eCallおよびERA-Glonassシステムモジュールのテスト

R&S®CMW500R&S®SMBV100Aは、eCallおよびERA-Glonass移動体モデムとそのGNSS受信機の自動車型式認可試験を(EU)2017/79規制に準拠して行うのに最適な組み合わせです。

eCall/ERA-Glonassのデータ転送原理
eCall/ERA-Glonassのデータ転送原理
ライトボックスを開く

課題

欧州連合(EU)とロシア連邦は、人命救助のため緊急時の応答時間を短縮する目的で、複数の自動車カテゴリーに対してインテリジェントなテレマティクスベースの車両安全システムの搭載を義務付けています。eCallおよびERA-Glonassは、自動車向けの電子安全システムです。重大な交通事故が発生した場合、これらのシステムは緊急通報番号112に自動的に通話し、EUおよびロシア連邦の救急医療サービスを要請します。これらは、手動で起動することもできます。

事故が発生した場合、eCall/ERA-Glonassの車載システム(IVS)はセルラーネットワークを介して、公衆安全応答ポイント(PSAP)に対してバンド内モデムデータ転送を開始します。IVSは、その事故の同乗者数、時間、GNSS座標などの情報を含む標準化された最小データセット(MSD)を転送します。また、自動車の乗員が話せる場合は、音声接続が確立されます。

ロシアのERA-Glonassシステムは欧州のeCall標準に準拠していますが、いくつかの拡張を指定することによりロシアのインフラを適切にサポートできます。これには、帯域内データ伝送が失敗した場合に備えて、MSD転送用のSMS機能が追加されています。

eCallおよびERA-Glonassの自動車用緊急通報システムは、緊急通報を送信するためのアンテナ(GSMやUMTSなどに対応)を含むバンド内モデム、事故の場所を特定するためのGNSS受信機、事故を検知するための衝突センサー、音声通話用のマイクとスピーカー、非常用電源、手動起動用プッシュボタンなどで構成されています。

安全システムであるため、バンド内モデムには高い信頼性が必要で、MSDデータを正しく伝送する必要があります。これは、GSMやW-CDMAなどの音声伝送向けに最適化されたセルラーネットワークでは特に重要です。eCallおよびERA-Glonassシステムコンポーネントのテストや、実際の移動体ネットワークと衛星環境でのシステム全体性能のテストは、長時間で高コストになりやすく、非常に困難なものになりがちです。また、環境条件が変わるため、テスト結果に再現性がほとんどありません。

電子計測ソリューション

ローデ・シュワルツは、eCallおよびERA-Glonassモジュールの再現性のあるエンドツーエンドの機能テストとコンフォーマンステストを行うためのコンパクトなソリューションを提供します。R&S®CMW-KA094 eCallアプリケーションソフトウェアおよびERA-Glonass用のR&S®CMW-KA095拡張は、適合規格に準拠しています。このソフトウェアパッケージはPSAPをシミュレートし、R&S®CMW500をリモート制御してラボまたはテストハウス内でセルラーネットワークをエミュレートします。

また、R&S®SMBV100Aベクトル信号発生器を制御して、IVSがMSDを作成するのに必要なGNSS座標を提供します。この構成により、実際の移動体ネットワークから完全に独立した形で、IVSモデムが緊急通報をトリガできるかどうか、生のMSDデータを正しく送信できるかどうか、PSAPとの音声接続を確立できるかどうかなどを確認できます。

IVSモジュールが適合規格に準拠しているかどうかを確認するために、R&S®CMW500では、MSD伝送タイミング、GNSS位置精度を含むMSDのデコード、およびSMS経由でのMSD伝送トリガ(ERA-Glonassの場合)など、すべての重要なパラメータのテストを行います。

モジュールの自動コンフォーマンステスト

幅広いコンフォーマンステストを容易にするために、R&S®CMWrun シーケンサ・ソフトウェア・ツールが追加されています。このR&S®CMW-KT110オプションには、適合規格に準拠した、eCallおよびERA-Glonassのエンドツーエンドのバンド内モデム・コンフォーマンス・テスト用に、すぐに使えるテストシーケンスが用意されています。使用可能なパッケージにより、バンド内モデムのCENEN16454ETSITS103412GOSTR55530GOST33467)などの規格への適合をテストします。わかりやすいユーザーインタフェース上で、必要なテストシーケンスを簡単に選択して組み合わせることができます。R&S®CMWrunは、テスト機器、PSAP、および被試験IVS(サポートされる場合)をリモート制御で自動的に設定します。選択したテストが実行され、各テストケースの合否判定を記載した詳細なテストレポートが作成されます。デザインの早い段階で規格への適合性を検証できるので、必要な修正手順やIVSモジュールの最適化を適宜行うことができます。

eCallおよびERA-Glonass IVSモジュールの機能およびコンフォーマンステストを行うためのコンパクトな構成
eCallおよびERA-Glonass IVSモジュールの機能およびコンフォーマンステストを行うためのコンパクトな構成

