Spectrum management & monitoring

5G & R&S® モニタリング受信機

5Gは、セルラーネットワークをサポートする5世代無線通信テクノロジーです。GSM(2G)からLTE(4G)までを通じて、各世代は、前世代が克服できなかった技術的な課題に取り組んでいます。これまでの世代と同様に、5Gでも新しいモバイルデバイスと新しい基地局(BTS)が求められています。

従来の世代とは異なり、5Gでは無線ビームを使用するため、コンプライアンス、カバレージ、およびサービステストの品質に関するまったく新しい手法が必要になります。

新しい無線インタフェースは、5G NR(New Radio)と呼ばれるものです。このアプリケーションノートでは、5G NRに関する測定の課題を説明し、5G信号を測定するためにモニタリング受信機を使用するメリットを明らかにします。

実環境の事例により、主要となるさまざまな5G測定を実行する方法を解説します。最終セクションでは、R&S製品を使用できる可能性のある5G測定をさらに紹介します。5Gでは「無線」(OTA)測定が不可欠です。そのため、規制機関からオペレーターに至るまで、スタッフは、未知の無線環境で作業しなければなりません。環境は、地域(都市部や郊外)やミッション(5G BTSコンプライアンステストや干渉探索)によって異なります。測定機器は、幅広いシナリオ(マストから近い場合や遠い場合)で動作するだけでなく、必要な測定を実行できる使いやすい機能を提供する必要があります。

現在、世界的で展開されている環境の傾向を考慮して、この資料ではFR1周波数バンド(サブ6 GHz)に焦点を当てています。

Name
Type
Version
Date
Size
1SL366_1.5e_5G_Monitoring_Receivers_PR200
Type
アプリケーション・ノート
Version
1.5
Date
Jun 08, 2021
Size
869 kB
関連ソリューション