R&S®CMWrun - RFプリコンフォーマンステストソリューション

シーケンサ・ソフトウェア・ツール

電子計測ソリューション

テストの目的が、検証ではなく、仕様に基づいた事前認証RF試験の場合は、R&S®CMW500 RFテスターをR&S®CMWrunでリモート制御するソリューションが最適です

スタンドアロンのR&S®CMW500を使用して、バンド、チャネル、帯域幅をわずか数クリックで設定するだけで、包括的な結果レポートが作成され、バンド内の適合性に関する概要が得られます。これにより、検証の非常に早い段階で、さらに複雑なシステムテストや検証を行う前に、有益な情報が得られます。

プリコンフォーマンステストソリューションは、以下に示す規格固有のR&S®CMWrunオプションで利用できます。

LTE 3GPP RF preconformance testing with R&S®CMWrun.
LTE 3GPP RF preconformance testing with R&S®CMWrun.
ライトボックスを開く
  • R&S®CMW-KT053:WCDMA/HSPA(3GPP TS 34.121仕様準拠)、GSM/(E)GPRS(3GPP TS 51.010仕様準拠)
  • R&S®CMW-KT054:TD-SCDMA(3GPP TS 34.122仕様準拠)
  • R&S®CMW-KT055:LTE/LTE-A(3GPP TS 36.521 Rel.8/Rel.10準拠、FDD/TDD、ハイパワーUE用テストケースを含む)
  • R&S®CMW-KT057:Bluetooth®/Bluetooth® low energy(TS 4.2.2 RF仕様準拠)
  • R&S®CMW-KT058:CDMA2000® 1xRTT/1xEV-DO(3GPP2仕様準拠)
Intuitive digital user interface.
Intuitive digital user interface.

概要

R&S®CMWプラットフォーム用の自動化ツール

R&S®CMWは、現在最も広く用いられているマルチスタンダードUEテスト用プラットフォームです。ネットワークプロバイダー、テストハウス、端末メーカー、チップセットメーカーなどに幅広く採用されています。R&S®CMWrun 自動化ソフトウェアは、R&S®CMWでリモート制御テストシーケンスを実行するためのすべての要件を満たし、現在と将来の無線機器の研究開発、品質保証、製造、サービスに利用できます。

このソフトウェアエンジンは、テストDLL(プラグインアセンブリ)の実行に基づいたものです。このアーキテクチャにより、機器のリモート制御に関する特殊なプログラミングの知識がなくても、テストシーケンスを容易に構成できます。さらに、規格に準拠したR&S®CMWrun パッケージオプションで提供されるテスト項目に対しても、そのパラメータとリミットを柔軟に設定することができます。

使いやすく、直観的操作が可能

グラフィカル・ユーザーインタフェースはわかりやすく、無線機器が各種テクノロジーの3GPPプロトコルに準拠しているかどうかを簡単にテストすることができます。

アプリケーションには、さまざまなものがあります。例えば、複合ユーザー・エクスペリエンス・テストでは、同期マーカーにより、IPスループットと電流ドレインを一度に確認できます。解析時にイベントマーカーを使用して、IPスループットとバッテリー寿命を最適化できます。テストが終了すると、リミット、テスト結果、判定を記載した読みやすいテストレポートが作成されます。レポートは、csv、txt、xml、pdfフォーマットが利用できます。

主な特長

  • R&S®CMWファミリーでサポートされているすべての規格用のマルチテクノロジーソリューション
  • 優れたユーザー・エクスペリエンス・テストシナリオにすぐに使用できるソリューション
  • GUIのみ、プログラミング不要、コードのコンパイル不要
  • テスト作成、パラメータ化、実行、解析を1つのツールで実行
  • テストスクリプト全体とDUTの自動化(R&S®CMWrunは、iPerf/FTP用のADB/Android APPを備えています)
  • LAN/GPIBインタフェースまたはUSBを用いたSCPIリモート制御用のアプリケーション
  • サンプル・テスト・プラン付属