海洋掘削業界向けR&S®VCS-4G

航空交通管制用Voice over IP

VoIP for air traffic control

課題

海洋掘削業界の事業の中心は、油田とガス田の探査と開発です。海岸から沖合の掘削地点までを行き来するヘリコプターは、業界の日常業務で重要な部分を担っています。業界が成功するには、人員と資材を掘削地点にタイムリーに輸送するために、コストパフォーマンスと信頼性の高い航空管制用航空機-地上間通信ソリューションが不可欠です。

通信インフラの作業要員はわずかな人数であるため、設置、運用、保守、拡張の容易な通信インフラが必要です。

ローデ・シュワルツのソリューション

R&S®VCS-4GなどのIPベースの通信インフラを配備することにより、海洋掘削業界の課題に対処することができます。

高いコストパフォーマンス

掘削企業の多くが、データ送信のために既にIPネットワークを使用しています。このIPインフラを音声にも利用することにより、調達、運用、保守に相乗効果が生まれます。

さらに、市販のハードウェアを広範囲に使用できるため、大幅なコスト削減につながります。

操作と保守が容易

市販のITハードウェアを可能な限り使用できるため、独自仕様の機器を使用する場合に必要となる特別なトレーニングやカスタマイズは不要です。さらに、ネットワークインテリジェンス機能の分散により、成長に合わせて投資額を増やすスケーラビリティーがあります。結果的に、システム拡張への投資を、企業に最も有利な形で正確に行うことができます。

信頼性の高い通信

VoIPシステムによって、インテリジェンス機能はネットワークコアからネットワークエッジの周辺機器に移ります。システムの一部で障害が発生しても、他の部分の動作には影響を与えません。この結果、信頼性と可用性が向上します。

実証済みのATC通信ソリューションが使用されるため、EUROCAE ED-137などの関連規格に準拠した信頼性の高いVHF/UHF航空機-地上間通信が実現します。

海洋掘削業界は、R&S®VCS-4GなどのIPベースの音声通信ソリューションを配備することにより、インフラ投資、運用コスト、サービスの有効性の面で大きな利点を得ることができます。

導入例

Petróleos Mexicanos(PEMEX)石油会社(メキシコおよび南米で最大の企業)は、ローデ・シュワルツの通信ソリューションを使用して、海底油井掘削機までの飛行管制と、掘削地点への資材運搬および人員輸送を行っています。

このソリューションの主なコンポーネントは、フルIPベースのR&S®VCS-4G音声通信システムとVoIP対応のR&S®Series4200無線機です。シウダード・デル・カルメンにある管制センターでは、PEMEXのスタッフがこの新しい通信システムを使用してヘリコプターに指令を出し、飛行中のパイロットと常に交信します。管制センターには、6台の管制卓があり、6か所の掘削機には26台の無線機が分散配置されています。非常用として、地上の2か所のステーションにバックアップシステムが設置され、各バックアップシステムには予備の無線機があります。

システムの概要

  • さまざまな場所に配置されたローデ・シュワルツの管制卓
  • R&S®Series4200 VoIP無線機

バックアップ

  • R&S®GV4000T制御ユニット/R&S®GV4000Vオーディオユニット
  • R&S®Series4200 VoIP無線機

システム統合は、メキシコのシステムインテグレーターが行いました。

Rohde & Schwarz VoIP voice communications system for the Petroleos Mexicanos (PEMEX) oil company
Rohde & Schwarz VoIP voice communications system for the Petroleos Mexicanos (PEMEX) oil company

関連ソリューション