衛星ナビゲーションテスト
衛星ナビゲーションテスト

衛星ナビゲーションテスト

衛星ベースのナビゲーションシステムの作成/シミュレート

開発者は、カーナビゲーション・デバイスで使用するレシーバーを詳細にテストする必要があります。実環境シナリオでは、移動中のGNSSレシーバーが、理論的に現在の位置から見えるすべての衛星信号を受信するわけではありません。

地方や郊外の地域、トンネル内や駐車場内では、壁やその他の垂直な面によって衛星はその一部やそのすべてが見えなくなる場合があります。またレシーバーは、さらに地面や周囲の建物などによる信号の反射の影響を受けます。したがって、さまざまな掩蔽とマルチパス効果を、固定シナリオと移動シナリオでシミュレートする必要があります。

リアルタイムのGNSS信号発生による迅速なテスト

R&S®SMBV100Aは、最大24個のGPS/SBAS/QZSS、Galileo、GLONASS、BeiDouの衛星信号を用いて動的なシナリオをリアルタイムに生成します。これには移動シナリオ、マルチパス、ダイナミックパワー制御、大気モデリングが含まれます。

車両の姿勢がさまざまに変化した時のアンテナパターンおよび車体マスクの効果を、リアルタイムでシミュレートできます。R&S®SMBV100Aでは、ビルの谷間、農村部、トンネル、高速道路など、現実的なユーザー環境も容易にシミュレートできます。レシーバーが静止していようと移動していようと、ビルやトンネル、橋などからの反射と同じように、コンクリートや硝子の表面からの反射がGNSS信号に影響を及ぼします。

規格に完全準拠

EN 303 413には、GNSSレシーバー用の衛星地上局(SES)に関する不可欠な関連テストケースが多く記述されています。この機器は一般的に、1164 MHz~1300 MHzおよび1559 MHz~1610 MHzの周波数バンドで動作します。車載用GNSSメーカーおよびOEMは、ローデ・シュワルツの電子計測ソリューションを使用すればEN 303 413に完全に適合できます。

弊社のソリューションの利点

  • 現実的:リアルタイムにダイナミックシナリオを生成
  • 汎用性:実環境シミュレーション
  • 時間の節約:GNSSテストシナリオの支援

詳細については、カタログ『Driving tomorrow's mobility』を参照してください。

関連製品

補足情報

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

ありがとうございます。

ローデ・シュワルツ・チーム

Leider ist bei der Übermittlung der Daten ein Fehler aufgetreten. Bitte versuchen Sie es zu einem späteren Zeitpunkt erneut.

Ihr Rohde & Schwarz-Team