クラウドコンピューティングの再考

クラウドコンピューティングの再考

データ交換 – セキュアかつ規制準拠

Rohde & Schwarz

ローデ・シュワルツは、高度な技術的専門知識を有し、業界をリードする独立した企業グループであり、通信、情報、セキュリティーの未来を共に築く、信頼できるパートナーです。

ローデ・シュワルツは、業界、インフラプロバイダー、政府機関のお客様を対象に各種電子資本財の開発、製造、販売にあたっています。この独立の企業グループは、無線通信/RFテストおよび測定、放送/メディア、航空交通管制/軍事用無線通信、サイバーセキュリティー/ネットワークテクノロジーといったすべての事業分野において、テクノロジーとマーケットの両面でリーダーの役割を果たしています。

2019/2020会計年度のローデ・シュワルツの売上高は、25億8,000万ユーロでした。同社のこの大きな成功を支えているのは、70か国以上にわたる12,300人の高い技能を持つ社員たちです。

事業内容

注目ニュース

RTS_Teaser_web.jpg

プレスリリース 7月 12, 2021

ローデ・シュワルツの最新車載レーダーセンサ・テストシステムは、横方向に移動する物体さえもシミュレー ト可能

ローデ・シュワルツの新しいR&S RTSレーダー・テストシステムは、先進運転支援システム(ADAS)の基盤となるレーダーや自動運転車に利用するレーダーセンサについて、完全なOTA(over the air)でテストできる運転シナリオをシミュレートします。このテストソリューションは、新しいR&S AREG800A車載レーダーエコー発生器をバックエンドとし、R&S QAT100アンテナアレイをフロントエンドとして構成されています。現在、側面から近づく物体などの横移動する物体は、アンテナを物理的に移動させてシミュレートしています。これに対し、R&S RTSではフロントエンドにおける個々のアンテナのON/OFを電子的に切り替えることで、そうした物理的運動を置き換えます。自動車に対して横方向に高速に動く物体でも、高い信頼性と再現性でシミュレートできます。またR&S RTSなら、物体の視線速度(ドップラー効果)やサイズ(レーザー反射断面積)について、非常に狭い場合を含め、ユーザーが想定する範囲でシミュレート可能です。さらに、バックエンドのR&S AREG800Aを複数台カスケード接続することで多数の物体も再現できます。現在は実際の路上で行われているテストが、R&S RTSを使えば研究室で行えるため、早い段階からエラーを検出でき、大きなコスト削減になります。

続きを読む

すべての最新ニュースを表示

会社概要

ローデ・シュワルツ・ジャパンのトピック

セミナー&イベント

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、多くのセミナー やイベントを開催・参加しています。最新情報や スケジュールをご確認ください。

詳しくは

ニュース&キャンペーン

ローデ・シュワルツ・ジャパンのニュースやプレ スリリース、キャンペーンなどの最新情報を掲載 しています。

詳しくは

ローカル・ナレッジセンター

ローデ・シュワルツ・ジャパンがお届ける、各種セミナーやイベント、コンテンツなどをご紹介します。

詳しくは