Power Electronics

フライバックコンバーターのスナバ回路の検証方法

一般に、既存の電子機器のほとんどは、AC電源入力に接続されているため、AC電圧をより小さなDC電圧に変換する電力変換ステージが必要です。電力網の電圧と周波数は、地域によって異なりますが、 電子機器に十分なDC電力を供給するために、さまざまなタイプのAC/DC変換ステージが存在しています。

50 W未満のパワーレベルでのAC/DC変換では、シンプルで低コストのフライバックコンバーターが一般的に選択されているトポロジーです。民生品のほとんどは、このコンバータータイプ(民生用アプリケーション向けの壁用電源や電源アダプターなど)や、他のタイプのスタンバイ補助電源(生活家電や娯楽家電の製品に使用されるようなタイプ)を使用しています。AC/DCコンバーターアプリケーションでは、入力と出力の間の電気的遮蔽が必須になります。フライバックトポロジーは、このガルバニックバリアを提供します。

フライバックコンバーターの一般的な利点に加えて、本質的に寄生成分を備えているため、通常は、リンギング波形が発生し、電圧スパイクが著しく大きくなります。この不要なリンギングを抑えなければ、スイッチング素子などの他の回路素子に何らかの悪影響を与える可能性があります。このリンギングは、EMIエミッションにも悪影響を及ぼす可能性があります。このため、リンギング効果を十分に抑制/低減することが重要です。この減衰を目的とするダンピング抵抗の回路は、スナバ回路として知られ、この機能を備えています。フライバックコンバーターには、さまざまなスナバ構造を適用できますが、それぞれの構造には利点と欠点があります。

電源トポロジーにスナバ回路を用いる必要があるため、適切で信頼性の高いデザインを実現するために、デザイン過程では特有の検証方法を用います。本書では主に、これらの検証方法に焦点を当てて説明します。

Name
Type
Version
Date
Size
Verification Methods Of Snubber Circuits in Flyback Converters | 1SL363
Type
アプリケーション・ノート
Version
0e
Date
Jun 23, 2021
Size
2 MB
関連ソリューション