Application Notes

IoTの消費電力の測定

IoTデバイスには、電源に接続せずに何年もバッテリーで動作するという要件を満たすために、消費電力に関する厳しい要件が課されます。消費電力と予想バッテリー寿命を検証するには、被試験デバイスのさまざまな動作ステートで、電圧と電流を正確に測定する必要があります。

このアプリケーションノートでは、RT-ZVCとCMWrunとCMW500を組み合わせて使用するバッテリー寿命テストについて説明し、サンプルアプリケーションを紹介します。

ローデ・シュワルツのソリューションを使えば、電圧と電流を正確に測定し、それに基づいてパワー測定を行うことができます。

RT-ZVCマルチチャネル・パワー・プローブを使用して、シグナリングとパワー測定を組み合わせたテストプランを実行することにより、さまざまなシグナリング状態での消費電力を詳細に測定して、特定のバッテリー容量の場合の全動作時間を推定することができます。

Name
Type
Version/Firmware
Date
Size
IoT Power Consumption Measurement | 1MA281
Type
Application Note
Version/Firmware
0e
Date
Feb 17, 2017
Size
6 MB