション

R&S®NRP パワー・センサとR&S®OSP スイッチングユニットを使用した合否判定テストソリューション

最終アセンブリー後、ノンセルラーデバイスが正しく機能するかをテストで確認する必要があります。これには、DUTのトランスミッターを検証するため、簡単なRFパワー測定を実行できる、コストパフォーマンスの高いソリューションが必要です。

R&S®NRP パワー・センサは、アクセスポイント、ルーターなど、ノンセルラーデバイスから送信される出力パワーの測定に最適です。

R&S®OSP スイッチ・コントロール・プラットフォームは、さまざまなアンテナポート間の高速スイッチングを実現する、速度が最適化されたソリューションです。複数のDUTの同時テストを可能にします。リアルタイムのパワー測定とR&S®OSPの高速スイッチング機能を組み合わせると、非セルラーデバイスが正しく機能するか確認するための、コストパフォーマンスが高く、シンプルなテストセットアップが得られます。

合否判定テスト用の製品

  • R&S®OSP
    • プラグアンドプレイRFスイッチ・コントロール・プラットフォーム
    • さまざまなスイッチングパスを1つのコマンドにより、簡単かつ高い信頼性で、個別に切り替え可能
    • イーサネットインタフェースを備えたATEシステムに簡単に統合可能

パワー・メータおよび電圧計

  • コストパフォーマンスが高く、コンパクト:USBを経由したノートパソコン/PCでの操作
  • DC~110 GHz、-67 dBm~+45 dBmの包括的なポートフォリオ
  • 3パス・ダイオード・パワー・センサにより最大90 dBのダイナミックレンジを実現
  • サーマル・パワー・センサによる最高の精度
  • 最大4つのR&S®NRP-Zxx パワー・センサをR&S®NRP2 ベースユニットに同時に接続可能

5G 注目の技術

ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

お問い合わせフォーム

質問を入力してください。

当社からの連絡方法を指定してください。
問い合わせ先

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
Do not enter data in this field
*必須項目
ありがとうございます。

リクエストは正常に送信されました。

当社より追ってご連絡いたします。

ローデ・シュワルツ・チーム

情報をリクエストする
トピック: 製造/サービス

質問を入力してください。
問い合わせ先

当社からの連絡方法を指定してください。

お名前(ファースト・ネーム)を入力してください。

有効な電子メール・アドレスを入力してください。

会社名を入力してください。

郵便番号を入力してください。

質問を入力してください。

電話番号を入力してください。

国名を入力してください。

市区町村名を入力してください。

住所を入力してください。

番号を入力してください。

(例: 2 階、後方のビル)
詳細


セキュリティ応答コード
show captcha

入力内容が正しくありません。
*必須項目
International Website