規格に準拠したGNSSパフォーマンステスト

IVSモジュールのバンド内モデム部分がeCallおよびERA-Glonassの規格に一致するだけでなく、GNSS受信機も、正確で、規制に準処する必要があります。成熟したGNSSシミュレータであるR&S®SMBV100Aは、GNSS受信機のパフォーマンステスト用測定器として最適です。

GPS、Glonass、Galileo、BeiDou、QZSS、およびSBAS信号を最大24チャネルで出力します。汎用性に優れた柔軟な構成オプションを使用すれば、複雑なGNSSシナリオでも実現可能です。イオン圏と対流圏の影響や、マルチパス伝搬、シャドーイング、アンテナ特性といったレシーバーの環境内の複雑な障害に加えて、静止したレシーバーと移動中のレシーバーの両方を簡単にシミュレートできます。

eCall用のオプションR&S®SMBV-K361およびERA-Glonass用のオプションR&S®SMBV-K360をR&S®CMWrunソフトウェアと組み合わせると、R&S®SMBV100Aが自動化されたGNSS性能試験環境に変わります。このソリューションは、信号発生器および接続されたGNSS受信機を自動的に設定します。eCallモジュールとERA-GlonassモジュールのレシーバーのGNSS自動GNSSパフォーマンステストを、EU 2017/79 Annex VIUNECE 2016/07GOST R 55534/GOST 33471に指定された性能基準に対して実行し、詳細なテストレポートを提供します。

R&S®CMW500とR&S®CMW-KA094/-KA095 PSAPオプションおよびR&S®SMBV100Aとの組み合わは、ラボや自動車型式認可試験環境でeCallおよびERA-Glonassモジュールの機能テスト、および規格に準拠したコンフォーマンス/パフォーマンステストを実行するための、パワフルなソリューションとなります。R&S®CMWrun シーケンサーツールをR&S®CMW-KT110 エンドツーエンド・コンフォーマンス・テスト・パッケージまたはR&S®SMBV-K360/-K361 GNSS パフォーマンス・テスト・パッケージと一緒に追加することで、バンド内モデムやGNSS受信機の複雑で広範囲なテストシーケンスが自動化され、大幅に簡素化されます。これらのテスト機器は、例えば、次世代eCall over LTE(NGeCall)システムや移動体V2X通信のテスト要件に合わせて簡単にアップグレードできるため、将来に備えた投資となります。

eCallおよびERA-Glonassモジュールの自動GNSSパフォーマンステスト
eCallおよびERA-Glonassモジュールの自動GNSSパフォーマンステスト

eCallおよびERA-Glonassのサポート規格

eCallのコア規格

❙ CENEN15722:eCall MSD

❙ CENEN16062:eCallハイレベルアプリケーション要件

❙ CENEN16072:汎ヨーロッパeCall操作要件

❙ CENEN16102:サードパーティーサポートの操作要件

❙ ETSITS126 267:eCallデータ転送、IBMソリューション、概要

❙ ETSITS126 268:eCallデータ転送、IBMソリューション、基準コード

eCallのテスト規格とテスト仕様

❙ CENEN16454:eCallエンドツーエンド・コンフォーマンス・テスト

❙ ETSITS103 412:汎ヨーロッパeCallエンドツーエンドバンド内モデム・コンフォーマンス・テスト

❙ ETSITS126 269:バンド内モデム・コンフォーマンス・テスト

❙ ETSITS103 428:eCall HLAP相互運用性テスト

❙ ETSITS102 936-1、ETSITS151 010-1、ETSITS134 123-1:GSM/UMTSコンフォーマンス

❙ ITU-TP.1140:緊急通話用音声通信要件

eCallのEU規制

❙ EU2015/758:eCallの配備の型式認可要件

❙ EU2017/78:EC型式認可の管理規定

❙ EU2017/79:EC型式認可のテスト手順(Annex I-VIIIでのテスト)

ロシアおよび関税同盟内のERA-Glonassのテスト規格

❙ GOSTR 55530、GOST33467:ファンクションテスト方法

❙ GOSTR 55533、GOST33470:GSM/UMTSモデムおよびバンド内モデムのテスト方法

❙ GOSTR 55534、GOST33471:ナビゲーションモジュールのテスト方法(GNSS)

関連ソリューション