航空電子工学航法機器の検証

ローデ・シュワルツでは、ILS、VOR、DMEなどの航空航法システムの信頼性の高いテストのための独自のワンボックスソリューションを提供しています。

航空航法システムの確実な運用は、公共の安全と軍事ミッションの成功に不可欠
航空航法システムの確実な運用は、公共の安全と軍事ミッションの成功に不可欠

課題

航空航法システムは、国際民間航空および軍事航空に不可欠です。パイロットは、VHF無指向性無線レンジ(VOR)、計器着陸装置(ILS)、距離測定装置(DME)、マーカービーコン(MKR BCN)などの地文航法システムの正確な動作を頼りにして、実際の位置、方向、距離に関する信頼できる情報を取得し、安全な着陸を実現します。

航空航法システムには、最高度の安全要件が課されます。正確な動作と全世界での互換性を保証するために、国際民間航空機関によって、無線航法援助に関する重要なパラメータが、ICAO Annex 10、Volume 1で標準化されています。航空検査機関は、これらのアナログ航法システムを定期的に管理、校正、認証することにより、仕様への適合性を保証しています。これは公共の安全と軍事ミッションの成功にとって重要なプロセスです。

地文航法システム、すなわち地上設置送信局と航空機内の対応するレシーバーには、きわめて信頼性の高いテスト機器が必要です。テスト機器は、研究開発から製造、校正から設置、保守までのあらゆる領域にわたる、さまざまな種類の高度な要件を満たすことが要求されます。

電子計測ソリューション

ローデ・シュワルツの航空電子工学航法機器向けソリューションは、汎用性と使いやすさを備えながら、最高の精度と信頼性を実現しています。

研究開発、製造、保守の際の航空航法レシーバーのテストや、テスト機器の校正用には、R&S®SMA100A アナログ信号発生器を使用して、ICAO規格に基づいたVOR、ILS、MKR BCN、DME、ADFなどの高精度の航法信号を発生できます。優れた確度、安定度、リニアリティーと、最高の信号純度の組み合わせにより、テスト機器自体が被試験デバイスの測定に影響を及ぼさないことを保証できます。

R&S®NRP-Z81 広帯域パワー・センサをアナログ信号発生器に接続すれば、RFディテクターやオシロスコープを使用せずに、DMEトランスポンダー用の便利なテストソリューションを実現できます。応答遅延、応答効率、パルス繰り返しレート、ピークレベルといった重要な地上局パラメータを、自動的に測定できます。このセットアップでは、DMEパルス解析も容易に実行できます。

地上設置ILS/VORインフラの研究開発から製造まで使用できるソリューションとしては、R&S®FSU スペクトラム・アナライザおよびR&S®FSQ シグナル・アナライザとR&S®FS-K15 VOR/ILS測定復調器オプションの組み合わせが最適です。航法信号は正確に解析され、クリアに表示されます。さらに、雑音指数/位相雑音測定からデジタル変調信号の解析まで、さまざまな種類のオプションが用意されています。

EVS300 ILS/VORアナライザは、信頼性の高いグライドパス測定をフィールドで実行できるように設計されています。
R&S®EVS300 ILS/VORアナライザは、信頼性の高いグライドパス測定をフィールドで実行できるように設計されています。
ライトボックスを開く

R&S®EVS300 ILS/VORアナライザは、フィールドテスト向けに設計され、ILS/VORやマーカービーコンインフラの地上試験および飛行検査の要件に適合しています。R&S®EVS300は、最高の精度と高い測定速度、GPSによる同期機能、トリガおよびリモートインタフェースを備え、飛行検査システムへの組み込みに最適です。ICAO 8071規格に基づいた地上と空中での信号解析の直接相関が可能です。

さらに、R&S®NRP-Z81 パワー・センサをアナライザに接続することにより、正確なDME信号解析を最小限の手間で実現できます。

R&S®EVS300には、FFT、周波数スキャン、オシロスコープのオプションが用意され、タイムドメインと周波数ドメインの信号解析を1台で実行できます。他のテスト機器を持ち運ぶ必要はありません。内蔵のデータロガーがすべての信号パラメータを常時記録し、大画面のカラーディスプレイにパラメータをグラフィカルに表示できます。携帯可能なこのアナライザは、充電式電池と信頼性の高いデザインにより、AC電源が利用できないフィールドでの移動測定に最適です。

R&S®FSMR 測定レシーバにR&S®FS-K15 VOR/ILS測定オプションを組み合わせることにより、ILS/VOR信号発生器の校正用のワンボックスソリューションを実現できます。

R&S®FSMRとR&S®NRP-Z37の組み合わせを使用すれば、信号レベルがきわめて低い場合でも、パワー測定の不確かさを最小限に抑えることができます。さらに、内蔵の変調/オーディオアナライザを拡張することで、デジタル変調信号の解析も可能です。R&S®SMA100Aといくつかの周辺機器を追加することで、R&S®EVS300 アナライザの校正と調整に最適な自動テストシステムを実現できます。

研究開発から製造まで、校正から設置、保守まで、ローデ・シュワルツの高信頼性、高精度の測定器は、航空航法システムのテストに最適です。

FSMRとNRP-Z37との組み合わせ
R&S®FSMRとR&S®NRP-Z37を組み合わせることで、信号レベルがきわめて低い場合でも、パワー測定の不確かさを最小限に抑えることができます。

関連ソリューション