Amplifiers
node

The Y Factor Technique for Noise Figure Measurements

このアプリケーションノートでは、「Yファクタ」法を使用してスペクトラム・アナライザで雑音指数を測定する際に必要な手順を詳しく説明します。計算の各ステップのバックグラウンド方程式を提示します。さらに、測定の再現性を確保するためのガイドラインが提供されます。次に、ノイズソース、アナライザ、DUT自体に起因するものを含めて、測定の不確かさの要因を調査します。最後に、スペクトラム・アナライザからの4つの測定値を使用した雑音指数計算を自動化するソフトウェアユーティリティを紹介します。このユーティリティは、測定ガイドラインをチェックし、潜在的な問題領域を強調表示します。その後、DUTの雑音指数と測定の不確かさを計算します。

Name
Type
Version
Date
Size
The Y Factor Technique for Noise Figure Measurements | 1MA178
Type
Application Note
Version
4e
Date
Feb 12, 2019
Size
803 kB
1MA178_NF Uncertainty Calc_v322.exe

Executable file for Windows

Type
Application Note File
Version
3.30
Date
Feb 12, 2019
Size
270 kB
Name
Type
Version
Date
Size
The Y Factor Technique for Noise Figure Measurements | 1MA178
Type
Application Note
Version
0rus
Date
Mar 21, 2014
Size
3 MB
1MA178_NF Uncertainty Calc_v322.exe

Executable file for Windows

Type
Application Note File
Version
3.30
Date
Feb 12, 2019
Size
270 kB
関連ソリューション