Lorem ipsum

ローデ・シュワルツのウェビナー

Date
受講形式

オンデマンド

今すぐ登録
国
場所

オンライン

Info
Info

言語:英語
トレーニング担当者:Dr. Ernst Flemming、Dr. Nik Dimitrakopoulos(ローデ・シュワルツ)

ウェビナー:1000BASE-T1車載イーサネット・コンプライアンステスト

ウェビナー:1000BASE-T1車載イーサネット・コンプライアンステスト

このウェビナーでは、物理層のOpen Alliance(OA)TC8仕様に基づいた1000BASE-T1車載イーサネット・コンプライアンステストに的を絞って説明します。1000BASE-T1の個々のテストケースを説明し、テストのセットアップ中や実行中にエンジニアが陥りがちな落とし穴を紹介します。

このビデオでは、2 GHzのR&S®RTO オシロスコープ、8 GHzのR&S®ZND 2ポートVNA、R&S®ScopeSuite 自動化テストソフトウェアを使用しています。

今すぐ登録して、この無料ウェビナーをご覧ください。

このウェビナーでは、以下について説明します。

  • 産業用イーサネットと車載イーサネットの違い
  • OA TC8規格に基づく、1000BASE-T1コンプライアンステストのためのDUTのセットアップ
  • OA TC8規格で使用されるさまざまなDUTテストモード
  • テストツールおよびレポート作成ツールの使用方法
  • セットアップ中やテスト実行中の落とし穴

内容

  • 1000BASE-T1コンプライアンステストの詳細の説明
  • テストセットアップ中の落とし穴の説明
  • テストツールおよびレポート作成ツールの使用方法のデモ

対象者

  • 以下のような分野で車載イーサネットを扱うエンジニア:
  • OEM
  • Tier1/2サプライヤ
  • テストハウス
  • システムインテグレーター