5Gコンポーネントの特性評価

コンポーネントメーカーがローデ・シュワルツの電子計測ソリューションを利用して5G NRの要件に対処する方法

5Gでは、6 GHz未満とミリ波という2つの周波数バンドが対象になります。業界の専門家は、6 GHz未満の帯域を5G NRネットワークのバックボーンとして使用することを想定しています。最大100 MHzのチャネル帯域幅を使用する6 GHz未満の帯域では、コンポーネントメーカーは近年の4Gの周波数レンジでの経験に基づいて、最新のテクノロジーをさらに強化し発展させていくことができます。

アナログ・ビームフォーミング・チップセットを搭載したZNBT ベクトル・ネットワーク・アナライザ
アナログ・ビームフォーミング・チップセットを搭載したZNBT ベクトル・ネットワーク・アナライザ
ライトボックスを開く

ミリ波周波数の使用は、5G NRの超高速ビジョンを実現するのに不可欠です。ミリ波帯ではこれまでよりも高い周波数帯で広い帯域幅を使用することになるため、フィルター、ミキサー、増幅器、アナログ・ビームフォーミング・チップセット、およびアンテナなどの5G通信デバイス/システムのコンポーネントに求められる要件は一層厳しいものになります。ビームフォーミングが5Gの標準的な機能になるのに伴い、新しいビームフォーミングICでは、ベクトルネットワーク解析測定用の高速かつ効果的なマルチポート・テスト・ソリューションが必要になっています。

5Gテストの課題

5Gコンポーネントの特性評価の主要な課題:

  • 広帯域幅が必要:RFパワーアンプのデジタルプリディストーション(DPD)では、リニアレンジを広げるのに信号帯域幅の倍数が必要です。
  • ミリ波周波数の利用に伴うコンポーネントテストの課題:ミリ波帯でもスイッチやフィルターで同様の性能を実現するには、低いRF周波数の広いダイナミックレンジを維持する必要があります。
  • 集積の高度化による従来のテストポートの除去:ビームフォーミングでは、多数の機能が1つのモジュールとして高度に集積化されるようになり、これが伝導テストの無線(OTA)テストへの置き換えにつながっています。AiP(Antenna in Package)に対応したRFフロントエンドなどがその例です。
  • 複数のポートを備えたコンポーネント:ビームフォーミングコンポーネントは複数のアンテナを同時にサポートするため、マルチポート・ネットワーク・アナライザ・ソリューションが必要です。
  • 最大80 GHzの周波数バンドでのリサーチ:コンポーネントの特性評価では、多くの場合、数十GHzまでの広い周波数レンジが必要です。

ローデ・シュワルツの5Gテストソリューションの利点

  • 広帯域デジタル信号での増幅器のテストに最適:最大40 GHzの周波数レンジに対応した広帯域のR&S®SMW200A ベクトル信号発生器と、最大90 GHzの周波数レンジに対応したR&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザは、いずれも最大2 GHzの内部信号帯域幅を備えています。
  • 5G OTAテスト:業界最高のR&S®ATS1000 アンテナ・テスト・システムをベースとしたカスタマイズ可能なターンキーソリューションです。
  • 5つ以上のポートを使用したコンポーネントテスト:R&S®ZNBTなどの独自のマルチポート・ベクトル・ネットワーク・アナライザでは、すべてのポートの同時使用が可能で、校正や操作を容易に行うことができます。
  • 特に40 GHzを超える周波数レンジでの、あらゆるリサーチ業務に最適:最大110 GHzの周波数レンジに対応したR&S®ZVA ベクトル・ネットワーク・アナライザは、操作が容易で測定が速く、幅広い機能と高い柔軟性を備えています。例えば、最大67 GHzの4つの内蔵(位相コヒーレント)信号源を備えた4ポートのR&S®ZVAを利用すると、アンプ/ミキサーの2トーン測定をすばやく行うことができます。このため、外部ミキサーは必要ありません。
  • R&S®ZVA110は、10 MHzから110 GHzのミリ波測定まで、簡単な設定で高い安定度のシングル掃引が可能です。R&S ZVA-Zxx ミリ波コンバーターと組み合わせることで、最高500 GHzまでカバーします

関連製品

  • R&S®ZVA ベクトル・ネットワーク・アナライザ

    最大110 GHzの周波数レンジに対応した4ポートのベクトル・ネットワーク・アナライザ。特に40 GHzを超える周波数レンジでの、あらゆるリサーチ業務に最適。

    詳しくは

  • R&S®ZNBT ベクトル・ネットワーク・アナライザ

    最大24の内蔵テストポートを備えた業界初のマルチポート・ベクトル・ネットワーク・アナライザで、複数のDUTの同時テストや最大24ポートのDUTの測定が可能。

    詳しくは

  • R&S®SMW200A ベクトル信号発生器

    業界唯一2 GHzの内部変調帯域幅、最大40 GHzの周波数範囲。

    詳しくは

  • R&S®FSW シグナル・スペクトラム・アナライザ

    最大90 GHzの測定機能と独自の2 GHz解析帯域幅により、広帯域デジタル信号での増幅器のテストが可能。

    詳しくは

関連リソース

  • ウェビナー:5G NR物理層のわかりやすい解説

    詳しくは

  • 5Gのわかりやすい解説ビデオ:Verizon 5GTF仕様のテストを完全サポート

    より詳しく

  • 5Gのわかりやすい解説ビデオ:ADCの実力をテストする

    より詳しく

  • アプリケーションノート:アウトフェージング/エンベロープ/ドハティ送信機のテスト

    詳しくは

  • アプリケーションカード:ドハティパワーアンプの最適化

    詳しくは

  • アプリケーションカード:RFフロントエンドの線形化

    詳しくは

関連トピック

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報のご要望などがございましたら、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

マーケティング・パーミッション

次の手段によってローデ・シュワルツから情報を受信することを希望します。

詳細について

私は、このウェブサイトの出版物に記載されているRohde & Schwarz GmbH & Co. KGおよびRohde & Schwarzの法人および子会社が、
ここで選択した手段 (電子メールまたは郵便メール) を通じて、マーケティングおよび広告目的 (特別キャンペーンや値引きに関する情報など) で、私に連絡することに同意します。その内容は、電子計測、セキュリティ通信、モニタリングおよびネットワークテスト、放送およびメディア、そしてサイバーセキュリティ分野の製品やソリューションを含みますが、上記に限定されるものではありません。

お客様の権利

この同意表明は、件名が"Unsubscribe"の電子メールをnews@rohde-schwarz.com宛に送信することにより、いつでも取り消すことができます。これに加えて、今後の電子メール広告の購読を停止するためのリンクが、送信されるすべての電子メールに記載されています。個人データの使用と取り消し手順の詳細は、「プライバシーステートメント」に記載されています。

ありがとうございます。

ローデ・シュワルツ・チーム

エラーが発生しました。後ほど、改めてお試しください。