Software Defined Radios

Software Defined Radios

Software Defined Radios from Rohde & Schwarz

Reliable, safe and secure communications anywhere, anytime

Rohde & Schwarz software defined radios (SDR) are used in fixed and mobile ground stations, towers, vehicles, ships, aircraft and even in highly mobile handheld applications. The wide portfolio range includes SDR systems in different power classes with useful options, accessories and auxiliary equipment.

The software defined radios have excellent RF characteristics, even under harsh environmental conditions and comply with common military and civil communications standards. The customized multiband, multimodal, multirole radio systems enable reliable, safe and secure communications 24/7.

Together with innovative IP capable waveforms, software defined radios cover use cases such as clear voice communications for air traffic control (ATC), secure data transmission for situational awareness as well as governmental and military command and control scenarios. They are available in VHF/UHF and in the HF range for line-of-sight (LOS) or beyond LOS (BLOS) communications.

Software defined radios from Rohde & Schwarz are available under the SOVERON® brand for military applications and the CERTIUM® brand for civilian applications.

SOVERON® radios, Application Image

SOVERON® RADIOS

  • HF, VHF/UHF radios in different power classes
  • In line with civil and military standards
  • Wide portfolio from handheld, via mobile to fixed applications
  • Multi-Waveform capable
  • Embedded encryption (optional)
R&S®CERTIUM® radios

CERTIUM® RADIOS

  • Full stack with VHF, UHF and HF radios
  • Compliant to ED-137
  • More than 35 years experience in the ATC radio market
  • More than 60,000 sold ATC radios around the globe
  • Voice and data communications

Solution for:

Army communications

More information

Airforce communications

More information

Naval communications

More information

ATC communications

More information

Software Defined Radios FAQs

How do software-defined radios work?

Software-defined radio (SDR) is a combination of hardware and software technologies that make it possible to implement reconfigurable system architectures for radio devices and user terminals in wireless networks. In an SDR, some of the radio functions typically implemented in hardware are converted into software. The basic premise of an SDR as a wireless communication system is its ability to reconfigure by changing the software used to implement functions typically done by hardware in a conventional radio.

What is a military software-defined radio?

Software-defined radios (SDR) that process classified information are typically architected with a standard red-black separation. Here red is responsible for sensitive information processing and cryptographic functions, while black is responsible for communication stacks and drivers. Both, red and black, are hosted on separate hardware components.

What is the best software-defined radio software?

Software Communications Architecture (SCA) is an open architecture that regulates the interaction of hardware and software in software-defined radios (SDR). Developed by the US military as part of the JTRS program, it was declared a quasi-standard for SDRs.

Why do we need software-defined radios?

To reduce costs in providing end-users with access to universal wireless communications and enabling them to communicate with whomever they need, whenever they need to and in whatever manner is appropriate. Software defined radio (SDR) technology brings the flexibility, cost efficiency and power to drive communications forward, with wide-reaching benefits realized by service providers and product developers through to end users.

What can you do with a software defined radio?

You can talk securely over a distance, receive broadcast and amateur radio, set up a DRM transmitter, and build a GSM network. Software defined radios (SDR) provide a very inexpensive radio receiver and can be combined with software to facilitate examination of the spectrum, detection of interferences, assigning of frequency distributions in an efficient manner, testing repeater systems' operation and measuring their electrical parameters, identifying spectrum intruders and characterization of noise by bands and regions of the world. In addition, SDR versatility envisions its possible application in the improvement of shortwave communications.

What are the potential benefits of software defined radios?

Benefits include the ability to receive and transmit various modulation methods using a common set of hardware; and the ability to alter functionality by downloading and running new software at will. Further, software defined radio technology gives the user the possibility of adaptively choosing an operating frequency and a mode best suited for prevailing conditions. New features and capabilities can be added to existing infrastructure without requiring major new capital expenditures, allowing users to quasi-future proof their networks.

リクエスト情報

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

マーケティング・パーミッション

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

お問い合わせ内容が送信されました。 後ほどご連絡致します。
An error is occurred, please try it again later.
一般および法的情報

Manufacturer's recommended retail price (MSRP). The price shown does not include VAT. Prices and offers are only intended for entrepreneurs and not for private end consumers.

抽選キャンペーン「10 YEARS ROHDE & SCHWARZ OSCILLOSCOPES」に関する利用条件

1. 抽選キャンペーン「10 YEARS ROHDE & SCHWARZ OSCILLOSCOPES」(以降、「抽選」と呼びます)は、Rohde & Schwarz GmbH & Co. KG, Mühldorfstraße 15, 81671 Munich, Germany, Tel. +49 89 41 29 0(以降、「R&S」と呼びます)によって主催されます。

2. すべての参加者は、2020年1月1日から2020年12月31日までの期間中に、参加者の氏名、会社名、ビジネス用メールアドレスを入力することで抽選への参加登録を行えます。

3. 参加は無料です。商品またはサービスの購入経験の有無は問いません。

4. 抽選は法人のみを対象としており、賞品獲得者は法人に限られます。個人の場合、自分の名前と自分のアカウントによる参加は認められませんが、法人の名前で、その法人の代理として参加フォームを提出することにより、法人の代表として参加することが可能です。

5. 賞品として、2020年1月1日から2020年12月31日までの期間内に、R&S®RTB2000 10台のうちの1台を獲得できます。

賞品:R&S®RTB2000 デジタル・オシロスコープ

6. 抽選は、ローデ・シュワルツ本社、Muehldorstrasse 15, 81671 Munichで行われます。賞品獲得者には、5営業日以内にメールでお知らせいたします。

7. 法人の正式な代表者が、賞品受け取りの意向をローデ・シュワルツに通知するものとします。受け取り辞退が発生した場合、または2週間以内に返事がない場合は、新たな賞品獲得者が抽選によって選ばれます。4週間以内に賞品獲得者を決定できない場合、抽選は終了し、賞品は没収となります。

8. R&Sの従業員とその家族、および抽選処理の関係者とその家族は、参加フォームへの記入対象から除外されます。

9. 賞品の現金同等物または交換は許可されていません。賞品は譲渡できません。参加者の国で課されるすべての税金、徴収金、関税、手数料、およびその他の料金は、参加者が負担するものとします。

10. 個人データは、本抽選キャンペーンの目的でのみ処理され、別段の合意がない限り、抽選から4週間後に削除されます。

11. これらの利用条件に従わない参加者は、R&Sにより本コンペティションへの参加資格を剥奪される場合があります。その場合、賞品を遡って撤回することもできます。これらの利用条件に違反したために賞品が遡及的に取り下げられた場合、賞品はそれぞれの参加者の負担で「1.」に記載されているR&Sの住所に返送されるものとし、抽選で新たな賞品獲得者が選ばれることになります。

12. 参加者は本抽選の賞品を請求することはできず、この点に関して法的手段を講じることは許可されません。

13. 抽選およびR&Sとそれぞれの参加者との間に発生するいかなる契約上の関係も、法の抵触に頼ることなく、ドイツ法に準拠し、同法に従って解釈されるものとします。本競争への参加により直接的または間接的に生じた紛争については、ドイツのミュンヘンの裁判所が専属管轄権を有するものとします。